スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Reign Of Kindo ♪「Play With Fire」

2013年09月12日 00:32

TROKfire.jpg
【Artist】The Reign Of Kindo >facebook<
【Title】Play With Fire
【Rate】9/10

Indie / Jazz / Progressive

極上のメロディーでジャズとロックをブレンドするThe Reign Of Kindoの新しい贈り物。前作「This Is What Happens」より、メンバーチェンジとクリスマスEPを経た2013年発の3rdフルアルバムです。

#1「The Hero,The Saint.The Tyrant & The Terrorist」の冒頭、何よりも先ず心に届いたのは、音の立体感。一つ一つ大切に積んでいくようなアンサンブルが印象に残る。目を瞑って聴けば、まず真ん中にピアノと歌声、その右隣からサックスがふわんと寄り添い、左にはマスカラの小刻みなリズム…アルバムタイトルに違わず、肌寒い中でたき火にあたるような、暖かくしかしひりひりとした熱気が伝わってくる。

さて、彼らのサウンドといえば、優しく降り注ぐようなピアノの旋律と歌声、そしてそこにロックのカシリとしたビートが合わさる”叙情のピアノロック”といった風情であった。今作でもその特徴は発揮されており、上品で密やかなベースラインが中核を担う#2「Help It」では要所のピアノが曲のメリハリを際だたせ、#6「Don't Haze Me」の霧雨のようなイントロには、美しさについつい目を細めてしまう。
一方で、今作はピアノ以外の要素がかなり強まっている印象でもある。例えばボサノヴァやサンバを彼ら流に料理した、リゾート!な明るさに満ちた#5「Impossible World」を始め、その他レゲエを巻き込んだ#8「Make A Sound」など、少し変化球なダンスチューンが作中にさりげなく紛れ込んでいる。アルバムを通した賑やかな彩りを印象づけると同時に、「ピアノロック」「ジャズロック」に囚われない演出がニクい。
ちなみに、ファンキーなノリの良さがワクワク感を誘う#11はタイトルが既に「I Hate Music」。流行の歌なんてキライだと断ずる、余りにも明快で挑戦的な内容だったり。歌詞世界の意外な暗さも健在。

今作を通して聴いたとき強く印象に残るのは、様々な音楽を積極的に取り込む、ポップミュージック的なフットワークの軽さ。そしてそこにしっかりと息づく、複数ジャンルを掛け合わせるクロスオーヴァー/プログレッシヴミュージックとしての探求心。
本当に多くのこだわりを内包しつつも、バンド:The Reign Of Kindoとしての芯を失わずしっかりとした存在感を持った、渾身の一枚。

【for fan of what ?】
前アルバムからはピアノのメンバーが変わっている。前作における凄まじいまでのピアノの存在感と比較すると今作はかなりピアノがおとなしくなっており、メンバーチェンジと関係がありそうで邪推してしまう所でもあったり。もっとも、聴き比べる分には作品毎のカラーの違いとして素直に双方楽しめるもので、嬉しい変化、と言っておきたい所。ピアノにフォーカスすると、Chick Coreaを連想する軽やかさが増したように感じる。
ピアノの綺麗なジャズロックとして一緒にオススメしたいのはParachute Musical辺り。ただ、前編にわたるステキ溢れる歌のメロディーセンスを前にしてしまうと・・・「優しい歌の好きなすべての人に!」と声高に宣言してしまいましょうウフフ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[The Reign Of Kindo ♪「Play With Fire」]の続きを読む
スポンサーサイト

Rammstein ♪「Live Aus Berlin」【before the web logged me. No.4/20】

2013年04月14日 00:00

before the web logged me.
「ブログの前に」と題しまして、ちょっとシリーズ物の企画をやってたんですが、No.3まで書いてから更新を盛大にすっとばしてました。そろそろ再開しようかなとぼんやり。
私が本格的に音楽を聴くようになった2000年から、
このブログが本格始動する前、2010年位までのベスト20です。


Live+aus+Berlin+albumliveausberlin.jpg
【Artist】Rammstein >facebook<
【Title】Live Aus Berlin
(リンク先はCDですが、関連商品にDVDもありますー

Industrial / Tanz-Metal 】
映画「The Matrix」のサウンドトラックを通じて知ったバンドそのさんです。他にも気に入ったバンドは居ますが、本シリーズで採り上げるのはこれで全部です。
さて、前回に引き続き、高三時代の筆者にご登場願いましょう。\10年前かよ/\若ぇよ/
・・・
Rammstein。ある街の名前を元にしたバンド名であり、今作でも演奏されている#12「Rammstein」で、元ネタを示唆しています。この曲に限らず、彼らは世のショッキングな事件をモチーフにした曲を複数書いています(4th「Reise, Reise」収録の「Mein Teil」などが有名でしょうか)。そして、母国語であるドイツ語歌詞のまま、世界的な知名度を得たバンドとしても知られます。当時ドイツのバンドが世界デビューする時は歌詞を英語に書き換えて、という暗黙の了解があった様です。・・・今でも変わらないですね。英語圏に売り出す時は英語にする。それを不自然と捉え、自分たちの曲は自分たちの言葉で、といった気概で活動を貫く姿勢もまた魅力的であります。実際、4th収録の「Los」等は、ドイツ語流の言葉遊びが仕込まれた歌詞。彼らならではのセンスが光ります。

そして散々4thの話をしておいて恐縮ですが、今回ご紹介は初期のライブ盤。本ブログには珍しく、ライブ盤です。デビュー作「Herzeleid」、2nd「Sehnsucht(邦題"渇望")」に続いてリリースされた1999年の作品。調べてみると同タイトルの国内盤もリリースされていた様ですが、筆者が購入したの輸入盤です。
今でこそマイナー好みの影響で輸入盤を追いかけてばかりですが、当時は積極的に国内盤を選んでいました。あの頃の輸入盤は国内盤と大差ない値段でしたし(今の輸入盤はホント安いです)、ライナーノーツ読むのとか、対訳にケチつけるのとかも好きでした。いや、今でも好きですけども。少なくとも自分でブログやって解説風な何かをやり始める位には。

おっさんな懐古はその辺にしておきつつ。

開幕いきなりの破裂音で始まる今作。「炎のインダストリアルメタル」として名を馳せた彼らの十八番であるライブでの花火パフォーマンス。歓声に混ざって、火薬の破裂する音がアルバム内で随所に響きます。淡々と刻むギターと寒々しいシンセ、「あそびましょ、あそびましょ」とダークに繰り返すヴォーカルが妖しい#1「Spiel Mit Mir」に始まり、シューゲイザーを想起するギターと優しいアルペジオが混ざる、子守唄のような#15「Seemann」まで、1stと2ndからのベストといった風情の選曲で80分弱ガッツリと収録されています。

サウンド面に於いて、1stは現在にも通じるシンプルかつフックの効いたリフで攻めるヘヴィな一枚、2ndはぐっとシンセサウンドを強化しエレクトロ方面へアプローチした一枚、といった風情です。オペラちっくで大仰な作風は3rd「Mutter」以降に強くなってきた印象であり、この頃はなんというか「ひたすらやたらに低音」というイメージが強いような。ズンズンとハラに来るリフはもちろん、特にヴォーカルのスタイルでそれは目立ち、#9「Du Hast」とかやたらひっくいです。ダンサブルな高音シンセサウンドですら低音を引き立たせるアクセントの様で。#11「Engel」のイントロの口笛じみたサンプリングなどで顕著ですが、ミスマッチ感を際立たせたキワいシンセ使いはこの頃特有の魅力であり、今回聴き返して改めて「彼らも音楽性を徐々に変えてきたんだなぁ」等とぼんやり思いました。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Rammstein ♪「Live Aus Berlin」【before the web logged me. No.4/20】]の続きを読む

Rage Against The Machine ♪「Evil Empire」【before the web logged me. No.2/20】

2012年06月09日 00:00

ratmEE.jpg
【Artist】Rage Against The Machine >official<
【Title】Evil Empire

Rock / Rap / Other

時はさかのぼり2003年。高校では何の脈絡も無くしかし速やかにギター部の扉を叩き、「じゃぁとりあえず、何か弾いてみたい曲とかある?」「・・・いえ、特に無いです」というかなり迷惑な単身入部をしたりなんかしちゃったりして、じゃんじゃかとフォークギターを弾いていた私が居ました。高2。
その頃聴いていた曲はゆずとか19とか唄人羽とか。aiko以外はほとんどレンタルからのMD録音だったので、現在は手持ちの音源がほとんどなくすっかりごぶさたです。改めて買うほどの情熱は今のところないのですが、当時少し弾けるようになったギターでじゃかじゃかっとやった時、「自分よりも凄い何かが、音として自分の手を通じて出てる」という感覚に酷く感動した思い出があります。
で、当時私は非常に申し訳ない感じで失恋しており、さしあたっては勉強に生きようと言う流れになっていました。英語とか、がんばらなくちゃ。
そこで目を付けたのが音楽。何が良いか。ちょっと前、お年玉をフンパツしてついに買ったエレキギターもイマイチ持て余してるし、ロックとかがいい。そうだ、何かかっこいいものが良い。私はTUTAYAにぽてぽてと歩いていき、あるCDをレンタルします。
それは映画「The Matrix」のサウンドトラック。一作目の奴です。まぁそこから後は言わずもがな。片っ端からアーティストをメモり、レンタルしていきます。で、こちらに関しては随時CDでも買い揃えて行くことになります。
そんなこんなで、あの一枚が私の音楽趣味を一瞬で激しく染め上げることになりました。そのうちのひとつが、彼らRATMと言う訳です。

さぁ前置きはこの辺にしておきましょうか。
「Evil Empire」は2ndアルバムで、1996年作です。最もリフにしろラップにしろとにかく威圧感が凄まじく、“ジャンルのぶつかり合い”という表現がぴったりな1st、そして最もトム・モレロのギターが奔放に暴れまくり謎ジャンル感が際立つ3rd。今作はその間にある、最もファンキーで、ザック・デ・ラ・ロッチャのHIPHOP的魅力が溢れた一枚、と私は捉えています。一番沢山聴いたのは3rdですが、事あるごとに良く聴くのは不思議と2ndだったりします。あくまでも比較的に、ですが。

さて先日Youtubeにて、Sumerian Records所属のハードコアバンドStray From The Pathによるカヴァー音源があがっているのを知りました。
“Stray From The Path - Vietnow (Rage Against The Machine Cover)”

彼らは思想面を含めてRATMからの影響を公言しています。オリジナルもアツいので要チェックです。
私がこの音を聴いて思ったのは「確かに、こう聴こえていた。」です。
原曲のざりざりノイジーなリフと淡々としたリズム隊、余裕たっぷりにまくしたてるラップ。私はその向こう側に、グロウルを超える叫びとメタルコアを超える音圧を確かに感じていました。だから何だという感じではあるのですが、それでも、そうだったのです。私が「Vietnow」を口ずさむ時は必ず、小さな声でも掠れた叫び声です。

音の隙間が多い今作です。しかしその隙間には彼らに一貫するエネルギーがこれでもかと詰まっていて、絶えず溢れている様に思います。その「行間の威圧感」が、未だに今作を聴いてしまう原因かもしれません。

スペイシーな効果音もどきの長い演奏がイントロに入り、切々としたパートからのヘヴィなサビで爆発する振れ幅が凄まじい#4「Revolver」や、スクラッチに似せたギターソロなどHIPHOPを連想する音を随所に見せ、要所要所のグランジ臭いコード弾きがアクセント抜群の#7「Down Rodeo」などなど、捉え所が無く妙な存在感のある変化球が多い曲が今作では多く思う。3rdでは、もう少し確信犯的と言うか、アクセントに分かり易さがある様な気がする。
キンキンと耳にうるさいイントロで開幕し、ひとつのリフを延々ゴリ押しする中でラップが冴える#11「Year Of Tha Boomerang」も存在感がある。ぐっと盛り上がった後で何食わぬ顔でリセット、歌詞をまるごと繰り返すのは個人的には地味に衝撃だった。

政治的メッセージにも触れ、私はハードボイルドな生き方を、彼らを通して知る事になります。結果、何か頑固さに拍車がかかった様な気がします。彼らの音楽を聴いて以降、私の中で「かっこいい」という言葉に大きく意味が与えられる事になりました。私の中における「かっこいい」という言葉は、壮大な哲学です。きっと。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Rage Against The Machine ♪「Evil Empire」【before the web logged me. No.2/20】]の続きを読む

Reflux ♪「The Illusion Of Democracy」

2011年02月04日 00:00

reflux_illusion.jpg
【Artist】Reflux  >myspace<
【Title】The Illusion of Democracy
【Rate】9/10

Hardcore / Metal / Progressive

後にソロプロジェクトAnimals As Leadersを始動させる8弦ギタリスト:Tosin Abasi氏が在籍していた、カオス気味テクニカルメタルRefluxの唯一リリースされたアルバム。2004年作。既にバンドは解散している様です。。

スラッシュリフが噛みついてくるように襲い掛かり、滅茶苦茶に速いタッピング・スウィープも駆使し音域広く暴れまわるギター。
荒々しいメタルコアな叫びを中心に、時に演説の様に訴えかけ、時にエモーショナルな歌い上げるヴォーカル。
変拍子にリズムチェンジ、曲によってはラテン臭、マーチングも連想させる、幅広いドラムの存在感。矢継ぎ早にリフが詰め込まれ、アドレナリン全開で攻めまくり。さらには、要所要所で透明感のあるフュージョン・ジャズなひと時も乱入し、緩急と違和感をまき散らす。

超速タッピングリフが敷き詰められ、緊張感たっぷりに展開する#2「Thoughts Dictate Reality」、僅かに挟まれる叙情のサビメロもアツい。滑らかなギターサウンドに一貫するインストナンバー#6「-=[*]=-」(記号なのに曲名とはこれ如何に。)も、タイトなドラムの成せる業か、妙に威圧感を感じさせる一曲。
疾走感全開で始まり、随所に叙情性を散りばめながらもアグレッシヴに展開していく#11「Modern Day Babylon」は、正にラストトラックに相応しい貫禄。

粗暴な音像に似つかわしくない、テクニカルで流麗なフレーズが独特な空気を生んでいる。前衛スラッシュとして無視できない逸品。
【for fan of what ?】
当然の事ながら、ギタリスト繋がりでAnimals As Leadersのファンは要チェックです。より前のめりな凶暴ハードコアサウンドが、コチラでは堪能できます。
そしてCynicAtheistの様な、フュージョンを消化したメタルに興味のある方はゼヒ。日本勢ではArbusを引き合いに出したい。彼らに比べれば、まとまりのあるサウンドですが。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Reflux ♪「The Illusion Of Democracy」]の続きを読む

Return To Earth♪「Automata」

2010年08月29日 03:24

automata.jpg
【Artist】Return To Earth  >myspace<
【Title】Automata 
【Rate】8/10

Rock / Metal / Screamo

元The Dillinger Escape Planのドラマー・Chris Pennie氏在籍という事で、どうしてもカオティックで激しい物を期待してしまいます。しかしフタを開けると何の事はない、硬質な輪郭のロック・・・?イヤなんか違うぞカオティックではないけどストレートでも断じてない!

ジリジリ攻めると思わせて、急激にギア2倍速で加速パートが襲いかかる#1「Automata」。ひたすらキャッチーなコーラスが妙に晴れやかな#12「Exit Wound」でも、スラッシーなリフの勢いが物凄い。
他の曲でも、曲調が激しくなると手数の多い超絶ドラムが顔を出し、それに呼応してスイッチが切り替わる様にリフが鋭くなる。この、統制の取れた過剰な緩急が、独特な破壊力を生んでいる様に思う。ごくごくシンプルなフォーマットを守りつつ、随所に狂気を覗かせる音像。ロックとテクニカルメタルの中間に居る様な、油断のできない逸品。

ちなみに、短く挟まれるインタールード曲のクラシカルな雰囲気も印象的。無機質な世界観を演出する、何とも言えない威圧感。

【for fan of what ?】
The Dillinger Escape Planがプログレッシブやめました!」みたいな感じだろうか。やめた割には色々とヘンな要素が残っちゃってますよ、みたいな。ちなみにいわゆるスクリーモ的な、切なさを誘う感情的なヴォーカルラインなんかは無いです。メロディーの方向性はロックンロール。

【↓here is the sound !↓】
[Return To Earth♪「Automata」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。