スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marilyn Manson ♪「Mechanical Animals」【before the web logged me. No.3/20】

2012年06月29日 03:54

manson-1998-Mechanical-Animals.jpg
【Artist】Marilyn Manson >facebok<
【Title】Mechanical Animals

Rock

前回に続きまして。
映画「The Matrix」のサウンドトラックを通じて新しいバンドを知っていった私ですが、高校三年生らしい(?)、今よりも若い感性はMarilyn Mansonの描き出す世界観、内省的なメッセージに強く影響されていきます。
運良く、当時賑わっていたファンサイトには付属ブックレットよりも手間暇と愛のかかった歌詞対訳&考察がずらりと掲載されており、当時それを読みながら、同じ道に引きずり込んだ友達と共にあれが良いこれが良いと言っていた思い出があります。
「かっこいい」のインパクトで割と忘れかけてたんですが、そう言えば英語の勉強効果を狙っていたんだっけ、と言う事を思い出した私は歌詞と対訳を交互ににらめっこする日々を送り、結果ビミョーだった英語の成績がそれなりにまでアップしました。やったね。今でも時々やたらとポエミーな対訳をしてみたりするのは、明らかにこの頃が原点ですねこれ。
地味な話ですが、彼らの歌詞には、文法としての分かり易さ、存外にシンプルな英語で出来ています。うろ覚えですが、Marilyn Manson氏本人が、読みやすさを意識して作詞をしていたという話を聞いた様な気がします。詩的に過ぎれば難解さに歯止めが効かなくなるものですが、その辺のバランス感覚はバンドにある種のキャッチーさを加えているのかもしれません。尤も、Fワードを始め下品な物言いは言わずもがなですが。
余談ですが上記のファンサイト、ある時にすったもんだがあったらしく歌詞対訳ページが削除になってしまう、と言う事がありました。ちなみにコチラ「Marilyn Manson fansite "THE IRRESPONSIBLES"」です。併せてサイト規模縮小、更新が止まってしまいましたが、当時本当にお世話になったものです。歌詞を読む楽しさ、というものを私はここを通じて学びました。(私が対訳する時に歌詞を直接載せないようにしているのも、ここの削除を見ていたからだったりします。)

そろそろ本題に移りましょうか。
怒りに満ち溢れたモンスターアルバム2nd、「三部作」の、物語の最初に位置し、最も混沌と暗さに満ちた4th、キャバレーやナチズムに触れた、キャッチーかつメタリックな5th。その中で今作は1998年作の3rdアルバム。彼らを有名たらしめる「三部作」の中間に位置し、キャリア上で最もポップなアルバム、という評価が一般的でしょうか。件のサントラに収録の#4「Rock Is Dead」も今作です。
宇宙を連想させるSEとシンセを前面に押し出した、インダストリアル・ロックなサウンド。スローなバラードも目立ち前作の様な憤怒の激しさを期待すると肩透かし・・・とは言っても、辛辣な格言に満ちた歌詞、要所要所で吐き出されるシンプルでエッジの効いたリフは勢い十分。激しさも決して失われてはいません。

ブックレットに載っている歌詞は順番が一見バラバラですが、実際はこれ、2つのコンセプトアルバムが合わさった様な構成になっていて、2つの視点が交錯するように展開していく一枚です。
ひとつは、「Omega and the mechanical animals」と言う架空のバンドによるロックアルバム。刹那的でセンセーショナル、煽りと皮肉を前面に打ち出しています。
もう一方は、ジャケの白いエイリアンみたいなキャラクター「オメガ」を主人公に語られるお話。遠い宇宙から地球に来た彼の疎外感と悲しみに満ちた独白が綴られています。オメガさんは、さっきのバンドのフロントマンでもあります。

「Omega and the mechanical animals」サイドは、ヤクにまみれた曲を始めとして、#4「Rock Is Dead(ロックは死んだ)」#8「I Want To Disappear(消えてしまいたい)」など、シンプルなメッセージが特徴的です。
中でも小気味いいリズムと何処かコケティッシュなシンセサウンドで彩られた#10「New Model No.15」での、生活の全てを建前と愛想で武装し「俺たちは新しいモデルだ」と宣言してのける様は実に皮肉が効いていて、正に“痛快”の一言。#12「Fundamentally Loathsome」でのチープでうらぶれたサウンドも、この架空バンドのフィナーレを飾る物として妙な説得力を持っています。ちなみにハードに盛り上がるアウトロでは失楽園を示唆しており、これはオメガ自身の物語とリンクしている、と思われます。

そしてオメガの物語。
SFの幕開けの様な#1「Great Big White World」で登場する彼。「途方も無く大きく、真っ白な世界」が、どこまでも空虚に拡がっていく一曲。
アンニュイなアルペジオと共に淡々と歌う#5「Disassociative」では「君達の世界が俺の命を削る」「虚空に死ぬ宇宙飛行士」と孤独と疎外を訴え、一方で#7「Posthuman」ではノイジーなリフに乗せて「こいつは神じゃない」「神なんてただの統計学だ」と苦悩たっぷりに叫ぶ。
アルバムの最後を飾るのは、地球最後の日を歌う#13「The Last Day On Earth」と、そして、#7のラストで辛辣に「きらめくものはみんな冷たいの」とつぶやく「コーマ」が再び登場する#14「Coma White」。彼女の空虚な様を嘆きそして救いたいと願う、おそらく、ラブソング。
オメガは死にゆく地球の中で退廃的な生活を送り、そして最後はコーマと共に地球を離れ、宇宙で延々と漂う。そんなストーリーが描かれている様に思います。詩的な映画の様に、印象的なワンフレーズが随所にちりばめられた逸品です。


・・・念のためと言うか断っておきます。上記のストーリーについては前置きで紹介したサイトさんで昔読んだ内容の思い出、個人的解釈を基にして書いています。公式に類する情報や解説は参照していないので(あるかどうかも分かりません)、的外れな部分があれば申し訳ないです。。
[Marilyn Manson ♪「Mechanical Animals」【before the web logged me. No.3/20】]の続きを読む
スポンサーサイト

Mutiny On The Bounty ♪「TRIALS」

2012年06月07日 23:50

MOTBtrials.jpg
【Artist】Mutiny On The Bounty >facebook<
【Title】TRIALS
【Rate】9/10

Rock / Math / Indie

ダンサブルなリズムと理知的なリズムを混在させさらにパンキッシュな勢いでまとめ上げる、ルクセンブルク大公国(ベルギーやフランス、ドイツのお隣さん)出身のポストハードコア4人組による、2ndアルバム。前作から3年振りとなる2012年作です。

反響するシューゲイザーなギターはひりひりと、真冬の冷たく乾いた空気を連想させる切れ味鋭いサウンド。それでも酩酊感が際限なく拡がる事は無く、タイトなドラムとベースラインが地に足の付いた現実味を維持している感じが独特。そしてギターがミニマルフレーズを刻み始めると、荒涼とした風景を残しながらも穏やかで落ち着いた空気へとふわりと変わります。どこかトロピカルなとろみのあるクリーントーンサウンドは、時にコミカルに、時に寂しげな世界を彩るアクセント。
そしてひとたびスイッチが切り替われば、一気にヘヴィな圧力とソリッドな勢いのあるパンクサウンドに。やはり切れ味は鋭いままに、疾走感を叩きつけてくれます。
ヴォーカルラインは決して激昂すること無く、エモーショナルなメロディーと小気味よく投げ込んでいく様なシャウトを操り、マスロックに寄りそいダンサブルな勢いを演出してくれています。

冒頭、ノイズとピアノが重なり合う短いイントロトラックを経た#2「North Korea」を始め、今作では何曲かインストトラックが挟まれます。ヴォーカルの無い曲ではバンドサウンドの中における「緊張感」がより色濃く目立ち、シューゲイザー・マスロック・ハードコアがスリリングに切り替わっていく様が堪能できます。(タイトルの由来が気になる所ですが、歌詞が無い以上深追いもできず残念。。)
先行シングルになった#3「Artifacts」はやはり白眉。バンドの魅力が全部入りな、今作を代表する一曲です。
ミニマルリフ×ダンサブルリズムが正面からぶつかり手拍子の合いの手も小気味良い#8「Fiction」や、タッピングによる高速フレーズや変拍子を織り交ぜたポストハードコア全開チューン#9「Statues」など、前作に近いパーティ感やソリッドな雰囲気を持った曲も。
切々と訴える様な語り口と「もしそれがゲームなら、俺はその中に組み込まれていたくは無い」というリフレインが印象的な#11「Shifting Paradigms」など、歌詞も気になる所です。

マスロックのかちりとしたリフを随所に入れつつもロック・パンクのドライブ感が常にブレンドされ、踊れる要素全開な中にもシリアスな要素が常にちらちらと顔を覗かせるバランス感覚は絶妙。ポストハードコアはまだまだ先がある!と思わせてくれます。

【for fan of what ?】
BattlesAdebisi Shank、mudy on the 昨晩、Tera Melosと言ったマスロック、特にその中でもハードコア由来の激しさを持った曲が好きな方であれば是非聴いて頂きたい。デスや凄味の効いたシャウトが無いポストハードコアとしても幅広くお勧めしたい逸品です。その意味では、The Fall Of TroyClosure In Moscowなどが好みのあなたにも。

1曲目だけについて言えば、65daysofstaticsを連想しました。・・・“激情”の解釈はどことなく似ている気がします。

ちなみに、前作では正に「マスロック×パンク」と言った風情で全体的によりソリッドで、マスいリフが主体となった一枚でしたが、前作から大きくメンバーチェンジをしており、ベースとツインギターの片方が変わっています。今作のシリアスな輪郭となった音やシューゲイザーの香り辺りは、新メンバーの影響でしょうか。しかしその変化は決して違和感ではなく、芯を押さえた順当な進化と捉える事ができます。キモとなる魅力は健在。前作ファンもきっと安心。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Mutiny On The Bounty ♪「TRIALS」]の続きを読む

Meshuggah ♪「Koloss」

2012年04月09日 01:39

Koloss500x500.jpg
【Artist】Meshuggah >facebook<
【Title】Koloss
【Rate】10/10

Death-Metal / Experimental / Metal

裏拍の覇者とでも呼ぶべきか。ポストスラッシュの雄:Meshuggahによる2012年作。

リリース前、誘惑に負け先行リーク曲を聴いた時に私は正直、少し不安に思った。
「アグレッシヴに突き抜けた曲はもしかしてないのか」と。
しかし今作を再生し#2「The Demon's Name Is Surveillance」を聴いた時、自らの底の浅さを恥じた。

・・・速ぇ。

前作Obzenの一曲目を聴いた時に私は思った。
「まだ俺の知らないグルーヴがあったのか」と。
今作を再生し#6「Marrow」を聴いた時に、全く同じ感想を抱いた自分が居た。

まだ、私の知らないグルーヴはあった。

Cacth 33の重く冷徹な空気を纏い、
しかしObZenのトライバルな生々しさも間違い無く宿っており、
何よりもContradictions Collapseの衝動が全てを貫いている。

前作は随分とヘビロテさせてもらったが、今回も長い付き合いになりそうである。

・・・諸事情によりいつもとは違う書き方をしようとした結果、主観全開になりました。御容赦を。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Meshuggah ♪「Koloss」]の続きを読む

The Mars Volta ♪「Noctourniquet」

2012年03月27日 23:54

themarsvolta.jpg
【Artist】The Mars Volta >facebook<
【Title】Noctourniquet
【Rate】8/10

Progressive / Experimental / Latin

極力絞った表現なら、「エモーショナルなヴォーカル+どこまでも内省的なエレクトロ+ジャズとロックを行き来するリズム」(これ位が私の限界)
「Noctourniquet → Nocturne + Tourniquet」と解釈できるだろうか・・・止血帯の夜想曲とは如何に。ポストハードコアの大御所:The Mars Voltaによる6thアルバムです。

冒頭#1「The Whip Hand」から、実に捉え所が無いです。複雑に刻むドラムに無機質なノイズサウンド、ひどく控えめなギターフレーズ。そこに乗るセドリックのハイトーンヴォーカルは情感豊か・・・のはずなのにむしろ無表情さを感じてしまう。浮世離れした浮遊感。
The Mars Voltaを例える時、真っ先に思い浮かべる単語は「密度」「湿気」ですが、今作については「虚無」「揮発」・・・逆の言葉の方が似合います。ダブの要素はアヴァンギャルドなエレクトロに通じる質感で、ロックから片足踏み外したパートをひょいひょいと登場させてくれます。
第一印象としては、前作Octahedron「Teflon」で聴く事の出来る緊迫感をベースに、エレクトロニカの冷徹さと武骨さをぶち込み、さらに分厚かった音を極限まで削ぎ落としたサウンド。

「このアルバムは俺たちが今までにやってきた全てをよりシンプルな形で表現した作品だ」とはフロントマンのギタリスト:オマー氏のコメントです。しかしその「シンプルな形」とは曲の短さや展開という意味よりも、むしろ音の輪郭そのものに表れている様に感じました。
もっともパンキッシュな勢いを感じる曲#9「Molochwalker」で、この今作のシンプルさがかなりはっきり感じ取れます。アグレッシヴでスピーディ、ギターソロだって全開で、ワウの効いたリフと分厚いドラム。しかし音は混然とせずしっかり左右に配置され、さらにシンセサウンドが冷徹な空気でアクセントを付ける。じりじりと間合いを見極める様な、隙間を意識させる音。音圧と生々しさを捨て、否応なく際立っていくメロディーライン。過去作とは似て非なる感覚が実に印象的でした。

「今作はFarewell-Album(お別れのアルバム)だ」というコメントもあります。バンドの動向も気になる所ですが・・・少なくとも音は、別れの物悲しさを滲ませている様に聴こえてきます。溢れる情感を無表情で覆い広い広い空間へと突き放し、延々と遠ざかっていく様な、そんな別れを描いた作品なのかもしれません。

【for fan of what ?】
今までの作品を聴いてきた耳には、かなりの違和感が伴う作品でした。しかし3回聴いてなんかしっくり来始めたので、案外、先入観なしで聴いた方がハマるかもしれません。過去作のリバイバルを求める方には、非常に勧めにくい作品・・・。ただ、5th:Octahedronが好きな方にはすんなり気に入っていただけるかと。

ちなみに、オマー氏のソロで、2010年9月にリリースされた「Tychozorente」というタイトルがありまして。これが物凄い密教感溢れる打楽器と高密度な電子音が詰め込まれたダブステップな一枚だったりします。その他、ソロではエレクトロな音もたびたび登場させていたので、今作はThe Mars Voltaとしてだけでなく、ソロで繰り返した実験結果も総まとめにした、という捉え方もできそうです。・・・ていうか

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[The Mars Volta ♪「Noctourniquet」]の続きを読む

The Mars Volta ♪【1st~5th全部!】

2012年02月28日 04:28

volta5.jpg
満を持してThe Mars Voltaでございます。
もうすぐです。6thアルバムNoctourniquetが3/27発売っ!(ひゅーひゅー!)(ぱちぱち)(のくたーにきっと、てなに?)(かるいネットサーフィンだと分かんなかったよ・・・)
それでですね、新譜待ちきれなくて旧譜聴いてると割と止まんなくなってうひゃあっつって(以下略

で、その勢いで各アルバムのレビューをTwitterにやってしまったので、ちょいとこっちにもまとめて行こうかなと思いまして。
我がブログで名前をかなり連呼しているバンドではありますが、アルバムレビュー自体は5thのみしか無かったり。この機会ですし、いわゆる名盤枠、行ってみたいと思います。

【EPとかLive盤とかはスルーしときます!オマーのソロもね!】
・The Mars Volta(Progressive / Rock / Experimental
  1st:「De-Loused In The Comatorium」
  2nd:「Frances The Mute」
  3rd:「Amputechture」
  4th:「The Bedlam In Goliath」
  5th:「Octahedron」

【はじまるよ!】

 ※めちゃくちゃ長いです。
 
[The Mars Volta ♪【1st~5th全部!】]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。