スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Incoming Cerebral Overdrive ♪「Controverso」

2011年01月09日 00:00

8672_medium.jpg
【Artist】Incoming Cerebral Overdrive  >myspace<
【Title】Controverso
【Rate】9/10

Alternative / Experimental / Hardcore

イタリア産カオス気味ハードコア5人衆Incoming Cerebral Overdriveの放つ、2009年作の2ndフルアルバム。

リズムチェンジとミニマルフレーズを重ねまくり、時にタッピングを駆使し音域広く攻めるギター。疾走ハードコアを想わせるパートも随所で顔を見せるが、テクニカルなリフが存在感を主張している。
これでクリーントーンの高音フレーズでも飛び出せば「激情ハードコア!」と言いたくなるところだが・・・彼らの音は重く歪み、中低音域を暴れ回る。ヴォーカルもそうだ。グラインドコアを心得ているようで、始終喚きと叫びに満ちている。
理知的なリフさばきに乗る、ディストーションサウンドとメロディー皆無の凶暴なVo.。狂気じみた威圧感が独特だ。

リズムを変えに変えまくる前半に一転して、ブルージーな空気にガテラルが響く#4「Science」
ミニマルロックで幕を開けながらも、徐々にドゥームメタルの様な不穏な空気を纏うインスト#8「There」などなど、
マスロック・ポストロックの方法論と、デスメタル・ハードコアの暴虐性の競り合う実にマッドな音空間。是非圧倒されたし。

【for fan of what ?】
パンキッシュかつマスいMutiny On The Bountyに通じる何かを感じますが、こちらはかなりデスメタル方面にシフトした音です。The Fall Of Troyから人間臭さを排除した感じとも言えますか(どんなだ)。

ポストハードコアではディストーションが足りないとお嘆きの貴方、
その辺のオルタナロックよりもどす黒いものをお求めの貴方に。彼らはきっと応えてくれます。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
“Controversial”



【Track Listing:】
01.Reflections
02.Oxygen
03.Controversial
04.Science
05.Magic
06.Sound
07.Colours
08.There


ちなみに筆者、CD媒体での購入を目指すも経路発見に至らず、iTunesによるダウンロード販売で手に入れました。パッケージで欲しい・・・。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こん | URL | -

    Re: Incoming Cerebral Overdrive ♪「Controverso」

    イタリア恐るべし…。
    このリフのテクニカルっぷりがやばいっすね。

    最後のジャッキー・チェンっぽいNG集もナイスです。

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: こんさん

    PVのラストねwうっかり楽しい。
    そう言えばkeelhaul何かもこんな感じでした。粗暴な感触なのに実はかなりカチっとした演奏っていう。
    曲の密度がものすごいです。3分ちょっとに展開詰まりまくり!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/203-0e83bb62
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。