スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rammstein ♪「Live Aus Berlin」【before the web logged me. No.4/20】

2013年04月14日 00:00

before the web logged me.
「ブログの前に」と題しまして、ちょっとシリーズ物の企画をやってたんですが、No.3まで書いてから更新を盛大にすっとばしてました。そろそろ再開しようかなとぼんやり。
私が本格的に音楽を聴くようになった2000年から、
このブログが本格始動する前、2010年位までのベスト20です。


Live+aus+Berlin+albumliveausberlin.jpg
【Artist】Rammstein >facebook<
【Title】Live Aus Berlin
(リンク先はCDですが、関連商品にDVDもありますー

Industrial / Tanz-Metal 】
映画「The Matrix」のサウンドトラックを通じて知ったバンドそのさんです。他にも気に入ったバンドは居ますが、本シリーズで採り上げるのはこれで全部です。
さて、前回に引き続き、高三時代の筆者にご登場願いましょう。\10年前かよ/\若ぇよ/
・・・
Rammstein。ある街の名前を元にしたバンド名であり、今作でも演奏されている#12「Rammstein」で、元ネタを示唆しています。この曲に限らず、彼らは世のショッキングな事件をモチーフにした曲を複数書いています(4th「Reise, Reise」収録の「Mein Teil」などが有名でしょうか)。そして、母国語であるドイツ語歌詞のまま、世界的な知名度を得たバンドとしても知られます。当時ドイツのバンドが世界デビューする時は歌詞を英語に書き換えて、という暗黙の了解があった様です。・・・今でも変わらないですね。英語圏に売り出す時は英語にする。それを不自然と捉え、自分たちの曲は自分たちの言葉で、といった気概で活動を貫く姿勢もまた魅力的であります。実際、4th収録の「Los」等は、ドイツ語流の言葉遊びが仕込まれた歌詞。彼らならではのセンスが光ります。

そして散々4thの話をしておいて恐縮ですが、今回ご紹介は初期のライブ盤。本ブログには珍しく、ライブ盤です。デビュー作「Herzeleid」、2nd「Sehnsucht(邦題"渇望")」に続いてリリースされた1999年の作品。調べてみると同タイトルの国内盤もリリースされていた様ですが、筆者が購入したの輸入盤です。
今でこそマイナー好みの影響で輸入盤を追いかけてばかりですが、当時は積極的に国内盤を選んでいました。あの頃の輸入盤は国内盤と大差ない値段でしたし(今の輸入盤はホント安いです)、ライナーノーツ読むのとか、対訳にケチつけるのとかも好きでした。いや、今でも好きですけども。少なくとも自分でブログやって解説風な何かをやり始める位には。

おっさんな懐古はその辺にしておきつつ。

開幕いきなりの破裂音で始まる今作。「炎のインダストリアルメタル」として名を馳せた彼らの十八番であるライブでの花火パフォーマンス。歓声に混ざって、火薬の破裂する音がアルバム内で随所に響きます。淡々と刻むギターと寒々しいシンセ、「あそびましょ、あそびましょ」とダークに繰り返すヴォーカルが妖しい#1「Spiel Mit Mir」に始まり、シューゲイザーを想起するギターと優しいアルペジオが混ざる、子守唄のような#15「Seemann」まで、1stと2ndからのベストといった風情の選曲で80分弱ガッツリと収録されています。

サウンド面に於いて、1stは現在にも通じるシンプルかつフックの効いたリフで攻めるヘヴィな一枚、2ndはぐっとシンセサウンドを強化しエレクトロ方面へアプローチした一枚、といった風情です。オペラちっくで大仰な作風は3rd「Mutter」以降に強くなってきた印象であり、この頃はなんというか「ひたすらやたらに低音」というイメージが強いような。ズンズンとハラに来るリフはもちろん、特にヴォーカルのスタイルでそれは目立ち、#9「Du Hast」とかやたらひっくいです。ダンサブルな高音シンセサウンドですら低音を引き立たせるアクセントの様で。#11「Engel」のイントロの口笛じみたサンプリングなどで顕著ですが、ミスマッチ感を際立たせたキワいシンセ使いはこの頃特有の魅力であり、今回聴き返して改めて「彼らも音楽性を徐々に変えてきたんだなぁ」等とぼんやり思いました。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Rammstein ♪「Live Aus Berlin」【before the web logged me. No.4/20】]の続きを読む
スポンサーサイト

新春特集こぼれ!~フランスじゃなかった編~

2013年04月13日 00:00

(  '-')やっふー!フランスのメタルかっけぇー!
とか言いながら全然フランスじゃなかった奴をご紹介。

うん。違ったんだ。あ、でも、かっこよかったのは違って無い。

☆Fallujah >facewbook<
【 Atmospheric / Death / Metal 】

出身はサンフランシスコの4人組。アメリカでしたん。
"The Dead Sea"

テクデスの音圧にメロデスの美意識を掛けあわせ、ポストハードコアに通じるピロピロと忙しないソロギターを全編に散りばめた逸品。幻想パートや何処となく漂うオリエンタルな香りなど、プログレ感満載の展開もアツい。
このEP、例によって例の如く流通・・・と思っていたら、Bandcampでデジタル販売してました。
ちなみに前作「Harvest Wombs」はamazonにもあった!よ!

☆Octopus >facebook<
【 Jazz / Metal / Progressive 】

さぁてお次はサンティアゴの蛸。そう、チリ共和国のインストバンドです。なぜフランスだと思った。
"Cristobal Orozco - OCTOPUS - Ethereal Mind"

さてコチラはドラマーによるプレイ動画ですが、しっかり一曲分魅せてくれています。
ツギハギ地味た怒涛の立ち上がりからのサックス乱入、神経質に刻みまくるリフ!!Martyr辺りのテクニカルメタルファンには堪らない、そしてサックス成分によりジャズメタル勢にも堪らない逸品。複雑なリズム展開にはDjentlemenにもお勧めしたい、実にハイレベルな熱量を持ったサウンドです。
そして流通。cdbabyでのDL販売、iTunesでも同じくDLにて。また、現在Soundcloudでは全曲試聴も出来る様子。
一方でフィジカルはというと、所属レーベルのwebショップにも置かれて無い。どうやらデジタル販売のみ・・・?


そんなこんなで、今回はかなり音圧高めのラインナップでした。

新春フレンチメタル特集!そのさん

2013年04月12日 00:00

さーさーまたメタルな感じで行きましょう。

☆In the Guise of Men >facebook<
【 Metal / Progressive 】

" 'INK' official teaser"

コチラはティーザーなのでもういっちょ、Soundcloudから↓

ダークなプログレメタルの中にNu-Metal辺りの痛快さが見え隠れする感じがアツい!
この曲が収録のアルバム「INK」がもうすぐ、4/13に発売になるとの事ですが、えっと、流通・・・。
オフィシャルのwebショップが見つかりました!以上です!(
Amazonも待っていれば取り扱い開始したりするかもですが、差し当たってはココから位しかなさそうです。12ユーロなり。

お次はカオティックハードコアと洒落込みましょう。
☆Dimitree >facebook<
【 Metal / Rock / core】

"Psema"

前のめりの突進力に不協和音上等のリフ捌き!大好物です!
初期The Number 12 Looks Like You辺りの音を想起させ、The Dillinger Escape PlanやConverge等の血管ブチ切れ系カオティックのツボをいー感じに付いてきてくれます。
そしてコチラ収録のアルバム「Nine Lives」ですが、
現在BandcampにてNAME YOUR PRICE!フリー入手可となっています。

一曲目が完全にポストロックだったり、ちょこちょことキレイなサウンドを混ぜてきており、中々面白い緩急を見せてくれます。基本的には猪突猛進なので、オシャレに期待した方も大人しくヘドバンして頂ければ本望かと(


この辺りで、エントリ「そのいち」で口走った「フランス特有の暗さ」というものが早速破綻している気がしますね!いや、物凄い予想出来たんだけどね!

新春フレンチ特集!そのに

2013年04月11日 00:00

さて続きます。今回はポップ寄り(ちゃっかりエントリタイトルも変えてる

☆Les deux du stade >facebook<
【 Rock / Funk / Soul 】

ストリートライブの様子です。どうぞ!

いえす。やたら兼任しちゃってる2人組でございます。
Shob氏、ベースを鳴らしながらドラムを叩きええ声で歌う!
Nikho氏、ギターを弾きながらええ声でコーラスを乗せる!(地味にハイハットの開閉も彼が担当
(’A`)やふー!!(落ち着け

Youtubeで確認する限り、ベースのShob氏は元々フュージョンベーシストとして名を挙げている様子。その中で路上パフォーマンスのプロジェクトとしてNikho氏と組んでやってるみたいです。
いやはやしかし、聴いて良し観て良しの極上ファンクであります。これ観れるんだったら海外旅行はフランスで決まりだねっ☆(キャッチコピー風に


さて続きまして・・・コチラはフレンチですがお国はカナダ。ケベック州はフランス語が公用語なんですよね。厳密にはテーマ違いですが、まぁまぁ、細かい事は気にせずに。こっちもええこえやで。
☆Coeur de Pirate >facebook<
【 Pop 】

という訳で、カナダの女性ヴォーカリストソロプロジェクトです。
"Adieu"

イントロの小気味いいギターに続くキュートな歌声。Maia Hirasawaなんか連想する牧歌的な響きの歌ですが、フランス語の情緒のせいか物憂げなメロディーラインのせいか、全体的にビターな渋味が滲んでいます。
彼女はピアノ弾き語りが本業(?)の様で、スタジオセッションやテレビ出演の映像ではさらにアンニュイなピアノver.で演奏している事の方が多い様子です。

ちょっと小悪魔な曲から、ぽかぽか明るい曲まで粒揃い。かふぇーでおしゃれにきめつつ、如何でしょうか。


まだつづく。

新春フレンチメタル特集!そのいち

2013年04月10日 00:00

今年に入ってから、なんとなく自分の中でフランス産のメタルを探すのにハマっています。既にいくつか紹介しています(和風ポストメタルGrorrなど素晴らしかったです)が、先日ちょっと本格的にガンガン探してみたので、その結果報告などしていきます。それなりの数なので、エントリも幾つかに分けてご紹介。それでははじまりはじまりー

☆Erlen Meyer >facebook<
【 Metal / Sludge 】


フランスはリモージュ出身の5人組。影響元にはWill Haven, Cult of Luna, Isis, Converge, Breachを挙げており、その手のポストメタル界隈として語られるバンドであろう存在。
モノクロ基調のMVに違わず、べっとりと黒い絶望感が滲むサウンド。同郷のEryn Non Dae.をさらに重くした様な音像から、なんとなく「悲劇性に尖った暗さはフランス産特有の魅力?」等と感じそうになります。・・・数聴いてきてる訳では無いので、かなり偏見の残る感想ではありますが。

さて続きまして。
☆Tao Menizoo >facebook<
【 Thrash / Death / Metal 】

"Wreckage"

こちら曲の前半だけのプレビューですが。イントロの極悪オーラからの鉄鎚!!な重さが脳髄を打つこの破壊力。

↑高音質のBandcampにてさらに鉄鎚効果倍増。購入もこちらから可。
比較的シンプルなリフを主軸に据えているものの、音の一つ一つに込められた重さがハンパ無い。ちなみに彼らが影響元に挙げるバンドはCoroner, Voivod, Tool, Pantera等。この重さはPanteraからの影響が強いか・・・いやしかしここまでするか、と言った風情であります。

さて、しばらくはフランス推ししていきますよー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。