スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Protest The Hero ♪「Volition」

2013年12月21日 23:34

VolitionProtesttheHero.jpg
【Artist】Protest The Hero >facebook<
【Title】Volition
【Rate】9/10

Metal / Punk / Thrash

バケモノじみた緻密で複雑なテクニックを、全て疾走感のためだけにつぎ込んだ結果。
スラッシーかつ堂々とした突進チューン#1「Clarity」で幕を開ける今作。時に下から捻り上げる様に濃く、時に上に突き抜ける様にのど越し良く、縦横無尽に立ちまわる力強いヴォーカル。ピロピロと始終忙しなく暴れまわりながら緻密に刻みまくるギター。中盤、女性ヴォーカルが加わると音の輪郭もさらりと色を変え、そのままクライマックスへと一気に盛り上がっていく。一曲終わるころにはアクション映画のエンディングを観切った様な達成感が。やった!遂にゴールに辿り着いたんだ!
・・・そんな寝言を一気に吹き飛ばすべく、#2「Drumhead Trial」の鮮烈なイントロが襲いかかる訳だが。当然というか、今作は1曲だけではなく11曲を収録している。カナダ産メタルバンドによる、2013年発表の4thスタジオアルバムである。

ネオクラやスラッシュ、メタルコアを全てミキサーに突っ込み最高速でぎゅんぎゅん回し続ける様な怒涛の展開と圧巻の演奏技術。そして過密とも言える演奏隊に正面からぶつかり全く埋れ無い歌声。デビュー以降ある意味で全くブレない方向性は、メンバーの経験とテクニックの上昇につれどんどんと佇まいを変えている。そんな中で、今作を貫く要素は「圧倒的なスピード感」。これに尽きる。聴者にスピードを体感させるという一点において、如何に彼らがこだわり抜いているか。今作ではそれがそこかしこで伝わってくる。
激情ハードコアを中心に据えながら随所に彼ら一流の弾きまくりリフ・ソロを仕込んでいる前述#2や、素直すぎる疾走ハードロックを軸に展開する#8「Mist」など、弾きまくりの中にシンプルなキレを目玉にしたパートの存在も良いアクセントになっている。おかげで曲内の激しい部分はもちろん、#7「A Life Embossed」の様な容赦の無い凝縮テクニカルチューンがさらに映える映える!
複雑かつ緻密な演奏ゆえに生まれるエグみを抜くアイデアはまだ隠れている。過去作でも何曲かに参加している女性Vo.Jadea Kelly女史が今作では4曲参加しており、要所で華と清涼感を添えている。超速タッピングがイントロからサビから常に駆け回る#4「Without Prejudice」での、やはり駆け回るベースの中で物憂げに旋律をなぞる彼女の歌声は短いパートながら白眉。

透明感のあるバラードで幕を開けるラストトラック#11「Skies」は一際刹那的な情熱を感じさせながら突き進み、そしてイントロの瑞々しさをリフレインして幕を下ろす。#1以上に圧倒的に作品の締めとしてふさわしい曲であり、やはり寝言は寝言だったと筆者は思う訳だがそれはもちろん余談である。

【for fan of what ?】
スピード狂、という意味では差し当たりDragonForceなど想起するが、ファン層が被るかは自信が持てない。ただ共通する部分はあるので、スピードメタルファン等にも勧めてみたい気持ちは強い。
テクニック至上という点でSikth、ハイトーンヴォーカルの存在感では初期Closure In Moscowを連想する。常時ソロを弾き続けるギターという意味ではDance Gavin Danceのファンも、あるいは。その他、疾走メタルコアと聴いて反応した奴は取り敢えず一回聴いとけ。

過去作との比較では、聴いたときの感触が前作よりもさらに1stの頃に近づいた、という印象。今作を目の前にすれば、3rdがかなり難解さを武器にした仕上がりだったと思わされる。
とにかく速い。誰が何と言おうが疾い。一瞬訪れる引きの叙情パートや歌いたくなるメロディーライン、曲を締めくくる時の雄大なスケール感、そして制作のためのファン出資援助(クラウドファンディング)が凄まじい額を記録したニュースすらもはやどうでもいい。走れ。ヘドバンの時間だ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Protest The Hero ♪「Volition」]の続きを読む
スポンサーサイト

Meshuggah新譜を楽しみにしつつ。

2012年02月08日 00:37

別のメタルな話でもしよっか!(

あ、ちなみに件の「Meshuggahの新譜」、簡単な情報など以下に。
発売日は4/2、国内盤はちょっと早く、3/28の様です。
タイトルは「Koloss」で、珍しく邦題も付いてこちらは「伏魔殿」。つまり、
「Koloss ~伏魔殿~」ですね!(併記しただけ。
ついでにちょっと調べてみたんですが、このタイトル、コロッサス(ロードス島の巨像)のドイツ語表記みたいなんですよね。そこを殿て。コロッセウム(円形闘技場)と勘違いしたのかしら等と無粋な想像をついついしてしまいます。いっそのことダジャレ込みで「殺戮巨像」とかにしたら良かったのに、とかつぶやいてたんですが、これはこれで検閲とか引っ掛かるんでしょうか。Parental Advisory的なアレですかね。ていうか本題からぐんぐんそれて行きますね。

戻しますね。
リリースは通常仕様の他、DVDが付いた限定盤が出る様子。で、国内盤だと毎度おなじみボーナストラックの追加っぽいです。コレクター共は全4種類ゲットだぜすればいいと思う。私はどうしようかな、カオがアップになってるジャケの方が好みだから、DVD付きを狙って行きたいですね(

じゃぁそろそろ別な話に移りましょうかしら。
【あ、でもMeshuggah好きにオススメする感じで!】
☆Amoral (Classic Rock / Pop / Rock)
☆Byzantine (Metal)
【はじまるよ!】
[Meshuggah新譜を楽しみにしつつ。]の続きを読む

In Flames ♪「Sounds of a Playground Fading」

2011年06月25日 01:25

In-Flames-Sounds-Of-A-Playground-Fading.jpg
【Artist】In Flames >myspace<
【Title】Sounds of a Playground Fading
【Rate】10/10

Metal / Death Metal / Thrash

敢えて言おう。メロデスとハードロックの融合であると。

結成当初からのメンバーであるGt.Jesper Strömblad氏の脱退を経た、10thアルバムとなる今作(2011年作)。メロデスの雄として名高い彼らですが、今作はかなり趣を変えてきました。

メロディアスに刻む単音リフとスラッシュリフを織り交ぜた「In Flames一流」のギターフレーズ。シンセのスパイスも効かせたモダンな音像を武器にしつつも、今作ではさらに、有機的でハラにくる重さがプラス。ハードロック的な「フックの効き」が、メロデスの切れ味と混ざりあいながら聴き手にガツンと迫ってきます。
アルペジオからそっと始まる#1「Sounds Of A Playground Fading」のメインリフから顕著。「シャープでいて骨太」という、奇妙な感覚を味わう事が出来ます。

そして、彼らのもうひとつの武器であるAnders Fridén氏のヴォーカル。感情的なメロディーの歌い上げにディストーションをかけた様な独特のトーンのシャウトは今作でも健在。どころか、むしろ冴えに冴えわたっていると言えます。
特に、過去のキャリアでは浮いていたかもしれない、バラード100%な曲の存在。荒涼とした音像の#7「The Attic」ではつぶやく様な歌声が違和感なく沁みて行き、アンニュイな暗さと「らしからぬ」前向きな明るさが行き来する#13「Liberation」は、タイトル通り「解放」を想起させる表現力で響いてきます。

そして、完全にクリーントーン主体のヴォーカルラインにスリリングなリフが絡み、これでもかと叙情を湛えた#9「Ropes」。今作をエッセンスを凝縮したキラーチューンと言いたくなるエネルギーを感じます。

メロデスの方法論をハードロックへ持ち込み、鋭さを随所に見せながらも豊かなメロディーを散りばめる。メロディーとデスメタルを融合させた彼らは、ここでまた、矛盾を融合させようとしている様です。

【for fan of what ?】
バンドの超重要人物が抜けた影響はデカイです。
そんな“問題作”ですが・・・彼らを知る人向けには、分かりやすく行きましょう。
イェスパー氏のギターが好きだった人へ。今作は不要です。「彼ら一流のリフ」とは言え、当然ほかの要素が目立っていますし、ツインギターのアンサンブルもありません。ついでに言うと疾走感も控えめです。REROUTE TO REMAINのデジタルリマスターが同時発売されているので、そちらへの期待をお勧めします。
アンダース氏のヴォーカルが好きな人へ。今作は間違いなく買いです。歌メロ大幅パワーアップの今作。「メロディアスなシャウト」もがっつり聴かせてくれますし、多少のデス要素減は気になりません。

彼らのキャリアにおいて、現時点でかなりインパクトのある一枚である事は確か。In Flamesと言うバンドに新しさを求める人にとっては、過去の名盤にも劣らない魅力があると思います。個人的には、しばらく経ってからまた聴き方が変わりそうな予感がして、そういう意味でも好きな作品です。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[In Flames ♪「Sounds of a Playground Fading」]の続きを読む

Zach Hill ♪「Face Tat」

2011年05月10日 00:00

51iDmKyAUmL__AA500_.jpg
【Artist】Zach Hill >myspace<
【Title】Face Tat
【Rate】8/10

Thrash

Hellaの超絶変態ドラマーと名高いZach Hill氏。2010年発表の今作は、彼のソロ名義2ndです。

タフでいて自由奔放なドラミングの彼。民族音楽的な空気をなんとなく孕んでおり、時折呪術的にも響いてきます。手数も凄いがそれ以上にスリリングな味わいがクセになるのです。
そして、「Drums:Zack Hill」に留まらず、ヴォーカルを始めとしてキーボードに至るまで一通りを彼自信が手掛けています。さらにNick Reinhart氏(Tera MelosのGt.)など、Tera MelosDeerhoofNo Ageのメンバーがさらに周りを固めて・・・といった風情。

そこはかとないケチャな雰囲気のちゃかちゃかとしたドラムとスティールドラムを模したギターサウンドが繰り返される#3「Ex-Ravers」。強烈な酩酊感を誘う、シンプルで執拗な一曲。
一方でヒリヒリとした切れ味のあるギターのハードコアな#11「Total Recall」。ストレート疾走感がアルバム通してのサイケな音像と合わさることで、妙に刹那的というか・・・何とも言えない“劇物”感が漂っています。
そしてZach Hill & Carson McWhirterという完全にHellaなタイトルトラック#12「Face Tat」がヤバい。激しく叩きまくるドラムとぐしゃりと潰れたファズサウンドで弾きまくるギターのせめぎ合う3分半。この曲の為だけに買っても損はしません。

ある種有機的な、彼のドラムサウンド。それに乗っかるのが、人力ブレイクビーツの様な細切れギターやノイズそのもの、エフェクトでサイケデリックに反響するヴォーカル(歌と言うより掛け声に近いような・・・メロディーも、あるような・・・)などなど。実に捉え所のない音楽をやってます。断片的な歌メロがうっかりキャッチーで、それが不可思議さを見事に際立てている逸品。

【for fan of what ?】
メンバー出身バンドとして、HellaTera Melosなど。また、Battles辺りのマスロックの極致を好む方にオススメ。キャッチーさのバランスは、個人的にTera Melos最新作「Patagonian Rats」より安定して聴こえました。
Vo.の感じで、Wild Orchid Childrenを少し思い出しました。エレクトロ要素こそないですが、音の輪郭なんかは共通する雰囲気を湛えています。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Zach Hill ♪「Face Tat」]の続きを読む

Protest The Hero ♪「Scurrilous」

2011年03月23日 00:29

Protest-The-Hero-Scurrilous.jpg
【Artist】Protest The Hero >myspace<
【Title】Scurrilous
【Rate】10/10

Metal / Punk / Thrash

疾走ハードコアにネオクラシカルをぶち込んで、仕上げは変拍子スラッシュメタル!プログレもあるよっ!!
さてさて。カナダ産メタルバンド・Protest The Heroの、3rdフルアルバムとなる2011年作です。

「変拍子がアクセント」どころの話ではなく、完全にリズムチェンジありきで構成されているリフの数々。息もつかせぬ勢いで次々と繰り出されるが、しかしツギハギ感をあまり感じないのが怖ろしい。さらにスウィープ多用タッピング多用のソロフレーズも、リフ扱いで曲中に遍在。ネオクラシカルの心得を感じるメロディーが、めまいを誘う激しさで響き渡ります。

そんな中、Rody氏による、『オペラ調』とも評される肝の据わったヴォーカルが存在感大。大仰に歌い上げるメロディーは激し過ぎる演奏の中でも埋もれることが無く、曲をぐっとキャッチーにまとめ上げてくれます。#2「Hair-trigger」では、1st「Kezia」にてゲスト参加していた女性Vo.Jadea Kelly女史が再び参加した曲も。ドラマチックに盛り上がるデュエットは鳥肌モノです。

そして、「より複雑に」を地で行く進化を見せる彼らですが、時折、「フィナーレ!」とでも言いたくなるような清々しさで曲を締める展開も顔を見せます。メロウなジャズや疾走ハードコアが交錯する#4「Moonlight」でも、ラストで一気に大団円な空気へ。『PTHならでは』な空気はここでも健在です。

【for fan of what ?】
芯の太い特徴的なヴォーカル、テクニックをつぎ込みまくるギター・・・音のキモは同じ路線ながら、過去作とは違う印象もあります。

1stと比べると、今作は明らかに進化した技量を堪能できる逸品。ただ、シンセサウンドが目立ち緩急の激しい『プログレッシヴな』2ndよりは、かなりソリッドな仕上がりです。バンドサウンド主体と言う意味ではむしろ1stに近い印象がありました。ちなみにグロウルも、前作に比べかなり少なくなっています。
・・・尤も、曲の圧縮率・疾走感はバンド史上随一だと思います。今作に関してはプログレッシヴメタルと言うよりメタルコア、しかもカオティックハードコアに片足突っ込んだ物になっているかと。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Protest The Hero ♪「Scurrilous」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。