スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年上半期名盤ベスト【そのいち:メタル部門】

2010年07月04日 01:53

早速いくよ!メタル部門はこちらの5作品!

 【(’A`)やっぱメタルですよね。】

☆Agripnie 「16[485](2010)」
☆The Number 12 Looks Like You 「Worse Than Alone(2009)」
☆Proghma-C  「Bar-do Travel(2009)」
☆Periphery 「Periphery(2010)」
☆Terminal Function 「Measuring The Abstract(2008)」


 【以下、動画を交えつつ語ります】
ちなみに、紹介の順番はA~Zが基本です。
☆Agrypnie「16[485](2010)」
涙を誘う切り立った崖の様なメロデス。シューゲイザーの要素も、メタルの手にかかればここまで印象の変わるものか、と唸らされたものです。いや、実際コレはちょっとなみだぐむ。
ブラックメタル聴きたいよ症候群にかかった私に処方された妙薬のひとつでもありました。
16[485] / Brücke aus Glas, Part 1

噂の12分な大曲、その前半。

☆The Number 12 Looks Like You「Worse Than Alone(2009)」
コレ、発売当初はスルーしてたんですよね。気が付けばどこも品薄で、結局入手できたのはリリースから一年後と相成りました。
The Garden's All Nighters”の再生回数が際立ってます。

コレコレ。

☆Proghma-C「Bar-do Travel(2009)」
このダウナー系変拍子、最高です。アマゾンで取り扱い開始を見たときには震えました。TesseracTなど、未リリースのバンドが控えているこの界隈、先鋒としてかなりの仕事をしてくれました。
Naan

(’A`)ナァァァァァアン(すいません

☆Periphery「Periphery(2010)」
1曲目の勢いたるや、まさに強制ヘドバン仕様。後半ダレる?最初の3曲の為だけにでも買って頂きたい!ていうか9曲目から聴いてみ?結構印象変わるから!
個人的に、今期スクリーモでは随一です。スクリーモって言って良いのかは分からないですが。
Insomnia

という訳で、一曲目。

☆Terminal Function「Measuring The Abstract(2008)」
変拍子とサイバーの嵐、そこまでは、そういえばぺりふぇりと同じ。そしてそこからが決定的に違うんですが、曲構成のカオスっぷりが半端ない。流れの読めないインストパートの連続と、突然な雄々しい歌メロパートに圧倒されっぱなし。
Spawn

こちらにポップネスは存在しないな。うん。ちなみにこの曲の歌メロは、超サイバーです。


やはり変拍子アツいです。今期はそれに加え、「歌メロパートの乱入」という妙な要素にハマった時期でもありました。後半戦、どうなる事やら。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masterofslach.blog114.fc2.com/tb.php/107-514b37be
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。