スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Korn♪「Remember Who You Are 」

2010年07月08日 01:47

61avK6LRblL__SL500_AA300_.jpg 513qZBypbpL__SL500_AA300_.jpg
【Artist】Korn (myspace:☆☆☆
【Title】III: Remember Who You Are
【Rate】9/10

Hardcore / Metal / Rock

ロス・ロビンソン氏と再び組み、バンド側が非常に強く「原点回帰」を意識した9th。しかしながら過去の経歴を失うものでもなく、むしろ総決算としての良さを感じる。そして、何よりも回帰したのは初期衝動的なエネルギーだと思わされた。

音の質感がかなりソリッドで刺々しい。グルーヴィながら、どこまでも重い独特のリフワーク。全体的にアグレッシヴでフックの効いた重さが印象的。新ドラマー、レイ・ルジアーの力量も凄く、パーカッシヴな音像に一役買っている。
そしてメロディーを歌いながらも狂気が垣間見せる、ジョナサンの歌唱。妙な明るさすら感じるリフが印象的な#6「Lead The Parade」では呪詛とメロディーが激しく交錯し、始終泣き叫ぶ#11「Holding All These Lies」では悲劇的であると同時に、どこまでもドラマチックだ。
そして歌詞の世界観はというと、非常に人間不信的で、結果の不条理を歌ったものが主体の様子。「他人との関わり」に対して色んな面で怖がり、牙をむき、振り回される歌詞世界が広がっているようだ。

音が創り出す世界はどこまでもシリアスで、切迫感に満ちている。悲観的なメロディーと唸りの応酬と、噛みついてくるような前のめりのヘビィネスに圧倒される作品。
【for fan of what ?】
Kornに、陰湿さより怒りを求めるあなたに。・・・分かり難い。少なくともファンに幅広く支持される音だとは思っています。

【↓here is the sound !↓】
"Let the Guilt Go"

色々御託を並べはしたけど、単純に勢いが半端無い。それだけで十分な気もする。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/111-1ea4e956
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。