スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キーボードの映えるバンドってある?」

2013年02月27日 03:45

今日、twitterにて個人的に気になったこのお話。キーボード/シンセのキャラ立ちしてるバンドって、自分の好きなバンドでどんなのいたかな?というあれです。

まぁとびきりの大御所EL&Pはすぐに思い付きますよ。パンクバンド並みの大暴れしますからね彼は。
後は、私を洋楽に引きずり込んだMarilyn Mansonに居たMadonna Wayne Gacy氏のシンセをぐわんぐわん揺らせるパフォーマンスRammsteinにおけるフラーケ師匠のコミカルなアレコレ。あと最近だと・・・Dr.Aculaから脱退したJoey Simpson氏なんかも、結構ハデなキーボーディストですね。

ああ忘れてはいけない。Between The Buried And MeはヴォーカルTommy Giles Rogers氏がキーボード兼任だぜ。
"Selkies:The Endless Obsession" (LIVE)

ぉおうその気になったらどんどん出てくる。Mutemathだって、Paul Meany氏はピアノの上で逆立ちしやがりますからね。あそこはドラムがヘッドホンをガムテでぐるぐる巻き付けた頭を振りまくるんでそこも目立つんですが。
そろそろ満足してきたしキリもないからこの辺で・・・ってそうだ奴らがいた!!!
"The Sleeping - You'll Be a Corpse Before Your Time"

超絶キレの良いスクリーモサウンドでいて骨太ヴォーカルの存在感、その中にあってDeep Purple直系なキーボードの和音が実に心地良い!
2009年作の「What It Takes」は購入当時かなり聴いてて、等ブログにもレビューがあったはず・・・ブログ開設当初の文章が出てきました。2010年作はそう言えば買ったは良いが聴き込めてないまま早3年だ。

さて、懐かしさも手伝って、The Sleeping、少し掘り下げて見たら、去年休止してしまった様子です。残念、なんですけど、追加情報がここで入りました。(そしてキーボード関係無くなるので追記へ)
[「キーボードの映えるバンドってある?」]の続きを読む
スポンサーサイト

コスプレにキャッキャしてたら音楽の話になってた。

2013年02月24日 01:35

ひょんなタイミングでですね、この動画観てたんですよ。
"freddiew : Legend of Zelda: Pot Smasher"

すっごい楽しそうになーたしかにリンクってやりたい放題よなーしっかしこれ元気に可愛らしなー
とかなんとか。

で、気になって関連動画を見たらば、なんか良く分かんないけどこのこヴァイオリン弾きながらくるくる踊ってらっしゃる。コスプレして。そう言えばこれ動画の作りがかなりしっかりしてるし服も完成度が高い。どういうことだ。o(再生回数も一千万越えとかどういうことなの・・・

で、毎度の如くwikiに頼ってみました。
「Lindsey Stirling (born on September 21, 1986) is an American violinist, musician, dancer, performance artist, and composer.」肩書多いなまた!
☆Lindsey Stirling >facebook<
【 Electronic 】

えーっと、どうやら元々ヴァイオリン演奏者として実力を付けつつ、アメリカのテレビで『ヒップホップ・ヴァイオリニスト』との触れ込みでドカンと名を挙げた方のようで。その後何があったのかは調べ切れてないんですが、去年辺りからやたらとコスプレ推しな動画を作成・発表している模様です。歌って踊れるコスプレヴァイオリニスト、なんというかこう、気が付けばやたらと呼び名が長くなります。

ここまでくれば気になるのがオリジナル曲。色々みてみると、どうやらダブステップ×クラシック、みたいなスタイルを好む様子で、これがまた、聴けば成程かっこいいんですよ。
"Lindsey Stirling ~ Stars Align"

ちょっとロックな香りも感じさせ、Apocalypticaとか好きな御仁には結構オススメ出来るんじゃないかなと。
2012年にリリースされたこのセルフタイトル作、USビルボードでは81位まで登ったらしく(wikiしらべ)、ネタ抜きにしても結構な実力者でございました。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは コスプレ動画を楽しんでいたと
思ったら いつのまにかヴァイオリン演奏を聴いていた」
な… 何を(ry


不思議な情報の繋がりで新しい音楽に触れる機会はままあるので、その度に面白いなぁと思うものであります。

筋力の必要性。

2013年02月21日 19:15

最近、ちょっと筋トレ的な事をしてるんですよね。運動不足がたたって面白い様にあっさり筋肉痛な毎日です。
っていう話とは関係が無いのですが、

『Through The Eyes Of The Dead"The Manifest" Guitar Cover』

メタルでスラッシーなリフを刻むためには、筋肉が必要なんですよ(
安定したピッキング、筋力のなせる技である。そしてヒゲとキメ顔がやたらとかっこいい件。

…ステージにこんなギタリストいたら、凄まじく映えるんだろうな…。
[筋力の必要性。]の続きを読む

Djent?

2013年02月19日 18:00

久々にやってまいりましたDjent枠。しかもヘンな奴です。大丈夫、元々ヘンなジャンルでs(

Bandcampで趣味の合いそうなアカウントをつらつらとチェックして行くのが楽しいんですが、そうすると皆がそろって購入している作品が目に付いたりします。たとえばコチラ、ぞんびーな鳥のイラストがギラリと目立っていました。
☆Serious Beak >facebook<
【 Avant-beak 】

"Tuī / Tuō"


私のつぶやきの中ではRT等の反響がデカかった部類です。
オーストラリアはシドニーで活動する、ツインギターの4ピースインストバンド。聴き手を翻弄するリズムワークとスラッジにも通じる輪郭のサウンドは、Djent・・・特にフュージョンメタル界隈とは全く趣を異にしており、新鮮なインパクトを与えてくれます。

ボサノヴァなアコギが無理矢理乱入してくる#6「Anhrefn」など、アヴァンギャルド要素もチラリ。
この暴虐Djentが、デジタルであればName Your Priceというのも凄まじい(そして、それにもかかわらずBandcampでお金を払ったアカウント数が多いのも凄まじい。グッズ込みとは言え。)



さぁ続いては。同じく、やたらと購入者が目立っていたコチラです。
☆Town Portal >facebook<
【 Post-Metal / Progressive / Math 】

コペンハーゲン出身の3ピースインスト。facebook上でのジャンル表記が「No」という孤高っぷりが目を惹きます。
"Chronoceros"

こ、これは・・・!!!

清涼フュージョンの香りでAnimals As LeadersなどDjent勢をイメージしてしまう私ですが、全体的にオーガニックな音作りと緩急の滑らかな展開など、鋭利なメタルには無い滋味が味わえてこれはまた、中々に個性的。
攻撃性の強めなポストロックとして、割と幅広くお勧めしたいです。
こちらはデジタルでも6ドル以上となっていますが、一曲フリーの奴も。

比較的優しげな曲調でござんす。

これもまた、ジャケットアートが綺麗でいいです。

ノイズにリズムを与えた結果がこれだよ!

2013年02月18日 23:02

twitterに垂れ流していた情報をまとめて行こうのコーナーが、また始まる・・・!
さて先日、Mutiny on the Bountyのツアー情報として、対バンの紹介がされてたんですが、一際インパクトのある「noisy-mathrock」というキャッチコピーのバンドが居まして、フラフラと引き寄せられるように聴いてみたらガツンと、きたんですよ。

☆SHAPES >facebook<
【 Noise / alt-punk / Rock 】

イギリス・バーミンガム出身の3ピース。先ずは発見当初の私の発言など↓

まぁ言いたい事はこれで全部言っちゃったんですが、ザラザラした輪郭の音とめちゃくちゃタイトなリズム、パンキッシュに投げつけられるヴォーカルが交錯するサウンドに圧倒されます。なるほどMutiny On The Bountyと一緒にライブするのも納得、似て非なるマス×パンクのスタイルを提示しています。

のっけからの様相を呈する#1「Siren Song」から、跳ねるリズムと凶悪な音塊が強烈な#10「Cacophony of Silence」まで、ポストハードコアのファンには是非にと推したいガツンと来る逸品であります。

つづきまして、こちらはtwitterにて友人に教えて頂いたもの。
☆Caitlyn Bailey >facebook<
【 Punk /Screamo / Hardcore 】

フィリピンのダバオ市出身のハードコアバンド。Sea of Tranquility Recordsというレーベルが無料でリリースしているスプリットの中でひとつ、彼らの曲が際立って存在感を放っておりました↓

関連アーティストとしてThe Dillinger Escape PlanやConvergeが挙げられるのも納得。忙しないタッピングソロで幕を開けるイントロに、カオティックなまでの激しさが素晴らしい。(ちなみに本スプリット、3曲参加の彼ら以外も良い感じです。要チェックです。

そして、このバンドのドラムとギターが二人でこんな曲もyoutube投稿してました。
"Karoushi (過労死)"

なんというタイトル。そして演奏はかっこいいという。なんという。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。