スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marilyn Manson ♪「Mechanical Animals」【before the web logged me. No.3/20】

2012年06月29日 03:54

manson-1998-Mechanical-Animals.jpg
【Artist】Marilyn Manson >facebok<
【Title】Mechanical Animals

Rock

前回に続きまして。
映画「The Matrix」のサウンドトラックを通じて新しいバンドを知っていった私ですが、高校三年生らしい(?)、今よりも若い感性はMarilyn Mansonの描き出す世界観、内省的なメッセージに強く影響されていきます。
運良く、当時賑わっていたファンサイトには付属ブックレットよりも手間暇と愛のかかった歌詞対訳&考察がずらりと掲載されており、当時それを読みながら、同じ道に引きずり込んだ友達と共にあれが良いこれが良いと言っていた思い出があります。
「かっこいい」のインパクトで割と忘れかけてたんですが、そう言えば英語の勉強効果を狙っていたんだっけ、と言う事を思い出した私は歌詞と対訳を交互ににらめっこする日々を送り、結果ビミョーだった英語の成績がそれなりにまでアップしました。やったね。今でも時々やたらとポエミーな対訳をしてみたりするのは、明らかにこの頃が原点ですねこれ。
地味な話ですが、彼らの歌詞には、文法としての分かり易さ、存外にシンプルな英語で出来ています。うろ覚えですが、Marilyn Manson氏本人が、読みやすさを意識して作詞をしていたという話を聞いた様な気がします。詩的に過ぎれば難解さに歯止めが効かなくなるものですが、その辺のバランス感覚はバンドにある種のキャッチーさを加えているのかもしれません。尤も、Fワードを始め下品な物言いは言わずもがなですが。
余談ですが上記のファンサイト、ある時にすったもんだがあったらしく歌詞対訳ページが削除になってしまう、と言う事がありました。ちなみにコチラ「Marilyn Manson fansite "THE IRRESPONSIBLES"」です。併せてサイト規模縮小、更新が止まってしまいましたが、当時本当にお世話になったものです。歌詞を読む楽しさ、というものを私はここを通じて学びました。(私が対訳する時に歌詞を直接載せないようにしているのも、ここの削除を見ていたからだったりします。)

そろそろ本題に移りましょうか。
怒りに満ち溢れたモンスターアルバム2nd、「三部作」の、物語の最初に位置し、最も混沌と暗さに満ちた4th、キャバレーやナチズムに触れた、キャッチーかつメタリックな5th。その中で今作は1998年作の3rdアルバム。彼らを有名たらしめる「三部作」の中間に位置し、キャリア上で最もポップなアルバム、という評価が一般的でしょうか。件のサントラに収録の#4「Rock Is Dead」も今作です。
宇宙を連想させるSEとシンセを前面に押し出した、インダストリアル・ロックなサウンド。スローなバラードも目立ち前作の様な憤怒の激しさを期待すると肩透かし・・・とは言っても、辛辣な格言に満ちた歌詞、要所要所で吐き出されるシンプルでエッジの効いたリフは勢い十分。激しさも決して失われてはいません。

ブックレットに載っている歌詞は順番が一見バラバラですが、実際はこれ、2つのコンセプトアルバムが合わさった様な構成になっていて、2つの視点が交錯するように展開していく一枚です。
ひとつは、「Omega and the mechanical animals」と言う架空のバンドによるロックアルバム。刹那的でセンセーショナル、煽りと皮肉を前面に打ち出しています。
もう一方は、ジャケの白いエイリアンみたいなキャラクター「オメガ」を主人公に語られるお話。遠い宇宙から地球に来た彼の疎外感と悲しみに満ちた独白が綴られています。オメガさんは、さっきのバンドのフロントマンでもあります。

「Omega and the mechanical animals」サイドは、ヤクにまみれた曲を始めとして、#4「Rock Is Dead(ロックは死んだ)」#8「I Want To Disappear(消えてしまいたい)」など、シンプルなメッセージが特徴的です。
中でも小気味いいリズムと何処かコケティッシュなシンセサウンドで彩られた#10「New Model No.15」での、生活の全てを建前と愛想で武装し「俺たちは新しいモデルだ」と宣言してのける様は実に皮肉が効いていて、正に“痛快”の一言。#12「Fundamentally Loathsome」でのチープでうらぶれたサウンドも、この架空バンドのフィナーレを飾る物として妙な説得力を持っています。ちなみにハードに盛り上がるアウトロでは失楽園を示唆しており、これはオメガ自身の物語とリンクしている、と思われます。

そしてオメガの物語。
SFの幕開けの様な#1「Great Big White World」で登場する彼。「途方も無く大きく、真っ白な世界」が、どこまでも空虚に拡がっていく一曲。
アンニュイなアルペジオと共に淡々と歌う#5「Disassociative」では「君達の世界が俺の命を削る」「虚空に死ぬ宇宙飛行士」と孤独と疎外を訴え、一方で#7「Posthuman」ではノイジーなリフに乗せて「こいつは神じゃない」「神なんてただの統計学だ」と苦悩たっぷりに叫ぶ。
アルバムの最後を飾るのは、地球最後の日を歌う#13「The Last Day On Earth」と、そして、#7のラストで辛辣に「きらめくものはみんな冷たいの」とつぶやく「コーマ」が再び登場する#14「Coma White」。彼女の空虚な様を嘆きそして救いたいと願う、おそらく、ラブソング。
オメガは死にゆく地球の中で退廃的な生活を送り、そして最後はコーマと共に地球を離れ、宇宙で延々と漂う。そんなストーリーが描かれている様に思います。詩的な映画の様に、印象的なワンフレーズが随所にちりばめられた逸品です。


・・・念のためと言うか断っておきます。上記のストーリーについては前置きで紹介したサイトさんで昔読んだ内容の思い出、個人的解釈を基にして書いています。公式に類する情報や解説は参照していないので(あるかどうかも分かりません)、的外れな部分があれば申し訳ないです。。
[Marilyn Manson ♪「Mechanical Animals」【before the web logged me. No.3/20】]の続きを読む
スポンサーサイト

Diablo Swing Orchestra ♪「Pandora's Pinata」

2012年06月27日 04:22

DiabloSOPandoracover.jpg
【Artist】Diablo Swing Orchestra >facebook<
【Title】Pandora's Pinata
【Rate】10/10

Rock / Classical / Jazz

世界の音楽、まとめてディアブロ風に料理しちゃいました。
スウェーデン出身の8人組による、2012年作の3rdアルバムです。構成はヴォーカル・ギター・ベース・ドラムのバンド編成にトロンボーン・トランペット・チェロにシンセが加わり、さらにゲストはヴァイオリン、ヴィオラにコントラバス、フルート、クラリネット、ホルンにオーボエ、ティンパニ、マンドリン・・・とかなりの大所帯です。ちなみに筆者、一応メタルバンドとして紹介しようとしております。

冒頭#1「Voodoo Mon Amour」から飛ばしています。ヘヴィなギターリフで幕を開け、続いて吹奏楽隊の得意気なアンサンブルが乗っかります。スウィング直球!な跳ねまわるリズムでギターが重い!男女ツインヴォーカルにバックヴォーカルもガンガン乗って、ネオンぎらつく豪華な一曲。

存在感バツグンの曲で始まる今作ですが、他の曲たちもキャラクターがかなりはっきりしています。様々な音楽要素が色々なクロスオーヴァーをしており、正に多国籍ごちゃまぜの様相。続く#2「Guerrilla Laments」はサンバのリズムでやっぱりギターが重い!なカーニバルチューンですし、#3「Kevlar Sweethearts」は闘牛を彷彿とさせるフラメンコちっくなラッパ隊がメタリックなリフと一緒になり重い!(しつこい)中での、優雅とも言えるヴォーカルラインが何とも哀愁を誘います。
もちろんまだまだ続きます。
二胡を連想させる中国な香りたっぷりの短いインストを経て、
エレクトロサウンドとシンセ加工済みのヴォーカル、しかもメロディーラインがミョーに歌謡曲なコーラスが滅茶苦茶に目立つ#5「Black Box Messiah」が実にデンパで異彩を放つ一曲。歌詞もこのコーラス部は記載されておらず(何語なのやら。)、一際怪しいです。
全くメタル要素の無い、ゆったりとした#7「Aurora」は、イタリアのカンツォーネか。のびやかな歌声に癒される、穏やかなひと時。そして後半、少しオリエンタルなメロディーが混ざったと思えば、
お次の#8「Mass Rapture」スパイシーなインド音楽の要素とエッジの効いたリフがガンガン効いて実にアグレッシヴ。ちゃっかりスカが何食わぬ顔で混ざってる気もする・・・。
#9「Honey Trap Aftermath」ではファンキー・スウィンギー・ヘヴィと、謎の三拍子がそろっちゃってます。
そして、散々世界各国を連れ回した末に訪れるラストナンバー#11「Justice For Saint Mary」は、チェロの刻みと悲しげなヴァイオリン、素朴なギターアルペジオが流れる荒涼とした曲・・・ではありますが、もちろんタダでは終わりません。8分を越す長尺の中でじわじわじわじわと悪魔的な妖しさが顔を覗かせていきます。そして意外な、意外なかたちで待ち受ける、狂気に染まったラストをご堪能下さい(ちょっと煽ってみたくなる位には意外でした。)

これだけ多国籍な音楽性を曲ごとにアピールしつつも、メタルでスウィング、オペラちっくにオーケストラな部分はきっちりベースに敷かれています。曲によっては次の曲の要素をチラリとフライングさせていたり、アルバムとしての流れも実は周到に練り込まれていたりもして。キワモノ感全開な割には、何とも言えない聞き易さと人懐っこさがあります。

とびきりオシャレに、そしてとびきり怪しく。ええ、そうですとも。
悪魔の躍動管弦楽団、今宵も絶好調でございます。

【for fan of what ?】
何はともあれ、「ヘンな音楽」が好きなら一度触れてみて頂きたい。Mr. BungleとかSerj Tankianソロ辺りのファンは何かしら引っ掛かりそうです。男女ツインVo.でアヴァンギャルド・・・この手の音楽ではUnexpectPin-Up Went Downが思い浮かびますが、今作の人懐っこさはこれらのバンドとは完全に別ベクトルです。Unexpectは、先日の新譜でも順調にメタル然としてましたし。
あとはチャロやヴァイオリンとギターのユニゾンリフが楽しめるので、Apocalypticaが好きな方であれば要所要所でニヤリとできるかも。

ちなみに、前作「Sing-Along Songs for the Damned & Delirious」は、「メタル×スウィング×オペラ」のちゃんぽんが楽しめる、かなりバンドの名が体を表す一枚でしたが、そこから幅広く、ある意味キャッチーな変化を遂げています。キワモノ感が薄れた様な部分は、少し評価の分かれる所かもしれません。メタル感も相対的に薄くなってます。

・・・そして筆者、今回の文章を書くために、各曲の元ネタと思われるワールドミュージックを特定すべく色々調べるハメになりました。間違ってるかもしれないので、正解が別にあれば教えて頂ければと思います・・・!
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Diablo Swing Orchestra ♪「Pandora's Pinata」]の続きを読む

Adimiron ♪「K2」

2012年06月17日 17:00

adimiron-k2-2011.jpg
【Artist】Adimiron >facebook<
【Title】K2
【Rate】9/10

Avantgard / Metal / Progressive

イタリア南部ブリンディジで活動するプログレメタル4人組による、2011年発表の3rdフルアルバムです。

シタールの音と怪しいコーラスで始まる#1「Oriens」で幕を開ける今作。この曲の他にもインド音楽の要素が目立たないながら忍び込み、オリエンタルな香りを漂わせたメロディーが随所に織り込まれている。そんな中でグルーヴと違和感がガツガツと畳み掛ける複雑なリズムが中心に据えられ、ヘヴィなリフと、グロウルとはまた違うドスの効いたヴォーカルが攻める。重厚でダークな、分厚い攻撃性に満ちています。

イントロから変拍子大炸裂な#2「Where Nothing Changes」、リズムの妙が威圧感を増幅させるスラッシュナンバー#9「Servant's Poem」、休符を際立たせたマッドなイントロが光る#5「The Whisperer」など、素直にヘドバン出来ないリフが目白押し。
カナダ産スラッシュAnnihilatorのVo.Dave Padden氏がゲスト参加した#4「Passenger」はバラードな、歌メロがメインとなった曲。後半はバスドラが敷き詰められ音圧を増していきますが、アンニュイな叙情性が漂う曲になっています。

マスメタルならではの、早くも遅くも無い淡々としたテンポ。演奏の緩急とリフの圧力が単調さを感じさせず、疾走感とはまた違う無感情な威圧感が堪能できる逸品です。不穏さと憂いに満ちたメロディーにもじわりとした魅力があり、テクニカルな中でも難解になり過ぎない聴き易さは特筆もの。

【for fan of what ?】
ヴォーカルの雰囲気からHacrideを連想します。凝ったリズムやヘヴィネスの方向性などファン層は合いそうです。
エモーショナルなパートやオリエンタルなメロディーを聴けばKarnivoolDamnation/Deliverance期のOpethも想わせてくれます(アコギこそ無いですが)。
The Oceanなどのダークなプログレッシヴメタルをお探しのあなたは是非御一聴を。メタルコアよりもスラッシュが好みなDjentlemenにも。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Adimiron ♪「K2」]の続きを読む

「あなた、ジャズメタルはお好き?」

2012年06月16日 03:30

・・・そんな事誰が訊くかって言う話ですけどね。
いやしかし!ジャズジャズメタメタした音楽に触れる機会が最近多くて嬉しい限りですホント。
そう言えば以前、「ジャズ聴いてみてよ、好きになるから」的な事を言われたことがありましたが・・・先にこっちに流れちゃった・・・。本場ジャズは後追いになってます。
そんなこんなで、

☆Trepalium >facebook<
【 Death-Metal 】

フランス出身の5人組。youtubeの関連動画でインパクト大なジャケ絵を発見したので思わずポチリしたらですよ。
“ Usual Crap”

ファンキーに跳ねるリズムが小気味良いグルーヴィーなメタル・・・と思いきやさらにジャズいひと時もおまけ付きという!Infectious Groovesに近いノリだけでもワクワクしてしまうだけにこれはアツい。がっつりデスいヴォーカルも無視できない。
なにやらこの曲、ドラムパフォーマンスの動画もあります。ジャンルを軽々と渡っていく手さばきに惚れる。
ちなみにこの作品「XIII」は2009年作の3rdアルバムとのこと。Amazon探しても1st・2ndしか無かった・・・。
さらっと試聴した所、このファンキー路線に絞っているようではなさそう。新譜「H.N.P (HEIC NOENUM PAX)」が先日6/8に発売、とのことですが、試聴してみたらDjentぽい曲からやはりファンキーな曲まで色々でした。やりたい放題でした。ありがとうございます!!
調べれば調べる程ジャズメタルどころでは無かったと言う。謎ジャンルおいしいです!

☆Ephel Duath >myspace<
【 Experimental 】

お次はイタリア出身の4人組です。まずは2003年作の3rdより「The Passage」のPVを。

30秒たっぷりともったいつけて、ベースのささやかなイントロからの、
カオティックハードコアばりの音圧・・・!
ジャズ、しかもかなりオシャレ方面なクリーンサウンドと血管ブチ切れなハードコアサウンドがないまぜになったカオスっぷり。
結成は1998年という結構なベテランぷりでして、ジャズ×メタル/ハードコアの融合を継続して追求している模様・・・。メンバーチェンジも流石にというか、多いみたいです。from wikipedia。
そして奇しくもですが、彼らも新譜予定あります。
通算6作目!On Death & Cosmos7/3発売予定ですってまぁ!楽しみですって言うか財布はもう許してくれそうにありません。

☆Jules Julio Martinez >facebook<
【 Metal / Progressive / Fusion 】

そして今度はギタリストです。フランスのお方。(最近やたらとフランスのメタル紹介してる気がするが如何か)
まだちゃんとリリースしてない様なんですが、ストリームで一通り聴ける感じにはなってます。

敢えて言いましょう。Cynicの「Traced In Air」をかなり彷彿とさせます。スペイシーでサイケデリックなふわふわ感、細かく刻むテクニカルな単音リフ、エモーショナルでいて加工の効いたヴォコーダーヴォイス。なんというか、最高です・・・!
全体的にはよりコンパクトな曲がメインで聞き易さもアリ。
大体あの手のバンドなんてフォロワーになろうと思ってなれるもんじゃないですし、本家Cynicはまた別次元に旅立とうとしてますし、大期待です。ていうかこれ全部一人で作ったとか正気の沙汰じゃないぜ・・・!
ダイジェスト版のPVもありますよー↓


ちなみに彼はバンドのメンバーとしても活動中です。DYSMORPHICCONVULSIVE DISORDER。しかし前者はゴリゴリブルータルなテクデスで、後者はグラインドコアっす。割と方向性が違います。(だからこそソロで何かしようとしてるんでしょうけれども)

Rage Against The Machine ♪「Evil Empire」【before the web logged me. No.2/20】

2012年06月09日 00:00

ratmEE.jpg
【Artist】Rage Against The Machine >official<
【Title】Evil Empire

Rock / Rap / Other

時はさかのぼり2003年。高校では何の脈絡も無くしかし速やかにギター部の扉を叩き、「じゃぁとりあえず、何か弾いてみたい曲とかある?」「・・・いえ、特に無いです」というかなり迷惑な単身入部をしたりなんかしちゃったりして、じゃんじゃかとフォークギターを弾いていた私が居ました。高2。
その頃聴いていた曲はゆずとか19とか唄人羽とか。aiko以外はほとんどレンタルからのMD録音だったので、現在は手持ちの音源がほとんどなくすっかりごぶさたです。改めて買うほどの情熱は今のところないのですが、当時少し弾けるようになったギターでじゃかじゃかっとやった時、「自分よりも凄い何かが、音として自分の手を通じて出てる」という感覚に酷く感動した思い出があります。
で、当時私は非常に申し訳ない感じで失恋しており、さしあたっては勉強に生きようと言う流れになっていました。英語とか、がんばらなくちゃ。
そこで目を付けたのが音楽。何が良いか。ちょっと前、お年玉をフンパツしてついに買ったエレキギターもイマイチ持て余してるし、ロックとかがいい。そうだ、何かかっこいいものが良い。私はTUTAYAにぽてぽてと歩いていき、あるCDをレンタルします。
それは映画「The Matrix」のサウンドトラック。一作目の奴です。まぁそこから後は言わずもがな。片っ端からアーティストをメモり、レンタルしていきます。で、こちらに関しては随時CDでも買い揃えて行くことになります。
そんなこんなで、あの一枚が私の音楽趣味を一瞬で激しく染め上げることになりました。そのうちのひとつが、彼らRATMと言う訳です。

さぁ前置きはこの辺にしておきましょうか。
「Evil Empire」は2ndアルバムで、1996年作です。最もリフにしろラップにしろとにかく威圧感が凄まじく、“ジャンルのぶつかり合い”という表現がぴったりな1st、そして最もトム・モレロのギターが奔放に暴れまくり謎ジャンル感が際立つ3rd。今作はその間にある、最もファンキーで、ザック・デ・ラ・ロッチャのHIPHOP的魅力が溢れた一枚、と私は捉えています。一番沢山聴いたのは3rdですが、事あるごとに良く聴くのは不思議と2ndだったりします。あくまでも比較的に、ですが。

さて先日Youtubeにて、Sumerian Records所属のハードコアバンドStray From The Pathによるカヴァー音源があがっているのを知りました。
“Stray From The Path - Vietnow (Rage Against The Machine Cover)”

彼らは思想面を含めてRATMからの影響を公言しています。オリジナルもアツいので要チェックです。
私がこの音を聴いて思ったのは「確かに、こう聴こえていた。」です。
原曲のざりざりノイジーなリフと淡々としたリズム隊、余裕たっぷりにまくしたてるラップ。私はその向こう側に、グロウルを超える叫びとメタルコアを超える音圧を確かに感じていました。だから何だという感じではあるのですが、それでも、そうだったのです。私が「Vietnow」を口ずさむ時は必ず、小さな声でも掠れた叫び声です。

音の隙間が多い今作です。しかしその隙間には彼らに一貫するエネルギーがこれでもかと詰まっていて、絶えず溢れている様に思います。その「行間の威圧感」が、未だに今作を聴いてしまう原因かもしれません。

スペイシーな効果音もどきの長い演奏がイントロに入り、切々としたパートからのヘヴィなサビで爆発する振れ幅が凄まじい#4「Revolver」や、スクラッチに似せたギターソロなどHIPHOPを連想する音を随所に見せ、要所要所のグランジ臭いコード弾きがアクセント抜群の#7「Down Rodeo」などなど、捉え所が無く妙な存在感のある変化球が多い曲が今作では多く思う。3rdでは、もう少し確信犯的と言うか、アクセントに分かり易さがある様な気がする。
キンキンと耳にうるさいイントロで開幕し、ひとつのリフを延々ゴリ押しする中でラップが冴える#11「Year Of Tha Boomerang」も存在感がある。ぐっと盛り上がった後で何食わぬ顔でリセット、歌詞をまるごと繰り返すのは個人的には地味に衝撃だった。

政治的メッセージにも触れ、私はハードボイルドな生き方を、彼らを通して知る事になります。結果、何か頑固さに拍車がかかった様な気がします。彼らの音楽を聴いて以降、私の中で「かっこいい」という言葉に大きく意味が与えられる事になりました。私の中における「かっこいい」という言葉は、壮大な哲学です。きっと。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Rage Against The Machine ♪「Evil Empire」【before the web logged me. No.2/20】]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。