スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Sense of Gravity ♪「Travail」

2014年03月14日 22:16

asenseofgravitytravail.jpg
【Artist】A Sense of Gravity >facebook<
【Title】Travail
【Rate】10/10

Djent / Death-Metal / Fusion

鋭さと複雑さをひたすらに追求した全方位隙ナシの快作。
アメリカはシアトル出身の6人組による、過去Bandcampで配布していた曲のリアレンジも含めた1stフルアルバム。2014年作。

仰々しい男声コーラスと共に幕を開ける#1「Wraith」。霧深いサウンドを鳴らすシンセとその中で理知的にリフを敷いていくギター。イントロの印象は壮大で幻想的なプログレッシヴメタル、といった風情だが、地鳴りの様なグロウルと共にそのイメージがあっさりと破壊される。次々とまくし立てる歌詞と前のめりに刻みまくるリフの佇まいは凶悪の一言。しかし一方でサビに入ればオペラを想起させる堂々とした歌唱に変わり、中盤のギターソロパートに至っては伸びやかなフュージョンの香り。シンセは気が付けばおどろおどろしい音で曲の背後を怪しく支えている。なんなんだこいつら。

凄みの利いたグロウルとパワフルな歌い上げを巧みに使い分けるヴォーカルが縦横無尽に暴れ周り、ざくりと分厚い切れ味を持ったギターによる刻みのリフが矢継ぎ早に攻め立て、変拍子やシンコペーションを多用した複雑なリズムが聴き手を圧倒する。そして、一曲の中にいくつものアイデアを詰め込んだ、密度の高い曲展開も無視できない。

ジャズピアノ乱入のアクセントも鮮やかに、全編に渡り和音階リフを叩き込む#2「Stormborn」や、低音のグロウルと高密度なリフとブラストビートで埋め尽くされる#6「Harbinger」の威圧感。激烈デスラッシュにシンフォニックなシンセを混ぜ、搾り出すようなエネルギーと共に突進する#4「Answers Lost」や、倍速チェンバーロックといった風情のイントロからスケール感たっぷりに広がっていくフュージョンメタルチューン#5「Trichotillomania」の叙情性。アグレッシヴな曲を揃えていながら、曲ごとの個性もそれぞれに際立っている。
一方で、しっとりと降り注ぐピアノを主軸に薄暗い空気を満たしていく#3「Breakthrough」や旅愁を覚える乾いたアルペジオギターが目立ち、後半の盛り上がりもメタル・バラードとして秀逸な#9「Weaving Memories」などクリーンヴォーカルのみの曲も、アルバム内でしっかりと存在を主張している。

自らのジャンル説明に"(Math, Djent, Death, Progressive, Shred) Metal,Fusion"と表記している彼ら。細分化されたメタルの要素たちを自らの表現のためにまとめ上げ、鋭さと複雑さをひたすらに追求した楽曲陣。正に全方位隙ナシと言いたくなる、怪作であり快作。

【for fan of what ?】
特に突進力のあるアグレッシヴな部分ではObscuraWhitechapel等のテクニカルデス・デスコアファンに。Djent界隈に注目すると、その奔放な曲展開においてCiliceを、フュージョン要素の落とし込みではSithu Ayeのファンなどに強くお勧めしたい。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Sense of Gravity ♪「Travail」]の続きを読む
スポンサーサイト

A Lot Like Birds ♪「No Place」

2013年12月17日 22:31

alotlikebirdsnoplace.jpg
【Artist】A Lot Like Birds >facebook<
【Title】No Place
【Rate】9/10

Progressive / Post-Whatever / Experimental

子供の想像力が暴走したようなホラーハウス。幻想的で、底が見えない。
アメリカカリフォルニア州はサクラメント出身の、ツインVo./ツインGt.を擁するポストハードコア6人衆による2013年作3rd。

変則的な小爆発を繰り返しながら突進するリズム。トロピカルな艶を感じさせるクリーントーンと直情的ハードコアパワーコードの正面衝突。そしてツインVo.による、伸びやかなハイトーンと捲し立てる様なシャウトの交錯。授業チャイムのあのメロディが登場するイントロトラックに続いて炸裂する#2「No Nature」のスリリングで奔放な演奏には「エクストリーム」「カオティック」という言葉が良く似合う。
静と動を同居させた独特の凝縮サウンドは、ハードコア畑には珍しい楽器のゲスト参加でさらに混沌を濃くしていく。先述#2ではコンガの暑苦しいビートが乱入し、冒頭からボルテージ全開かつ性急でキレまくりなリズムで攻める#9「Recluse」でもやはり暑いトランペットの至近射撃。ここぞというタイミングで一点突破的に差し挟まれるプログレッシヴな攻撃力は正に無類。

一方で今作は、幻想的な「引き」の曲も多く、それがただのインタールードでは済まない存在感を放っていて手強い。霧深い湖畔を想わせ、ふわふわとした歌メロがメインとなる#7「Hand Over Mouth, Over and Over」や、ひりひりと不穏さを漂わせ激情パートを経てドラマチックに陰りを演出する#10「Shaking of the Frame」では、爆走チューンでは隠し味程度の魅力が一杯に拡がっている。これら2曲でもトランペットが登場するが、こちらでは一転して、朗々と物悲しい旋律を伸ばす。

そして、それら全ての要素を凝縮したと言える#5「Connector」は、ゲストプレイヤーの気配が無いが、しかし振れ幅の大きな今作にあって一際強いエネルギーを湛えている。ゆるやかなイントロからの爆発、そしてクリーントーン主体のギターと緊迫したドラム。ツインヴォーカルの掛け合いも鮮やかで、前作とはまた違った、今作における目玉のキラーチューンと言いたい。

ジャンルごった煮ハードコアと幻想ポストロック、その両方を喰らい世界を描いていく今作。子供の想像力が暴走したようなホラーハウスを思わせる、ジャケットアートワークの極彩色と強くシンクロする。

【for fan of what ?】
元々、The Number Twelve Looks Like Youのブチ切れカオスと、The Sounds Of Animals FightingFear Before the March of Flamesに通じる捉えどころのないプログレ性を併せ持ってはいた彼ら。特に1stフル「Plan B」で顕著だったその方向性が、アグレッシヴチューンの目立つ前作よりも強まっている様に感じた。クリーントーンのギターに注目するとAdebisi Shankの様なマスロックを想起させたり、アトモスフェリックなパートではJesuなどポストブラックに通じる香りも。
ヴォーカルの片割れ:Kurt Travis氏は初期Dance Gavin Danceに所属していたため、特にDGDの3rdフル「Happiness」をちらりと想像させる瞬間もあり。後半のヴァイオリン&コーラスが印象的な#8「Kuroi Ledge」で特に顕著。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Lot Like Birds ♪「No Place」]の続きを読む

AnovA ♪「Decem」

2013年09月13日 00:00

anovadecem.jpg
【Artist】AnovA >facebook<
【Title】Decem
【Rate】9/10

Progressive / Metal / Electronica

脳髄に刺さる、退廃と陶酔。
アメリカ・イギリス・日本3カ国のメンバーによるプログレメタル3人衆による、デビューEPの再収録を含む2013年作フル。

前EPでは、ブレイクビーツ・クラシック・メタルを絶妙にクロスオーヴァーさせ、ゴシカルで退廃的な世界観を打ち出した彼ら。そんな中、今作では全体を通じてエッジの利いたサウンドが目立つ。サイバーなシンセとズバズバ刻むギターが冒頭から殴り込む#1「L'essentiel」を始めDjentサウンドを強く感じる場面も多く、メタリック・スリリングな攻撃性が大きな柱となっている。
#4~7前EP「涅槃」も、リマスタリングによりその印象は変化している。全体的に音がクリアになり、デジタルな装飾もパワーアップして随所に散りばめられている。#4「応供の回廊」における、よりギラつきの増したブレイクビーツ、#7「預流の頂」後半で聴けるスラッシュリフの分厚さなどは特筆もの。新曲のインパクトに負けない、より説得力のあるサウンドに進化している。

よりメタリックになった一方で、よりプログレッシヴな印象も強い。
ピアノの流麗かつ無表情なループ、中盤のソロに繋がるパートにおけるベースの存在感など、存在感のあるパートが次々と登場する#2「Varietas Delectat」”氷の微笑”を連想させ、長尺でありながら隙のない空気感が見事。そして全体的に重苦しさが支配し、しかしデモーニッシュなギターリフのうねりも無視できない#9「V-X」も特徴的。長いアンビエントのパートによる退廃スペイシーな余韻が沁みる。また、続く#10「Fortuna」はエレクトロ色強め、トリッキーに攻めるリズム、サビ感の強いコーラスの挿入など、アヴァンギャルドな変化球チューン。ダンサブルなEDM要素も乱入し、作中でも異彩を放っている。

退廃的・ドラマチックな世界観を貫きながら、めまぐるしく表情を変え続ける展開の妙。異端のIDMであり異端のDjentでもある、一筋縄ではいかない破壊力を湛えた逸品。

【for fan of what ?】
浪々とした歌声を中心に据えた音像ながら、サビやメロといった歌モノのポップネスよりも、じっくりと展開していくエレクトロの味わいが強い。回る万華鏡をスローモーションで眺める様なIDMサウンドは、The Allgolismとは似て非なる佇まいで興味深い。展開の妙という意味ではTesseracTを連想させる。

前作に比べ各要素の輪郭がよりハッキリとし、発見が増えたという印象。(リマスター再収録の関係もあり)個人的には純粋な進化作と捉えています。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[AnovA ♪「Decem」]の続きを読む

AnovA ♪「Nehan-涅槃-」

2013年07月23日 17:58

AnovA - Nehan - cover
【Artist】AnovA >facebook<
【Title】Nehan-涅槃-
【Rate】7/10

Progressive / Metal / Electronica

UKウェールズ/USフロリダ/日本東京という3ヶ国からメンバーが集まった、多国籍プログレッシヴメタル3ピースによるデビューEP。2013年作。

クリック音とノイズの点滅する無機質なイントロの#1「Part 1: Ougu No Kairou」で幕を開ける今作。大仰さを感じるヴォーカルにインダストリアルメタル的な刻みのギター、耽美なピアノの挿入など大きく起伏し、ドラマチックに展開する。

冒頭#1に続き、9分の長尺で一際ダークに攻めていく#2「Part 2: Fugen No Tobira」、甘くメロディアスな全体像を維持しながら、邪悪さの滲むスラッシュリフやダブステップとの対比が鮮やかな#3「Part 3: Ichirai No Rougoku」、エレクトロとピアノの存在感の際立つ#4「Part 4: Yoru No Itadaki」と全4パートで構成されている。
ブレイクビーツ・クラシック・メタルが3すくみとなったハイブリットサウンドに一貫した今作。ミドルチューンの重さを重視した楽曲陣は、ゴシカルなサウンドと冷徹なサウンドが融合しており、独特な色合いの荘厳さが漂う。

ラストトラックとして収録されている#3のBallad Versionはピアノ弾き語りを軸にした一曲。バンドのメランコリックな側面にクローズアップしている。

Djentやダブステップなど激しくテクニカルな要素を多く含みつつも、佇まいは徹底してメロディアス・ドラマチック。ゴシカルで退廃的な世界観をじっくり味わう一枚としてお勧めしたい。

【for fan of what ?】
いわく「X JapanMeshuggahSkrillexを混ぜた感じ」のサウンドとの事。異種交配の結果はそのどれとも違った印象ながら、歎美でメロディアス・刻みのリフ・サイバーな音像と、それぞれの影響を垣間見ることが出来る。

ブレイクビーツとメタルの交配では、ふとIgorrrを思い出した(あちらは常軌を逸した激しさがウリのため全体的な印象はかなり変わって来ますが)。


【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[AnovA ♪「Nehan-涅槃-」]の続きを読む

Arcane Roots ♪「Blood & Chemistry」

2013年07月14日 00:54

arcane-roots-blood-and-chemistry-17978.jpg
【Artist】Arcane Roots >facebook<
【Title】Blood & Chemistry
【Rate】10/10

Rock

しなやかに伸びる歌声と、荒々しく尖るリズムの交錯する無類の躍動感。
2007年結成のイギリス産3ピースによる、1stフルアルバム。2013年作。
2011年にEPをリリースし、以降ポップな歌にマスロック・インディーロックの要素を組み込んだサウンドとパワフルなライヴから、既に現地の雑誌ではいくつかの高評価を得ている様子。

目下そのキャリア以上の期待を受けての今作だが、密やかなコーラスから一気にリフがなだれ込む#1「Energy Is Never Lost, Just Redirected」を聴けば、それらの期待に難なく応えている事が感じられる。これいいっすわ。
ハイトーンなヴォーカルはしなやかな丸みを帯びており、感情的というよりも情感豊か、といった表現が似合う。時折荒々しいシャウトを挟むが、曲のアウトロやフォーキーなバラード#9「Held Like Kites」など、要所でヴォーカルの優しいメロディーを主軸に据えている。
一方で、演奏陣のサウンドは冒頭のマス・インディーロックに加え、静はアンビエント、動はポストハードコアを想起させる物で、特にフックの効いたギターリフ捌きが常に無視できない。尖ったリズムが超絶グルーヴィーなダンサブルチューン#4「Sacred Shapes」や、冒頭のタッピングリフから後半のポリリズミックなパートまで目まぐるしく展開する#6「Triptych」など、攻撃力バツグンな攻めの演奏が随所で飛び出す。ポップな歌に負けじと存在感を主張しまくり、その応酬と交錯による音像は無類。

ポップな親しみ易さと激しい攻撃性のクロスオーヴァー。そんなオルタナティヴロック・ポストハードコアにおけるひとつの理想に対する彼らの答えが、この一枚には詰まっているように思わされる。3ピースとは思えない凄まじい情報量を持つ彼らのサウンドが、聴く者をただただ圧倒する。

【for fan of what ?】
ヴォーカルとギターの応酬は、Karnivoolの歌ゴコロとClosure In Moscowの攻撃性を掛けあわせたかの様で実に印象的。その他Dead Letter CircusThe Fall Of Troy等のリフ重視ポストハードコアを好む方は是非。今作は歌モノとしてもかなりの説得力があるので、幅広くエモ・UKロック好きにお勧めしたい逸品でもある。ちなみに現在、MUSEのツアーに一部参加している様子。

ちなみに前EP「Left Fire」と大きく作風を変えた訳でも無く、どちらかが気に入ればもう片方もアリアリと言った風情。ただ全体的に今作の方がロック・ハードコア方面にシフトしており、前作収録曲「You Are」の様なクリーントーンの高音フレーズを重視した曲はなりを潜めている印象。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Arcane Roots ♪「Blood & Chemistry」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。