スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」

2014年02月25日 21:51

Cynic_kindly_bent_to_free_us_cover.jpg
【Artist】Cynic >facebook<
【Title】Kindly Bent to Free Us
【Rate】9/10

Metal / Progressive / Fusion

強烈な余韻を残す、静かなる炸裂。
Paul Masvidal氏、Sean Reinert氏、Sean Malone氏のトリオ編成で放たれる2枚のEPを経た3rdスタジオアルバム。2014年作。

柔らかな佇まいなのに強烈な余韻を残す。聴いた時の第一印象はこうだろうか。
ひんひんとしたノイズが鳴りアルペジオと共にそろそろと幕を開ける#1「True Hallucination Speak」。オーガニックな輪郭の音と穏やかなテンポで、しかし尖りのあるフレーズを繰り出すギターに面食らう。
薄く皮膜のかかった様なヴォコーダー処理がされたヴォーカル。有機的な丸みを帯びたギターによるメタルに通じるリフ。フレットレスベースによるしなやかな低音。雄大な力強さを湛えたドラム。音圧自体は抑えた物だが、音の一つ一つに押し込められたエネルギーが無意識に絶えず訴えかけてくる。

不思議な明るさを湛えた#2「The Lion's Roar」やスペイシーなシンセの目立つ#4「Infinite Shapes」における歌メロの存在感など、異界のバラードと言いたくなる奇妙な優しさ・人懐こさが全編に一貫している。#4の中盤に挿入されるソロパートが狼の遠吠えにも似て聴こえたり、無機質な要素の中に生き物の気配を感じるのが何よりも印象的だ。

また、憂いたメロディーがどこかディストピアめいた重さを感じさせる#6「Gitanjali」やシュレッドリフの刻みがスリリングな#7「Holy Fallout」といった、メタルに接近する攻撃性を持ったパートも少なくは無い。音の質感とのギャップで、やはり奇妙な余韻を生んでいる。
ラストトラック#8「Endlessly Bountiful」はタイトルの通り"永遠に満ち満ちた"開放感が広がるアンビエント/フュージョンナンバー。ほどけるように幕を閉じていく。

【for fan of what ?】
メタルとフュージョンを正面衝突させ異次元SFを聴き手に叩きつける。それがCynic、だと筆者は思っています。
1stはそれをデスメタルを通して体現した。
2ndはそれをプログレッシヴメタルを通して体現した。
そして今作はプログレッシヴロックを通して体現した。と。
下敷きを変えただけで、やっている事は変わっていない様にも感じます。

メタルならではの高揚感に満ちた2ndからはかなり距離をとっています。しかし一方で、ギターが完全に裏方だった「Carbon-Based Anatomy」からも距離がある。EP「Re-Traced」収録の「Wheels Within Wheels」の延長線上にある印象で、休止中に活動していたプロジェクトThe Portalの方向性を改めてCynicからアプローチしたという雰囲気も。
70年代への憧憬を隠さなかったOpethの「Heritage」や、いよいよカリスマを滾らせてきているSteven Wilsonを聴いている身としては、漠然としたムーヴメントの様な物も感じてしまいます。

なお、今作はいくつかの場所でThe Beatlesからの影響が指摘されています。しかし浅学ながら筆者には分からず実に無念。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」]の続きを読む
スポンサーサイト

Cyclamen ♪「Ashura」

2013年10月13日 20:07

Cyclamen - Ashura
【Artist】Cyclamen >facebook<
【Title】Ashura
【Rate】9/10

Ambient / Experimental / Metal

日本人によるイギリスでのソロプロジェクトとして始動したCyclamen。過去にはSitkhやTesseracTメンバーのゲスト参加もあったが、現在は日本人メンバーを含めた4ピース(+サポートドラム)編成となっている。今作はバンドの再編から始めての音源となる、2013年発表の2rdフル作。

奇抜なフレーズで縦横無尽に暴れるリフ捌き、複雑極まりないリズム、そして砂塵グロウルと柔らかなハイトーンを操るヴォーカル。単音リフで攻めるテクニカルメタルを出発点にしつつ、アンビエントやハードコア、シューゲイザーの素養も巻き込み、全編日本語で綴られる歌詞の響きと英国エクストリームのセンスを血肉にしたサウンドの創り上げる音像は正に無類。
ブラックメタルを想起する音の壁からツインギターの絡み合いに映りアグレッシヴに攻めまくる#1「破邪顕正」、冒頭の7拍子やポリリズミックな畳み掛けが光る#2「紫電一閃」、不協和コードのノイジーな響きと高密度なリフが次々と畳み掛ける#8「疾風怒濤」など、音数の多い演奏が始終スリリングに耳を襲う。

一方で、ヴォーカルによる表現の幅と、それに呼応する幻想的な展開もまた強く印象に残る。悲痛なヴォーカルとギターの轟音が重苦しく響き渡る#5「悲歌慷慨」や、力強いリズム隊に乗る仄暗い囁きがどこまでも儚い、バラード色の強い#6「夢幻泡影」、そして時計の音で始まり激情のギターで幕を閉じるラストトラック#10「空即是色」の余韻まで、カオス一歩手前でギリギリのバランスを保ちながら、儚くも力強い世界観を垣間見せてくれる。

エクストリームメタルにおける前のめりとも言える攻撃性を主軸に据えつつ、弱々しい華奢な姿も覗く不思議な二面性。過去作にも見られた魅力はそのままに、より幅広い攻撃性とさりげなさが洗練された印象の快作。

【for fan of what ?】
冒頭で言及の通り、ゲスト参加の関係もありSikthのえげつない攻撃性、TesseracTのメランコリックな叙情性を内包している。日本人のバンドとは言え、メロコアやメロデスの要素はかなり低い。日本語ヴォーカルの関係でヴィジュアル界隈を想起する人がたまに居る程度だろうか。
Djent界隈でかなり早い時期から活動するバンドながら、今作の全体像はカオティックハードコア・テクニカルメタルの色が強い。先述Sikthの他、Arbusbilo'uulma sound junction等のファンは是非一度、と言った風情でお勧めしたい。

過去作との比較としては、全体を通した時の統一感が増した印象。元々様々な音楽要素を混ぜるのと同時に、曲ごとにカラーの違ったバラエティ豊かな作風が目立っていた。一方で今作では、コンセプトアルバム的な一本芯が通った感覚が強い。「洗練された」という印象もそこからか。

ちなみにこのバンド、2013年ドイツ開催のDjent & Progressive Metalフェス:Euroblastに参加しており、本作のリリース日もこのフェスにあわせた物になっている。該当フェスの出演バンドに興味ある方は要チェック!!なのです。
そしてそして、フロントマン今西勇人氏へのインタビューがGrindhouseにて公開されています!バンドの変遷から今作への言及まで網羅しているので、気になった方はこちらもゼヒ。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Cyclamen ♪「Ashura」]の続きを読む

Carson McWhirter ♪「SNDLPVN」

2012年10月10日 23:52

Carson McWhirter SNDLPVN
【Artist】Carson McWhirter >facebook<
【Title】SNDLPVN
【Rate】10/10

Experimental / Classical / Alternative

激烈マス/ノイズロック・バンドHellaのギタリストとして活躍しているカーソン・マクライター氏による、2012年リリースのソロプロジェクト作品。おそらくデジタルリリースのみ?


威嚇するようなピアノと、ドラム・ベースの有機的なリズムで幕を開ける#1「IV」。一歩引いた距離感で旅愁漂うアコースティックギターが響き始め、熱を帯びて行くオリエンタルなギターサウンドと共にアウトロへと繋がっていく。

フォークやカントリー、フラメンコの素養を感じさせる、何処か影を落とす情感。マス・ミニマルロックの流儀とも言える、細切れのリフ捌き。氏のギターはルーツの読めない所があり、様々な音楽性がぐちゃぐちゃに混ざりあった印象が強い。今作でも奔放に弾き続け捉え所の無いオーラをまき散らしている。
しかしながら曲ごとの「聴き所」はかなり焦点の定まっていて。ああ、しんみりと聞けるな、おっと、ここは頭を振りたい、そういう明快さが一貫しているのも印象的。

淡々としたパートと思い出したように激しさを増すパートとが鮮やかに対比する#4「Watchers」非常に即興的で不安定な曲展開はギターの乾いた音と相まって、言いようのない淋しさを感じさせてくれる。
今作では#4以外にも、情熱的な静けさをはらんだ#2「Zarzamora de Zartosht, Encandilar」やブルージーなイントロから一気にポストハードコアの姿を見せる#7「The Deadly Silver Light of Margaras」など、ギター一本だけで構成された曲が目立っている。
一方で、民族音楽を想起する低いコーラスや草をこする様な音、鳥の鳴き声が反響する#6「Quickly, Exaggerate」や、骨太なリフで正面からドラムと差し合う#3「Gatekeeper's Invitation」の様な、バンドサウンドを軸に展開する曲も。リズムが芯に入ると一気にロック寄りのグルーヴが生まれ、それが逆に新鮮に感じてしまうから面白い。

ジプシー音楽の様な東欧の情緒とインド・アフリカ音楽の様な神秘性。多国籍料理の様な雑多で混沌とした佇まい、土地臭くアーシーな空気感をまとったサウンドは正に『独特』の一言。歌の入らないインストゥルメンタル作品だが、ギターの異様とも言える存在感の前では一向に気にならず、ただただ、髭の男が全身全霊でギターを掻き鳴らす姿が脳裏に映るのみである。

【for fan of what ?】
言わずもがな、Hellaのファンにとっては貴重な作品と言えます。ドラムの主張がかなり少ない今作、カオティックな音圧も控えめです。Zach Hill氏のファンにとっては(当然ながら)微妙な所かと思いますが、かなり聴き易い部類。
独特なスタイルを持つギタリストのソロ、という事でもあり中々引き合いに出せるバンドが出てこない所が辛いです。個人的には、曲によってClosure In Moscowを連想したりもしました。
Omar Rodriguez-Lopez氏のソロ作を追いかけたりする方にもオススメしておきましょう。

その他、孤独を噛みしめてダンディズムを演出するのにはとても似合います。聴いていると、ギターを抱えて取り留めも無く思いついたままに弾き倒したくもなります。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Carson McWhirter ♪「SNDLPVN」]の続きを読む

Circa Survive ♪「Appendage EP」

2011年05月09日 00:44

Circa_Survive_-_Appendage.jpg
【Artist】Circa Survive >myspace<
【Title】Appendage
【Rate】6/10

Experimental / Indie / Other

2010年にリリースされたアルバム「Blue Sky Noise」に続いてリリースされた同年作のEP。アルバムのデラックスバージョンにはボーナストラックが収録されていた様ですが、それとはまた別の5曲が収録されています。

「Blue Sky Noise」で聴く事の出来るポストハードコアサウンドは今作でもバッチリ。ユニセックスなハイトーンVo.の切ない歌、芯のあるリズム隊、ハイトーンでキラキラと反響するギターが一体になった彼ら一流のサウンドと、儚く、かつ劇的なメロディーセンスが詰まっています。

跳ねるリズムが牧歌的な#2「Stare Like You'll Stay」。ひなたぼっこが似合う穏やかな空気。
儚げにゆれる歌声と骨太ドラムが反響するギターによく絡む#4「Backmask」は、僅かに交じる緊張感のバランスは流石のひとこと。
ブルージーな煙たいフレーズがCirca Surviveな音像で展開する気だるげナンバー#5「Lazarus」は思いの外新鮮な響き。じわりとした盛り上がりと、ふっと途切れる余韻がニクい。

特に今作では、シューゲイザー的な浮遊感・ゆったりとしたメロディーが目立ち、アルバムでも#7「Frozen Creek」#12「Dyed In The Wool」辺りを好む方には絶品かと。一方で不安感を誘うソリッドな空気や独特の重さ・激しさは、今作ではほとんど見られません。

5曲で22分弱。ファンであれば、アルバムの隣に置いて一緒に聴きたい逸品。o(単品だと少々インパクトに欠けるか。)

【for fan of what ?】
・・・

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Circa Survive ♪「Appendage EP」]の続きを読む

CiLiCe ♪「Deranged Headtrip」

2011年05月02日 00:27

cilice_derangedheadtrip_review.jpg
【Artist】CiLiCe >myspace<
【Title】Deranged Headtrip
【Rate】10/10

Metal / Progressive / Rock

狂気のリズムに飽き足らず、狂気のヴォーカルがさらなる混沌を呼ぶ。

オランダ産プログレッシヴメタルバンドCiLiCe(シリス)の、2010年発表となる1stです。
拍を引っ掛けずらしまくり、素直にヘドバンさせてくれないスラッシーなリフの連続。だけに留まらず目まぐるしく展開し、短時間に忙しなく表情を変えて行く。シンセアレンジもサイバーで無国籍的、とことん一筋縄にはいかない。

楽器陣だけでも複雑な事をやっているが、それを全部持っていく勢いで個性を出しているのが、ヴォーカル。
 ハードコア畑の威圧感を感じるシャウト+αなグロウルに始まり、
  ソウルフルにパンキッシュにエモーショナルにと歌い上げ、
   さらには人を食った様な呪術じみた声色まで駆使。
この多彩すぎるヴォーカル・・・リフ以上の狂気を纏っている・・・!

ストレートなデスラッシュで立ちあがるも、奇声が混ざり不協和音が混ざりリズムが狂い始め、ここぞとばかりにソウルフルなコーラスがシンコペーションリフに乗るがしかしまだ終わらない#1「God Of Lies」の密度は圧巻。
他にも、無機質な不協和リフのイントロも去ることながら、モザイクの様に雑多な音楽が節操無く繋がり謎の整合性で攻め立てる#4「Mental Breakdown」、民族音楽の様などこどことアブないドラミングとどろどろ低音ベース、そして巻き舌が迫ってくる#8「Malice」と、得体の知れない凄身と唐突なポップネスを持った曲が揃っています。

血走った目で冗談を言う様なエグい音楽をお求めの貴方、これですよこれ。

【for fan of what ?】
Meshuggah×Mike Patton」と言いたくなるこの個性の塊。HENTAIヴォーカル好きはヘドバンしにくくても食いつくべし。主軸となるリフの方法論から、ジャンルDjentとして語ることもできそうです。
同類項と言うか、SikthThe Number Twelve Looks Like YouFive Star Prison Cell辺りを好む方は是非。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[CiLiCe ♪「Deranged Headtrip」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。