スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whitechapel ♪「Whitechapel」

2012年07月26日 02:46

Whitechapel-Whitechapel-2012-cover.jpg
【Artist】Whitechapel >facebook<
【Title】Whitechapel
【Rate】10/10

【 DeathMetal / Hardcore / Metal

トリプルギターを擁する、アメリカはテネシー州出身のデスコア6人組による、2012年発表の4thにしてセルフタイトル作。
一聴すれば、地を這う様な重低音スラッシュリフと凄味十分のヴォーカルが全編を貫く“正にデスコア”な佇まい。ざらりとした輪郭のサウンドも相まって、無骨で重厚な威圧感に満ちています。しかしその実、演奏はかなりタイトでテクニカル。低音メロデスとも言えるギターの絡みや複雑なリズムを駆使したフレーズも要所で差し込まれ、知的な面もちらちらと顔を覗かせています。

静かにピアノから幕を開けるも、一気にそしてガンガンとボルテージを上げていく#1「Make It Bleed」から気合全開。オリエンタルなフレーズが挟まれるパートでの、すっと音圧が引く瞬間も良いアクセント。そして続く#2「Hate Creation」が圧倒的。イントロで繰り出される奇妙なリズムのリフに始まり、全編を貫く密教的な怪しさ、忙しなく吐き捨てるヴォーカルと前のめりに刻まれるギターで畳み掛ける後半など、今作中でも一際目立つ白眉の一曲。
緊張感のある曲展開も去ることながら、スラッシーに突進しながらもタメのあるリフが独特な#7「Dead Silence」や始終ポリリズミックで淡々と迫ってくる様な#10「Possibilities of an Impossible Existence」など、本作では随所に凝ったリズムが登場し、勢い一辺倒にはならないグルーヴィな側面が印象的でもあります。
#10のラストで流れるピアノは#1のイントロと同じ。哀愁漂う旋律と共にふわりとループするのもニクい子ネタといった所。

デスコアの荒々しさをアピールしつつもテクニカルな面を絶妙にブレンドさせる手腕は見事。錆付いた歯車と古びた革を想わせるジャケットアートの通り、粗暴な力強さの中にメカニカルな無機質さをじわりと滲ませた逸品です。

【for fan of what ?】
#2を聴いて、どうしようもなくMeshuggahのObZen一曲目「Combustion」を想起してしまった私。全体的にも突進力のバランス辺りObZenと近く、併せて聴きたい感じに仕上がってると思いました。そこかしこでDjentを彷彿とさせるグルーヴィーなスラッシュリフをぶち込んできたりもしますし。
後はyoutubeのコメントでチラっと見て成程と思ったんですが、Slipknotのファン(特にIOWAが好きな方)にも是非聴いて頂きたい感じです。あそこまで混沌とはせず比較的整ったサウンドではありますが、リフの方向性とか、後はヴォーカルの雰囲気とか部分的に。ぐっと来ると思うんですよね。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Whitechapel ♪「Whitechapel」]の続きを読む
スポンサーサイト

Wild Orchid Children ♪「The Wild Orchid Children Are Alexander Supertramp」

2011年03月05日 00:00

24-wildosupertramp.jpg
【Artist】Wild Orchid Children >myspace<
【Title】The Wild Orchid Children Are Alexander Supertramp
【Rate】7/10

Blues / Breakbeat / Jungle

サイケデリックでハードコア・・・?酩酊と緊迫の混在する、不可思議極まり無い空間へご招待。

良質インディーロックレーベルEqual Visionが擁するサイケロック5人組Wild Orchid Childrenの、2010年1stです。

音数の少ないインストが随所で目立ち、もやもやとした「溜め」を軸にする曲展開。ギターは気だるげブルージーなフレーズを駆使し、そこかしこでクダを巻いている。
そんな中で異質に響き渡るのが、ラップに片足突っ込んだようなVo.スタイル。ひゅんひゅんと投げ込まれるハイトーンが独特な緊張感を生み出します。
キーボードが組み立てるリフがハードロック然としている割に、超絶スペイシーで反響しまくりなエフェクトがギターをヴォーカルをかき回すので、硬質な印象など僅かな物です。#2「Black Shiny FBI Shoes」から早速顕著で、18分半のほとんどを焦らすようなインストパートで埋めてくるHONKI過ぎる一曲。ラスト一分、シャウトなパートのあっけないことといったら・・・!やはり長いインストを挟みつつも、始終ハイテンションな#7「Birth Of A Cabin」の様な曲も。お祭り騒ぎなパーカッションで幕を開け、まくしたてるボーカルとギターの絡みにニヤリとします。

浮世離れしそうでいて妙に泥臭いサウンドは、とっつきにくくもクセになる魅力。
【for fan of what ?】
Omar Rodriguez-Lopezのソロ作品をちょっと分かりやすくしてDeep Purpleを混ぜてみて、さらにRage Against The MachineのVo.を入れてみました、みたいな様相を呈する彼ら。o(聴き比べるとそれほどでもなかったんですが、どことなくVo.の感触が3rd時代のザックを思わせます・・・)
流石はEqual Vision所属バンド。一筋縄ではいきません。

ちなみにさっきジャケ観たら、「All Sound Made With Guitar,Keys,Drums and Vocals」とか書いてました。RATMの作品で見慣れた言い回し・・・。ていうかBassが見当たらないし、5人中3人がパーカッション(うち2人は兼任)だしで、つっこみ所が満載です。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Wild Orchid Children ♪「The Wild Orchid Children Are Alexander Supertramp」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。