スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【意訳対訳】♪Kissing Cousins

2010年11月24日 23:54

【Artist】Closure In Moscow >myspace<
【Music Title】Kissing Cousins (from ALBAM「First Temple (2009)」)



実は、今正に日本ツアー中だったりする彼ら。参戦できない切なさを、歌詞を訳すことで発散・・・と言いたいところですが、これ訳したのはちょうど一年前でした。何か思う所があったんでしょうが、いつにもまして曲解レベル高いです。別物になってる様な気も、ちょっとする。

【以下、想像力一杯に日本語訳。】
※元の英詞は載せません。なんとなく。
※基本的に翻訳サイト・辞書サイトとにらめっこして作っているので、正確性には期待しないでください。
 ある種二次創作的な感覚でどうぞ。
【はじまるよ!】


今までの人生は死んだ様な物だった。僕達は生きようとすら思っていなかったのかもしれない。
さあ、苦痛を僕に。
今までの人生は死んだ様な物だったんだから。
僕達はただ日々を這う様に進むだけ。

祝宴は年中続いてたけど、君は飢えに苦しんでいるのと変わらない。
この祝宴が、今を濡らす快感であるなら、僕は必要の無い存在だ。

チャンスならずっと手の中にあった。
僕達はそれから目を逸らしていただけ。

終わらない。罪を背負って続いていく。
それは終わらない。休むことも出来ない。
それはまるで背徳のキスのように。それはまるでパンをちぎっていくように。

邪魔なんだ。
“誰もが経験してきたこと”だから何なんだ、うんざりする。
その知った風な眼をくりぬいてやろうか。
一般論を吐く喉を絞めてやろうか。
僕の城に招待しよう、堀に泳ぐ魚でも振舞おう。
僕は城郭で座って、独り皆を見下ろして、
薄暗い王座で、誰とも会わずに。

終わらない。罪を背負って続いていく。
それは終わらない。休むことも出来ない。
それはまるで背徳のキスのように。それはまるでパンをちぎっていくように。

歌え、この傷の誕生を
さあ歌うんだ、
僕達を引っ張っていく病の誕生を。

彼らは止まらない。
終わることなく永遠に二人歩いてゆく。

城郭に座って、薄暗い王座で、誰とも会わずに。

今までの人生は死んだ様な物だった。僕達は生きようとすら思っていなかったのかもしれない。
さあ、苦痛を僕に。

終わらない。罪を背負って続いていく。
それは終わらない。休むことも出来ない。
それはまるで背徳のキスのように。それはまるでパンをちぎっていくように。

歌え、この傷の誕生を
さあ歌うんだ、
僕達を引っ張っていく病の誕生を。



【追記というか言い訳】
”曲解”についてですが、タイトルの解釈です。「kissing cousins=背徳のキス」とまぁ、こっぱずかしい日本語をあてがってる訳ですが、コレ実はていうか、結構勘違いだと思ってます。
web辞書によると、

1 (会えばキスし合う程度の)遠戚の人。
2 ごく類似したもの,似たもの同士。

英語圏的な「キス」は、要するにあいさつなんだと思うのです。
そこを私はわりと直訳的に、

(’A`)。o(親戚にキスってちょっと後ろめたくね?背徳っぽくね?)

と考えて、ついでに言うと、歌詞の他の部分にも似合ってる気がしたので、そのままえいやとゴリ押しました。
改めて読みなおして、素直に↑の引用に沿えば・・・
「遠縁の人の様な、ギリギリの所で切れない縁」みたいなものを、しつこいトラウマか何かの例えにしているのかもしれないです。・・・文にしたのに分かり難い。(すいません)

まぁ、妄想の結果ムダに妖しくなってしまったこの対訳でも、悪くないんじゃないですかね?(逃げる)



・・・さて、去年書いてた歌詞対訳のストックは尽きました。以降このカテゴリで更新する場合は、対訳仕立てホヤホヤな、やはりこっぱずかしい代物が上がる事でしょう。・・・とか言いながら今年ももう12月ですね(’A`)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. のっと | URL | rNoWdFwc

    Re: 【意訳対訳】♪Kissing Cousins

    kissing cousinsは辞書に書いてある通りの意味と、その他に親友とか親しい仲といった意味にも使われてたかと思います。南部から広まった言葉らしいですね。
    元々の意味をたどると、当時の法的に結婚できる従兄弟だったかと(おそらく)
    私は使ったことがないので何とも言えませんが(笑)

    しかし、キスは欧米文化では挨拶の一種とはいっても、
    頬にするくらいなら向こうの方は人目を気にせず誰にでもしていますが、
    いわゆる「接吻」となると、やっぱりある程度相手を意識していると考えても良いと思います。
    そう言う相手が遠いと言えど、血は繋がっていると言う意味で後ろめたさはあると思いますね。

    「背徳のキス」というフレーズ、凄くカッコいいです…!歌詞がより深く感じますね。
    次回のmossgreenさんの訳詞を拝読するのが凄く楽しみです。長々と失礼致しました。

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: のっとさん

    英語ニュアンスに関しては流石ののっとさん!!読みながら「ほほう」だの「ふむー」だのひとりごちながら読ませていただきましたwありがとうございます!

    結果、「当たらずとも遠からじ」と言った感じですかね・・・颯爽とした感じすらある曲調に反して、結構重た目の歌詞だったので好きなんですが、解釈の幅があればさらに深読みも出来そうな気がしてきました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/187-2c27e8bf
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。