スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Riverside♪「Anno Domini High Definition 」

2010年04月07日 03:13

Anno Domini High Definition(2009)
【Artist】Riverside(♪:myspace
【Title】Anno Domini High Definition
【Rate】9/10

Alternative / Progressive / Rock

ポーランドの幽玄プログレハードロック、Riversideの4th。2009年発表です。

ハードロックの持つ有機的な威圧感、プログレッシブロックの持つスケール感、オルタナティブロックの持つ分かり易さ・・・色んな要素が一緒になった逸品。

5曲:45分弱・・・と言う事で、どの曲も聴けば聴くほど味が出ると言った風情。ピアノの静かなイントロから一転、グラマラスなHRへと展開していくM1「Hyperactive」、全編にわたってVo.の妖しさを堪能できるM4「Left Out」等々・・・正直、まだ聴き込み切れてないというか・・・中々に底の見えないスルメ盤です。

【for fan of what ?】
Riversideの作品で私が他に所持しているのはOut Of Myself(1st)」なんですが、そちらに比べ全体的に激しさを増しています。
今作では全体的な魅力はそのままに、ハードロックとしてのストレートな力強さをかなり押し出した印象。逆に、静かに燃える様なエネルギーは目立たないので、1st好きな方にとっては賛否両論の様子。
随所に敷き詰められたKey.のフレーズが、1stにない目立ち方をしてます。私はここを指して「ハードロックだ!」と言っている訳ですが、部分的にはかなりメタリックなリフも登場してます。「メタルだ!」と言う人も多そう。

他バンドで言うと、Pain of SalvationPorcupine TreeOpeth辺りの、影のあるディストーションを求める方にお勧めです。

【here is the sound !】
↓営業中・・・。
スポンサーサイト

Exotic Animal Petting Zoo♪「I Have Made My Bed in Darkness」

2010年04月02日 02:14

I Have Made My Bed in Darkness(2008)
【Artist】Exotic Animal Petting Zoo (myspace:♪♪♪
【Title】I Have Made My Bed in Darkness
【Rate】9/10

Experimental / Shoegaze / Metal

ポストハードコアから片足を踏み外してしまった、カオティックな攻撃力が魅力のExotic Animal Petting Zooデビュー作。2008年発表です。

軸になってくる音楽性は、テクニカルスラッシュと浮遊感のあるフュージョンのクロスオーバー・・・とは言え、一曲の中に複数の音楽性を同居させるのはもはやカオス勢のお家芸。他の音楽要素も含め、雑食性豊かに目まぐるしく展開していきます。
Vo.に割とクセが無く、実は歌メロ主体なのもおいしい。カオス系統だと珍しいスタイルの様な気もします。

M8「a) Translations」がお気に入り。単音リフからファンク、シューゲイズ、そしてメタルコアへと、緊張感のある展開がアツい。パートの繋ぎ目がスムーズで、あれよあれよと移り変わっていきます。

【for fan of what ?】
The Number Twelve Looks Like Youの様な、雑食カオスの合間にパンキッシュな一面を見せる様なハードコアが好きなら、一聴の価値ありです。The Fall Of Troyを重た目にした感じともとれるか。

【here is the sound !】
↓私はタワレコの回し者です(営業)

Serj Tankian♪「Elect The Dead」

2010年04月02日 02:11

Elect The Dead(2007)
【Artist】Serj Tankian (myspace:☆☆☆
【Title】Elect The Dead
【Rate】8/10

Rock / Experimental / Other

System Of A DownのVo.でおなじみSerj Tankian氏の、2007年発表ソロ作。

人を食ったようなヘンテコなヴォーカルスタイルは相変わらず堪能できますが、楽器担当もほとんど彼自身であり、聴いた時の印象はやはり似て非なる者に仕上がってます。
メタルと言うよりは、ディストーションの効いたロックと言った風情。ピアノやアコギが要所要所で目立ち、奇をてらった曲展開もほとんど無い。

そしてアングラ臭がぐっと抑えられた代わりに、歌メロの存在感が際立ってます。ストレートで堂々とした演奏に乗るSerj節に、じっくりと腰を据えて浸りたい逸品。

今作では珍しく急展開なサビにニヤリとするM3「Money」、呪術的な怪しさ満載のM10「Praise The Lord And Pass The Ammunition」、SOADに近い楽しみ方の出来るキラーチューンM2「The Unthinking Majority」辺りがお気に入り。

【for fan of what ?】
メタリックな質感は抑えめなので、Hypnotizeのタイトル曲、Toxicityの“Aerials”等の様な曲に近い印象。あるいはコンピレーション作Axis Of Justice収録の曲に、もう少しHR/HM的な攻撃力を足した感じだろうか。

【here is the sound !】
↓私はタワレコの回し者です!(営業)

downy♪「無題」

2010年04月02日 02:06

無題(2004)
【Artist】downy (myspace:×××)
【Title】無題
【Rate】9/10

Alternative / Post-rock / Shoegaze

日本のポストロックバンドdownyの4th。秘密基地みたいな船のシルエットが目印です。2004年発表で、今作を最後に活動休止してしまいました。

シューゲイズ的なギター、手数の多いジャジーなドラム、うねるベース。それらが混然一体となった音像は音の輪郭を潰した様で、とてもノイジーな質感。しかし輪郭を失ってなお、迫り来るような強く大きい存在感を持っています。
そのスコールに似た高圧力な音の中で、ふわふわとしたハイトーンVo.がさらに異彩を放つ。歌詞のほとんどが日本語なのが信じがたい程、発音が英語的。独特の鋭さを感じる歌詞の世界観も相まって、和紙に書かれた草書の様な不穏な緊張感を感じさせてくれます。
作品ごとに作風が大きく変わるとのことですが、今作は全体的にかなり攻撃的で、ハードコアの一面が強く感じられました。

サックスの渋い旋律が見え隠れするM1「弌 (イツ)」、ドラムとベースを軸に展開する、緊張感たっぷりなM7「木蓮」が特にお気に入り。

【for fan of what ?】
メンバーが現在在籍しているバンドとして、Fresh!の激しい演奏にやられた人や、Dhalを聴いてVo.に惚れた人は必聴です。

【here is the sound !】
youtubeにて↓
[downy♪「無題」]の続きを読む

Alarum♪「Eventuality」

2010年04月02日 02:01

Eventuality(2004)
【Artist】Alarum (myspace:☆☆☆
【Title】Eventuality
【Rate】7/10

Metal / Progressive / Thrash

オーストラリア産テクニカルメタルAlarumの2004年発表2ndです。
目まぐるしい展開により先がまったく読めず、スラッシュリフの疾走感もかなり高い。ほとんどの曲が3分前後で、超展開を凝縮した、ついていくのがやっとの忙しなさです。
そしてこのバンドのキモはクリーントーン。透明感のあるフレーズがリフにがっつり絡んできます。異質な2つの要素を同居させた音像は、聴き込むほどの奥深さ。

M1「Velocity」のイントロやM8「Throughout the Moment」など、アコギを目立たせた渋い世界観が見え隠れするのもアツいです。


吐き捨て型Vo.(エフェクトボイスもあるよ!)や急展開の連続などなど、個人的には聴き時を選ぶ要素が多い。ただ、飽きの来ない奥深さも無視できないのです。
【for fan of what ?】
Cynic、Atheist、Martyr辺りの、ジャジーでテクニカルなスラッシュを好む方はゼヒゼヒ。

【here is the sound !】
↓営業中・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。