スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進捗です。

2014年01月30日 13:06

進捗なんです。
opdemo.jpg
こっから大いに迷走するつもりです。
スポンサーサイト

国産ポストメタル青田買い

2014年01月29日 23:00

(  '-')あんこくいっとく?(挨拶

以前からtwitterでふわりと交流のあった方からバンド情報を頂いて中々の注目株だったのでご紹介しますよぅ。
☆Sweet Sleep >facebook<
【 Progressive / Rock 】

東京で活動中の4ピース。まだ結成間もないバンドで、現在Soudcloudにデモが3曲UPされているだけです。

鬱屈した重苦しい空気と分厚く刻むリフ、そしてゆらゆらと漂う女性ヴォーカル。9分半のじっくりと展開する中にも日本ならではな「サビ」を感じる瞬間が控えていて興味深い。ミステリアスでシリアスなドラマ性は、荒削りなデモ版ながら芯の強いバンドコンセプトを感じさせてくれます。
黒いポストメタルの香りからはIhsahn、Intronaut辺りを想起しつつ、やはり女性ヴォーカルの質感が印象的。神秘プログレメタルAgohraや国産オルタナCOgeNdshEのファンもちらっとチェックしてみては如何でしょうどうでしょう。

これきっと現状はライブの方がかっこいい奴。しかしながら今後のパワーアップを強く期待しています。

"Aghora - Satya"

AgohraはCynicのメンバーが以前やっていた再度プロジェクト、なので超絶テクニカルなベースが暴れるんですけどね。

"COgeNdshE - 錯乱"

COgeNdshEは残響印のポストロック周辺のセンスを取り込んだやはり独特なバンド。

(  '-')そうです。ミステリアスな空気こそ共通項を感じるものの、重さでまったく別の方向性なので要注意です。

そしてミニマルロックの深淵。

2014年01月28日 00:00

さぁどんどん行きましょう。疾走とは一線を画しそれでなお圧倒的な緊迫感を持った世界へ。

一発目は前エントリでご紹介したCuneiform Recordsからおひとつ。
☆Sonar >facebook<
【 Minimal / Post-rock / Experimental 】

スイス出身の4ピースインストバンド。バイオグラフィーを斜め読みする限りかなりの学者肌・・・どころか学者も実際混じってる様で、頭脳派老獪サウンドの妙味が詰まっています。そしてドラムのManuel Pasquinelli氏はどうやらCynicメンバーが休止中にやっていたバンド:Agohraで叩いていたみたいですね。かなり渋いメンバーが揃っているみたいです。
"Static Motion"

目下発売したばかりのアルバム「Static Motion」より。細やかなフレーズの重なり・積み上がりをこの界隈特有の味として存分に堪能できます。

ちなみにレーベルを通さない彼ら名義のBandcampアカウントも存在する。旧譜はそこでチェックですぞ。

お次はTwitterやTumblrで交流のあるSinさんの呟きより。

☆Tear Gas and Plate Glass >bandcamp<
【 Post-Metal / Sludge / Post-Rock 】


さてこの2曲目。密やかなミニマルリフが延々と続きますが、後半スラッジ色が強まると共にグロウルも入ります。そうです、インストバンドじゃないんです。
陰陽の対比が効いた音は荒々しいヴォーカルでさらにコントラストを強め、無類の攻撃性を放っています。これは先日ご紹介のSleeping Peopleファンにはたまらないのでは。
・・・すでに活動していない様子なのが非常に悔やまれます。

ちなみに今回の情報源であるSinさん。最近はポストメタル方面の情報更新を鋭意続けてらっしゃいますので要チェックですぞ。

ジャズコアという名の深淵。

2014年01月27日 00:00

行きましょう。ハードコアやロックの荒くれ共がジャズに傾倒した結果の最果てに。

まずは、定期的にやってるフレンチメタル探訪の結果から。
☆We Insist! >Facebook<
【 Alternative / Rock / Jazz 】

"Déjà Vu"

サックス吹き荒れ変拍子でザクザク突進し捉えドコロの無いヴォーカルが飄々と踊る。スゴイ!
フランス出身の3ピース、結成は1995年というベテランでドラムがメインヴォーカルとのこと。ただ、この三人にジャズ楽器担当はいない様子。細かなクレジットなど確認できてないので、真相やいかに(ライブ映像ではサックスの人が暴れてました)。他の曲はサックス入ってない風味。
でも独特の怪しくしたり気な空気、やはり良い!ですよ!
新譜も鋭意予約受付中、とのこと。この先行曲、5拍子のトンガリの中で歌うカラっと明るい歌がこれまた変化球で興味深い。

(  '-')フランスはやはり得体の知れん魅力を持ったバンドがそこかしこに潜んでおる・・・!

さて、bandcampでも「jazuucore」と検索窓に放り込めば何かしら結果が出てくるものであります。
☆Brown vs Brown >official<
【 Punk-jazz / Math-rock / Freak-funk 】

出てきましたがこのバンド、2010年以降の情報更新が皆無な風味。なんという。妙ちくりんなバンド名には突っ込まない方向で行きましょう。
"Whirlpool"

やはり刻んでくるこのサックス。複雑なリズムに頭がクラクラする感覚はフリーキーの一言です。

ここのBandcampを管理しているのはCuneiform Records。どうやらキワいバンドを集めて掘り起こしリマスターなんかもやっているレーベルの様子。他のラインナップからも名状しがたい何がしかをひしひしと感じているので、随時探っていきたい所存ですね。

チューリッヒです!

2014年01月26日 22:00

タイトルなんぞ、といった風情ですがいつも通り音楽の話です。

このバンドがスイス・チューリッヒで活動しているっていう話なんです。

☆Gletscher >facebook<
【 Metal / Alternative 】

お値段の単位はスイスフラン。
ずぶりと重たく、シンプルに刻むリフ。そしてミステリアス、シリアスに歌う女声ヴォーカル。"女流TOOL"と言ってしまうと少々語弊があるかもしれないですが・・・ひたひたと暗い緊張を含んだサウンドは一聴の価値あり。

インストマスロックであるSleeping Peopleとは似て非なるこの絶妙な香り。#5「Owl Man」冒頭からの間合いを見極めるような温度感などいやホント、絶妙です。


さてさてところで、なんですけども。

なのです!!!!!
☆Victoria Concepcion >facebook<
【 Rock 】


やはりというか、GletscherよりもSleeping Peopleに近い輪郭のギターサウンド。そしてGletscherよりも歌モノとして強くアピールするメロディーの豊かさ。
facebook見る限りだと、こちらのソロプロジェクトもアルバム製作中みたいっす。これは実に楽しみです。

ミニマルロック×ヴォーカル、というとこれで中々稀有というか。テクニカルに詰め込んだタイプの猛者共ももちろん好きなんですが、「間合いのリフ」を操るバンドの魅力も覚えていたいものです。
[チューリッヒです!]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。