スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ion Dissonance♪「Cursed」

2010年09月15日 00:18

Ion-Dissonance-Cursed-2010.jpg
【Artist】Ion Dissonance  >myspace<
【Title】Cursed  
【Rate】9/10

【 DeathMetal / Hardcore / Metal

カナダ産テクニカル・マスコア、Ion Dissonanceの4th。2010年作です。

不協和を主体に、叙情性など皆無のメカニカルな音運び。前のめりに引っ掛かる変拍子リフ。超速バスドラの威圧感。等々・・・手加減無しに暴れ続けるアグレッシブサウンドが「音圧の前に御託は無用」とでも言わんばかりに襲いかかります。
そして、8弦ギターによる低音を効かせたごるごるとドゥーミーな音と、スラッシーなリフの交錯は圧巻です。「重さ」と「鋭さ」が同居した攻撃力、無類の激しさが全編に渡って一貫しています。

始終ピロピロと忙しなく絡むギターフレーズがぐるぐると狂気を演出する#2「2. You People Are Messed Up」
不協和音と変拍子がエネルギー過剰に襲いかかる、一際カオティックな#6「After Everything That's Happened, What Did You Expect」
ハイテンポ・ドゥームを主体に、黒魔術じみた怪しいパートの乱入が存在感を主張する#10「This is Considered Mere Formality」

おとなしい引きの曲など一切無し。徹頭徹尾攻め続ける、正にヘドバン御用達な逸品。

【for fan of what ?】
良く引き合いに出されるのはThe Dillinger Escape PlanMeshuggah、との事。曲によってはDEP的な前のめり変拍子スラッシュが聴けますし、8弦ギターによる重たくて鋭いリフはメシュガーの「Obzen」と似た輪郭の音です。
 個人的には上記の他、単音リフの捌きからSikth、重さと鋭さの同居という意味でEryn Non Dae.No Made Senseを思い出しました。カオティックで重苦しいのは共通してますね。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。(+ボーナストラックの感想も!)
“This is considered mere formality”

2:10からの、ガラリと空気の変わる瞬間が鳥肌タイム。


【Track Listing】
1. Cursed
2. You People Are Messed Up
3. The More Things Change The More They Stay The Same
4. This is The Last Time I Repeat Myself
5. No Care Ever
6. After Everything That's Happened, What Did You Expect
7. We Like to Call This One...Fuck Off
8. Can Someone Please Explain This to Me?
9. Disaster in Sight
10. This is Considered Mere Formality
11. This Feels Like The End...
12. They'll Never Know

*13. Pallor
*14. After Everything That's Happened,What Did You Expect (Big Chocolate remix)
*:日本盤ボーナストラック

#13「Pallor」は、本編には皆無なクリーントーンを多用した、薄暗くもメロディアスな曲。正直この曲が本編の真ん中に忍び込むだけで評価が変わってきそうな程、かなり存在感があります。バンド側は、その「ワンクッション」「緩急」を敢えて排除したんでしょう。おかげでヘドバンしっぱなしの一枚が出来上がった訳です。
続く#14は正にボーナス感たっぷり、デジコアリミックスです。原曲がかすむ勢いでグシャグシャになった一曲。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 落葉 | URL | jSt0n8as

    Re: Ion Dissonance♪「Cursed」

    う~ん、知らないバンドです(笑)
    有名なんですか??ジャケットはマイナーな雰囲気ですが(笑)
    たまたま一昨日、急にThe Dillinger Escape PlanとSikthが聴きたくなって、押入れからCDを引っ張り出して久々に聴いたばかりでした(笑)
    この2つのバンドよりも、Ion Dissonanceは全体的にかなりヘヴィですねぇ♪いい感じです(^▽^)
    てか、時々ビョーン(ソイルワーク)の声に似てると思うのは私だけ?笑

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: 落葉さん

    どうやら今作で日本盤デビューらしいですよ?(私はごく最近知りました)そして今月号のB!誌にもちゃっかり載ってる様です。低めの評価で!

    そしてDEPとSikthがすっきりと話題に出る辺りに驚きつつ。(’A`)かっこいいですよね!
    Silworkとは・・・比べて聴いてみたら似てる様な気がw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/152-e0a27d09
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。