スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」

2013年12月04日 19:05

Acceptance_Speech_-_Dance_Gavin_Dance.jpg
【Artist】Dance Gavin Dance >facebook<
【Title】Acceptance Speech
【Rate】10/10

Funk / Psychedelic / Screamo

Gavinは踊るだけでは気が済まない。歌いたいのだ。

アメリカはサクラメント出身の6人組ポストハードコアによる2013年作5thフル(自主制作のデビューEP「Whatever I Say Is Royal Ocean」を含めると6枚目)。
冒頭からの鋭く切れるシャウトに、それをかいくぐるように繰り出されるギターの高音ピロピロフレーズ。そして、少し遅れて登場するクリーンヴォーカルは一転して中性的な透き通ったハイトーン。ダンサブルに跳ねる歌メロパートが終われば再びシャウトとギターの正面衝突・・・。目まぐるしく表情を変え最後のラップで締めるまで、#3「Acceptance Speech」は今の彼らを凝縮した一曲として実に象徴的です。

クリーン・シャウトのツインVo.に、さらにGt./Vo.も叫び(時々)ラップするトリプル仕様のヴォーカルはやはり圧巻。その中でも、メンバーチェンジを経て今回新任となったクリーンVo.Tilian Pearson氏の歌唱は、今作の中でかなり中核を担う存在となっています。DGDと同レーベルRiseRecords所属のバンド:Tides Of Manからやってきた彼。エモ畑の華奢な甘さを持った彼の歌メロセンスは過去作のR&B由来なオトコマエメロディーとはかなり趣を異にして聴こえてきます。
#2「The Robot with Human Hair, Pt. 4」のサビは何回か聴けば鼻歌で追いかけたくなり、#9「Death of the Robot with Human Hair」に至っては全編通して""が付くほどポップな代物で、攻撃的なパートも完全に脇役扱い。

また、今まではヴォーカルを浸食する勢いで前に出ていたギターも、今回は大人しい・・・と見せかけて、「DGD節」とも言える歌いまくりギターは今作でも常に機会を伺っています。
メタルコアに接近する#4「Carve」冒頭の激情スコールや、#10「The Jiggler」で中核を担う、ミドルテンポの馬力あるヘヴィリフ。いつものスペイシーに拡がる高音域のソロフレーズじみたリフ以外にも、随所に印象的なパートがちりばめられていました。

超強力な歌メロを備え、かねてから意識を向けていた予感もあったポップネスへと一気に接近した彼ら。今までの荒々しい武器を丁寧に研ぎ軽やかな清涼感を漂わせるサウンドにファンとして困惑しながら、気が付けば一緒に歌っている自分がいました。

【for fan of what ?】
過去作と比べ、今作は一聴しての印象がかなり違っています。音のバランスが明らかに歌を(シャウト含め)目立たせようとしている。特に前作が原点回帰的な作風だった事もあり、この変化は非常に強く特徴的です。
ファンク&ポップな3rd「Happiness」の路線を改めて発展させ、さらに新Vo.のエッセンスをふんだんに活かした結果ここまでポップに突き抜けたのか、といった風情。
そういえばと言いますか、1stから継続してアートワークを担当しているMattias Adolfsson氏によるジャケットアートも、3rdと似たレイアウトですね。ウォーリーの隠れていそうな異世界描写は今回もステキ可愛い。

そしてこの辺りは邪推ですが、Will Swan氏主宰のレーベルで音源発表したStolasと、彼も参加するスーパーチームSianvarがかなりアグレッシヴで激烈ハードコアな作風を目玉にしています。住み分け・・・!?

The Mars Voltaに端を発するポストハードコアのひとつの流れで語られる彼ら。The Fall of TroyCirca Surviveも引き合いに出されるバンドですが、今回は歌を聴きながらイギリスの大人気ボーイズ・グループやカナダの若き天才シンガーソングライターを思い出しちゃったりしました。・・・関連付けるには多少強引なので明言は避けますけど。
今回の歌声にピンと来たあなたはTides Of Manを聴こう。ぜひ聴こう。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」]の続きを読む
スポンサーサイト

The Dillinger Escape Plan ♪「One Of Us Is The Killer」

2013年05月13日 22:15

dep_cover_02.jpg
【Artist】The Dillinger Escape Plan >facebook<
【Title】One Of Us Is The Killer
【Rate】10/10

Mathcore / Metal / Experimental

カオティック・ハードコア王者の威圧感。
問答無用の激烈サウンドに打ちのめされろ。


今作の私のレビューはGrindHouseのwebページに掲載されています。ので、是非そちらでご覧ください!

【for fan of what ?】
特に無機質&アグレッシヴのベクトルで、個人的には1st~2ndの感触と似た印象でした。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[The Dillinger Escape Plan ♪「One Of Us Is The Killer」]の続きを読む

Diablo Swing Orchestra ♪「Pandora's Pinata」

2012年06月27日 04:22

DiabloSOPandoracover.jpg
【Artist】Diablo Swing Orchestra >facebook<
【Title】Pandora's Pinata
【Rate】10/10

Rock / Classical / Jazz

世界の音楽、まとめてディアブロ風に料理しちゃいました。
スウェーデン出身の8人組による、2012年作の3rdアルバムです。構成はヴォーカル・ギター・ベース・ドラムのバンド編成にトロンボーン・トランペット・チェロにシンセが加わり、さらにゲストはヴァイオリン、ヴィオラにコントラバス、フルート、クラリネット、ホルンにオーボエ、ティンパニ、マンドリン・・・とかなりの大所帯です。ちなみに筆者、一応メタルバンドとして紹介しようとしております。

冒頭#1「Voodoo Mon Amour」から飛ばしています。ヘヴィなギターリフで幕を開け、続いて吹奏楽隊の得意気なアンサンブルが乗っかります。スウィング直球!な跳ねまわるリズムでギターが重い!男女ツインヴォーカルにバックヴォーカルもガンガン乗って、ネオンぎらつく豪華な一曲。

存在感バツグンの曲で始まる今作ですが、他の曲たちもキャラクターがかなりはっきりしています。様々な音楽要素が色々なクロスオーヴァーをしており、正に多国籍ごちゃまぜの様相。続く#2「Guerrilla Laments」はサンバのリズムでやっぱりギターが重い!なカーニバルチューンですし、#3「Kevlar Sweethearts」は闘牛を彷彿とさせるフラメンコちっくなラッパ隊がメタリックなリフと一緒になり重い!(しつこい)中での、優雅とも言えるヴォーカルラインが何とも哀愁を誘います。
もちろんまだまだ続きます。
二胡を連想させる中国な香りたっぷりの短いインストを経て、
エレクトロサウンドとシンセ加工済みのヴォーカル、しかもメロディーラインがミョーに歌謡曲なコーラスが滅茶苦茶に目立つ#5「Black Box Messiah」が実にデンパで異彩を放つ一曲。歌詞もこのコーラス部は記載されておらず(何語なのやら。)、一際怪しいです。
全くメタル要素の無い、ゆったりとした#7「Aurora」は、イタリアのカンツォーネか。のびやかな歌声に癒される、穏やかなひと時。そして後半、少しオリエンタルなメロディーが混ざったと思えば、
お次の#8「Mass Rapture」スパイシーなインド音楽の要素とエッジの効いたリフがガンガン効いて実にアグレッシヴ。ちゃっかりスカが何食わぬ顔で混ざってる気もする・・・。
#9「Honey Trap Aftermath」ではファンキー・スウィンギー・ヘヴィと、謎の三拍子がそろっちゃってます。
そして、散々世界各国を連れ回した末に訪れるラストナンバー#11「Justice For Saint Mary」は、チェロの刻みと悲しげなヴァイオリン、素朴なギターアルペジオが流れる荒涼とした曲・・・ではありますが、もちろんタダでは終わりません。8分を越す長尺の中でじわじわじわじわと悪魔的な妖しさが顔を覗かせていきます。そして意外な、意外なかたちで待ち受ける、狂気に染まったラストをご堪能下さい(ちょっと煽ってみたくなる位には意外でした。)

これだけ多国籍な音楽性を曲ごとにアピールしつつも、メタルでスウィング、オペラちっくにオーケストラな部分はきっちりベースに敷かれています。曲によっては次の曲の要素をチラリとフライングさせていたり、アルバムとしての流れも実は周到に練り込まれていたりもして。キワモノ感全開な割には、何とも言えない聞き易さと人懐っこさがあります。

とびきりオシャレに、そしてとびきり怪しく。ええ、そうですとも。
悪魔の躍動管弦楽団、今宵も絶好調でございます。

【for fan of what ?】
何はともあれ、「ヘンな音楽」が好きなら一度触れてみて頂きたい。Mr. BungleとかSerj Tankianソロ辺りのファンは何かしら引っ掛かりそうです。男女ツインVo.でアヴァンギャルド・・・この手の音楽ではUnexpectPin-Up Went Downが思い浮かびますが、今作の人懐っこさはこれらのバンドとは完全に別ベクトルです。Unexpectは、先日の新譜でも順調にメタル然としてましたし。
あとはチャロやヴァイオリンとギターのユニゾンリフが楽しめるので、Apocalypticaが好きな方であれば要所要所でニヤリとできるかも。

ちなみに、前作「Sing-Along Songs for the Damned & Delirious」は、「メタル×スウィング×オペラ」のちゃんぽんが楽しめる、かなりバンドの名が体を表す一枚でしたが、そこから幅広く、ある意味キャッチーな変化を遂げています。キワモノ感が薄れた様な部分は、少し評価の分かれる所かもしれません。メタル感も相対的に薄くなってます。

・・・そして筆者、今回の文章を書くために、各曲の元ネタと思われるワールドミュージックを特定すべく色々調べるハメになりました。間違ってるかもしれないので、正解が別にあれば教えて頂ければと思います・・・!
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Diablo Swing Orchestra ♪「Pandora's Pinata」]の続きを読む

Disillusion ♪「Gloria」

2011年07月05日 23:53

1255369070_cover.jpg
【Artist】Disillusion >myspace<
【Title】Gloria
【Rate】10/10

Alternative / Metal / Progressive

「覚醒」あるいは「幻滅」と訳す事の出来るバンド名を冠した、ドイツ産デスラッシュ3人組:Disillusion。作風を大きく変えた2006年作の2ndです。
様々な音楽要素をモザイクアートが如くずらりと敷き詰め、未消化感をデフォルメして納得させてしまう謎の一貫性。ええ、意味不明ですとも。
例えば。
轟音ブラックメタルを思わせるイントロから一気に埃っぽいインディーロックになだれ込み、歌が入れば朗々としたメロディー、という#4「Avalanche」。重厚ハードロックなリフに淡々と低音で言葉を紡ぐ、ミクスチャーに近い印象の#5「Gloria」。しかしイントロ含め、要所要所でゴシカルなコーラスが節操無く流れたりも。

時に素朴な響きを目立たせ、時に重厚さを押し出す掴みどころのないリフワークのセンス。低く淡々とした朗読とオペラな歌唱、そして中東フレーバー溢れるメロディーを駆使するヴォーカル。ノイズやシンセサウンドだけでなくクラシックな音までも無機質に散りばめる、現代音楽だかブレイクビーツだか分からないアレンジ。・・・これだけ雑多に集められた要素を何食わぬ顔で完成品扱いしてくるから怖ろしい。曲ごとの存在感はどれも強いが、どれも一つのバンドサウンドとしてまとまっている。
エレクトロ然としたノイジーな音と朗読で始まり、『これ以上は進まない事だ。』のセリフと共に重いリフが押し寄せる#3「Don't Go Any Further」は圧巻。オンオフを繰り返し、クライマックスへと展開していく。4分に満たないながら非常にドラマチックな一曲。

いささか強引な例えになりますが、「中世へ時間旅行をするSF」を連想させる音だと感じました。あくまでも背景として潜む荘厳さと前面に押し出される荒削りな攻撃性、全体を覆うデジタル/ノイジーな空気感。奇妙な旅を彩るサウンドトラックとでも言いたくなる逸品。

【for fan of what ?】
クセのあるヴォーカルは、例えるならSerj Tankian氏(System Of A Downからコミカル要素をがっつり排除して、Till Lindemann氏(Rammsteinの低音を補ったような風情。ジャンルごった煮感も含め、両バンドのファンは気に入りそうな予感がします。その他、「ごった煮メタル」に反応してしまったHENTAIは必聴。
あとは、何とも言えない辺境感でKekalを思い出した。

ちなみに前作は「叙情デスラッシュ」と評される作風とのことで、特にOpethがよく引き合いに出されるとの事。そして異口同音にして、「お前ら変わり過ぎ」ちなみにメンバーチェンジ等は一切行われていない。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Disillusion ♪「Gloria」]の続きを読む

Destroy Rebuild Until God Shows ♪「D.R.U.G.S.」

2011年03月14日 01:38

drugs.jpg
【Artist】Destroy Rebuild Until God Shows >myspace<
【Title】D.R.U.G.S.
【Rate】10/10

Alternative

元ChiodosのVo.Craig Owens氏が中心となって結成されたバンド、Dstroy Rebuild Until God Showsのデビュー作。2011年作です。

#1「If You Think This Song Is About You, It Probably Is」のイントロから、激しいリフが耳を襲う。かなりメタリックなサウンドを軸に、緩急を付けた音像。そして、控えめながらピリリと効いたインダストリアルの風味が随所に隠されている。
エモ界隈で慣らしたクレイグのヴォーカルはクリーントーン主体。パンクなシンガロングから時折見せるグロウルまで、ジャンルを幅広く消化したメロディーセンスで、とても力強く響く。

そして#1に限らず、どの曲もイントロの吸引力がとても強い。
奇を衒った裏声に始まり、スラッシーなリフと共に演説じみた声に繋がる。立ち上がりからインパクト大の#7「Stop Reading, Start Doing Pushups」では、力強く疾走するギターが心地いい。また、ファンタジーな物語の幕開けを思わせる#5「Sex Life」。物憂げな歌い上げがダークな雰囲気を演出し、サビの盛り上がりへと向かう。

激しい時はメタルコアで、キャッチーになれば実に人懐っこい。
メリハリ良く隙の無いアレンジが絶妙で、どの曲もドラマティックな激しさに満ち満ちている逸品です。
【for fan of what ?】
ポストハードコア、特にメタリックなエモが気になる方、全てに。これはよいものです!
そして個人的には、My Chemical Romanceのファンにもお勧めしたいです。2006年作「The Black Parade」を至上と崇める人(私です)も、最新作「Danger Days」にハマった方も、是非。

ちなみにこのバンド、いわゆるスーパーチーム!なのです。
フロントマンはChiodos出身、
ギタリストはUndermined出身のNick Martin氏と、From First To Last出身のMatt Good氏。
ドラマーはMatchbook Romance出身のAaron Stem氏。
ベーシストは、Story Of The Year出身のAdam Russel氏。
それぞれのバンドを知っている方は要チェックですっ

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Destroy Rebuild Until God Shows ♪「D.R.U.G.S.」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。