スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぴぺですよ。

2010年09月13日 00:07

般若心経ですよ。
“初音ミクアレンジ「般若心経ロック」”


この動画の、コメントでの意訳が凄かったので、コピペしちゃいます。

『意味なんて知らなくていい』
『気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。』
『心配すんな。大丈夫だ。』


爽やかロックに乗せて、対訳眺めながらの般若心経。とにかく威力を感じた。
宗教ってのは力強いものなんだなぁ、と脈絡もなく思った残暑の深夜。

(以下コピペ全文ver.)
・・・・・・
超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ
もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ、
痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。
この世は変わり行くモンだ。
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。
味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。
正しく生きるのは確かに難しいかもな。
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな、それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。
気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。
いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。


・・・・・・
どうやらこの『ボーカロイド×般若心経』。9/3から10日足らずで、一部界隈で物凄いムーブメントになってる様子。鏡音リンでデジタルコア仕様とかもう、惚れますよね。


ちなみにうちはキリスト教ですよ(
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. のっと | URL | rNoWdFwc

    Re: こぴぺですよ。

    こんにちは!私は宗教について凄く興味があるので、
    こういう意訳は見ていてとっても面白いです。
    私の今、通っている学校は現地校なので、クリスチャンの人やユダヤ教の方も多いですし、
    お互い宗教のことについてはデリケートなことも知っていますから、
    社会の授業など以外では、あまりそう言う話題はさけているのです。
    というよりお互いに配慮しているといいますか。
    それで、日本に夏に帰ってきて分かったんですが、
    日本はマジフリーダムですよね(笑)とっても良いことだと思います。
    youtubeのコメントなどを見ていると、この曲を聴いて興味を持った海外の方もおられるようですし。
    心経がこういう歌になって人々に届くのが凄いと思いました。因に私は神道です(

  2. mossgreen | URL | zniSEbEA

    Re: のっとさん

    日本の宗教事情は、確かにフリーダムの極みですね・・・w
    「俺は神を信じない」と声高に言う人が特別でも何でもないっていうのは、他の国にすれば物凄い事のように思います。

    宗教について安心して議論が出来る国、なのかもしれないですねぇ。最も、議論の相手が少ない国でもある訳ですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/151-117c33af
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。