スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wild Orchid Children ♪「The Wild Orchid Children Are Alexander Supertramp」

2011年03月05日 00:00

24-wildosupertramp.jpg
【Artist】Wild Orchid Children >myspace<
【Title】The Wild Orchid Children Are Alexander Supertramp
【Rate】7/10

Blues / Breakbeat / Jungle

サイケデリックでハードコア・・・?酩酊と緊迫の混在する、不可思議極まり無い空間へご招待。

良質インディーロックレーベルEqual Visionが擁するサイケロック5人組Wild Orchid Childrenの、2010年1stです。

音数の少ないインストが随所で目立ち、もやもやとした「溜め」を軸にする曲展開。ギターは気だるげブルージーなフレーズを駆使し、そこかしこでクダを巻いている。
そんな中で異質に響き渡るのが、ラップに片足突っ込んだようなVo.スタイル。ひゅんひゅんと投げ込まれるハイトーンが独特な緊張感を生み出します。
キーボードが組み立てるリフがハードロック然としている割に、超絶スペイシーで反響しまくりなエフェクトがギターをヴォーカルをかき回すので、硬質な印象など僅かな物です。#2「Black Shiny FBI Shoes」から早速顕著で、18分半のほとんどを焦らすようなインストパートで埋めてくるHONKI過ぎる一曲。ラスト一分、シャウトなパートのあっけないことといったら・・・!やはり長いインストを挟みつつも、始終ハイテンションな#7「Birth Of A Cabin」の様な曲も。お祭り騒ぎなパーカッションで幕を開け、まくしたてるボーカルとギターの絡みにニヤリとします。

浮世離れしそうでいて妙に泥臭いサウンドは、とっつきにくくもクセになる魅力。
【for fan of what ?】
Omar Rodriguez-Lopezのソロ作品をちょっと分かりやすくしてDeep Purpleを混ぜてみて、さらにRage Against The MachineのVo.を入れてみました、みたいな様相を呈する彼ら。o(聴き比べるとそれほどでもなかったんですが、どことなくVo.の感触が3rd時代のザックを思わせます・・・)
流石はEqual Vision所属バンド。一筋縄ではいきません。

ちなみにさっきジャケ観たら、「All Sound Made With Guitar,Keys,Drums and Vocals」とか書いてました。RATMの作品で見慣れた言い回し・・・。ていうかBassが見当たらないし、5人中3人がパーカッション(うち2人は兼任)だしで、つっこみ所が満載です。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Tree of Knowledge(Live at the Showbox Market)”


【Track Listing:】
01. We Are Alexander Supertramp
02. Black Shiny FBI Shoes
03. Gasoline Rainbows (Jesus Is A Black Man)
04. Peyote Coyote
05. Ahead Of Us The Secret
06. Lasers In The Jungle
07. Birth Of A Cabin

08. Martha Washington Goes To War
09. Where The Mexican Boys Go
10. Tree Of Knowledge
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/231-d2ffb4d8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。