スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年下半期名盤ベスト【Electronica枠】

2010年12月25日 00:53

更新遅れておりますすいません(’A`)
そして今回の更新時間については突っ込み待ちですが、実際突っ込まれると逆ギレとかしそうなんでそっとしといて頂ければと思います(

【個人的名盤オシャレサイド】

☆Squarepusher 「Shobaleader One: D'demonstrator(2010)」
☆How To Destroy Angels 「How To Destroy Angels(2010)」
☆Hurts 「Hapiness(2010)」
☆Cynic 「Re-Traced(2010)」
☆Serph 「vent(2010)」


【はじまるよ!】
一応念を押しますが、1~5位とかは決めてません。だってめんd(ry
☆Squarepusher 「Shobaleader One: D'demonstrator(2010)
実はて言うか、今までSquarepusherは名前しか知りませんでした。なので今作が「今までとは違うぞ!」という話についても、よく分かってません。単純にこの一枚が好きです。
エフェクトボイスやエレクトロサウンドというクールな音像と妙にマッチする、感情的で切ないメロディーライン。実に格好の付く音をしています。
“Cryptic Motion”

アルバム単位でも好きですが、最終的にこの曲が超お気に入りになりました。


☆How To Destroy Angels 「How To Destroy Angels(2010)
さぁ少々趣を変えてのコチラ、非っ常に暗い音です。感情をむしろ削ぎ落としていく勢いで、ノイズの渦がぐるぐるしてはります。
“A Drowning”

初聴のインパクト薄かった今作ですが、私のiPodでは思いの外ラングランヒットの再生率を誇ってました。夜空によく合うので、帰り道なんかに良く聴いてます。


☆Hurts 「Hapiness(2010)」
歌詞対訳とかやっちゃってる時点でベスト入りは避けられようもありません。ナルシシズム全開の美しさや、静かなのに劇的なインパクトを持つ音がステキ。
“Illuminated (Live Version)”

いやはや本当、モノクロが似合うっつーかやたらと画になるというか。PVもそうですが、とにかく惹き込まれてしまいます。


☆Cynic 「Re-Traced(2010)
さてさて、コチラはかなりのジャンルレスサウンドなのでどこに入れるか迷ったんですが・・・悩んだ挙句こちらの枠に。単純にCynicファンとして好きな作品ですが、それを抜きにしてもこの荒涼とした世界観は名盤と言いたい気持ちでいっぱいです!溢れんばかりです!(
“Evolutionary”

曲の中盤から展開していく、つかの間の激情が胸を指すのです。


☆Serph 「vent(2010)」
ブログ内ではまったく言及してませんでしたが・・・いろいろとタイミングを逸してたようです(’A`) 今年の音楽を振り返っていて改めて再熱、と言った感じでしょうか。そう言えば今枠で唯一の歌無し。エレクトロらしいエレクトロだったりします。
“Feather”

儚さが目立つようでいて、うっかり「のびのび」とか「わくわく」とかが似合う音。昼下がりの散歩とかに、とても似合いそう。o(#2「pen of stapler」が好きで、紹介したかった。。)


(’A`)いやはや、実にセンチメンタルなリストになってますな!(つづくっ)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/197-3bc74f59
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。