スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antony And The Johnsons♪「The Crying Light」

2010年11月12日 00:42

antony-crying_light-album_art.jpg
【Artist】Antony And The Johnsons  >myspace<
【Title】Crying Light
【Rate】9/10

Experimental / Indie / Pop

Antony Hegarty率いるAntony And The Johnsonsの、2009年作3rd。

アートワークを飾る大野一雄氏の肖像が強く目を引く今作。音も違わず存在感があり、モノクロームの研ぎ澄まされた空気が似合う40分間です。

絞り出すようなか細さすら感じるが、やっぱり暖かくて力強い、Antonyの中性的なボーカル。そして演奏は無音の中で丁寧に音を敷いていくようで、ぽつぽつと歌われるメロディーを繋いでいきます。

聴いているとすっと世界が遠のいていって、自分も消えていきそうになる音。同時に強く想像力を喚起させるエネルギーを持っていて、聴くたびに時間の流れが変わるよう。
 取りこぼしたコップが割れる瞬間の、光を反射する鋭いガラスの破片。
 灰色の廃墟にあって、どこまでもすがすがしく拡がる青空。
そんな、破壊の中で垣間見えてしまう、どこか現実味の薄い「綺麗だ」という感覚。今作は、私にそんな感覚を思い起こさせてくれます。・・・ちょっと詩的に過ぎますかね。

か細くて力強い、散文的で行間を読んでいくような音。これからの寒い季節によく似合います。

【for fan of what ?】
私の偏った音楽知識では、真っ先にKing Crimsonを思い浮かべます。特に初期に散見される深い深いバラードやインプロヴィゼーションの曲を聴いた時と似た感覚が、今作にはありました。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
最初、すこしショッキングなPV。一応閲覧注意です。
“Epilepsy Is Dancing”

私の今作に対する感想は、この映像作品にかなり影響されているかもしれない。物凄い存在感があるという事は、やっぱり確かだけど。

【Track Listing:】
01.Her Eyes Are Underneath The Ground
02.Epilepsy Is Dancing
03.One Dove
04.Kiss My Name
05.The Crying Light
06.Another World
07.Daylight And The Sun
08.Aeon
09.Dust And Water
10.Everglade
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こん | URL | -

    Re: Antony And The Johnsons♪「The Crying Light」

    最近よく名前聞くな~って思ったら、こういう曲だったのか。
    ものすごい独特な世界観やね~。

    確かに絞り出すような細い細い声だけど、途中からものすごく力強くなったように聴こえた。
    声の強さとかではなくて、もともと力強さを秘めた声だった、みたいな。

  2. mossgreen | URL | -

    Re: こんさん

    独特も独特。個人的な予想通り、家でPCに向かって聴くより、街中で聴いた方が好きになれた。
    ちなみに最新作はもう少し楽器隊が目立って、少し明るい雰囲気に仕上がってる様子です。

    そして今作、日本盤じゃないと歌詞付いていないという罠が(’A`)輸入盤買っちゃったい。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/181-9b3bb61f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。