スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Protest The Hero ♪「Volition」

2013年12月21日 23:34

VolitionProtesttheHero.jpg
【Artist】Protest The Hero >facebook<
【Title】Volition
【Rate】9/10

Metal / Punk / Thrash

バケモノじみた緻密で複雑なテクニックを、全て疾走感のためだけにつぎ込んだ結果。
スラッシーかつ堂々とした突進チューン#1「Clarity」で幕を開ける今作。時に下から捻り上げる様に濃く、時に上に突き抜ける様にのど越し良く、縦横無尽に立ちまわる力強いヴォーカル。ピロピロと始終忙しなく暴れまわりながら緻密に刻みまくるギター。中盤、女性ヴォーカルが加わると音の輪郭もさらりと色を変え、そのままクライマックスへと一気に盛り上がっていく。一曲終わるころにはアクション映画のエンディングを観切った様な達成感が。やった!遂にゴールに辿り着いたんだ!
・・・そんな寝言を一気に吹き飛ばすべく、#2「Drumhead Trial」の鮮烈なイントロが襲いかかる訳だが。当然というか、今作は1曲だけではなく11曲を収録している。カナダ産メタルバンドによる、2013年発表の4thスタジオアルバムである。

ネオクラやスラッシュ、メタルコアを全てミキサーに突っ込み最高速でぎゅんぎゅん回し続ける様な怒涛の展開と圧巻の演奏技術。そして過密とも言える演奏隊に正面からぶつかり全く埋れ無い歌声。デビュー以降ある意味で全くブレない方向性は、メンバーの経験とテクニックの上昇につれどんどんと佇まいを変えている。そんな中で、今作を貫く要素は「圧倒的なスピード感」。これに尽きる。聴者にスピードを体感させるという一点において、如何に彼らがこだわり抜いているか。今作ではそれがそこかしこで伝わってくる。
激情ハードコアを中心に据えながら随所に彼ら一流の弾きまくりリフ・ソロを仕込んでいる前述#2や、素直すぎる疾走ハードロックを軸に展開する#8「Mist」など、弾きまくりの中にシンプルなキレを目玉にしたパートの存在も良いアクセントになっている。おかげで曲内の激しい部分はもちろん、#7「A Life Embossed」の様な容赦の無い凝縮テクニカルチューンがさらに映える映える!
複雑かつ緻密な演奏ゆえに生まれるエグみを抜くアイデアはまだ隠れている。過去作でも何曲かに参加している女性Vo.Jadea Kelly女史が今作では4曲参加しており、要所で華と清涼感を添えている。超速タッピングがイントロからサビから常に駆け回る#4「Without Prejudice」での、やはり駆け回るベースの中で物憂げに旋律をなぞる彼女の歌声は短いパートながら白眉。

透明感のあるバラードで幕を開けるラストトラック#11「Skies」は一際刹那的な情熱を感じさせながら突き進み、そしてイントロの瑞々しさをリフレインして幕を下ろす。#1以上に圧倒的に作品の締めとしてふさわしい曲であり、やはり寝言は寝言だったと筆者は思う訳だがそれはもちろん余談である。

【for fan of what ?】
スピード狂、という意味では差し当たりDragonForceなど想起するが、ファン層が被るかは自信が持てない。ただ共通する部分はあるので、スピードメタルファン等にも勧めてみたい気持ちは強い。
テクニック至上という点でSikth、ハイトーンヴォーカルの存在感では初期Closure In Moscowを連想する。常時ソロを弾き続けるギターという意味ではDance Gavin Danceのファンも、あるいは。その他、疾走メタルコアと聴いて反応した奴は取り敢えず一回聴いとけ。

過去作との比較では、聴いたときの感触が前作よりもさらに1stの頃に近づいた、という印象。今作を目の前にすれば、3rdがかなり難解さを武器にした仕上がりだったと思わされる。
とにかく速い。誰が何と言おうが疾い。一瞬訪れる引きの叙情パートや歌いたくなるメロディーライン、曲を締めくくる時の雄大なスケール感、そして制作のためのファン出資援助(クラウドファンディング)が凄まじい額を記録したニュースすらもはやどうでもいい。走れ。ヘドバンの時間だ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Protest The Hero ♪「Volition」]の続きを読む
スポンサーサイト

ロシアのサイケストーナーパンクを継続して推していくエントリ。

2013年06月07日 00:00

なんやかんやで、facebook上で仲良い風なロシアのバンドマンより新譜のお知らせがあったので、ここぞとばかりに乗っかってきました。

☆The Grand Astoria >facebook<
【 Psychedelic / Stoner / Punk / Heavy metal 】

今年の初めに、1曲19分のシングルを歌詞対訳と言う形でご紹介した彼ら。
「サンクトペテルブルグの牛骨」と個人的にこっそり呼んでひいきにしているロシアの3ピースです。
2011年のアルバム以降プログレ性を一気に強めつつ、しかしながら1,2曲のコンパクトな作品を少しずつ投下しいた彼らですが、来る8月の末、遂に13曲入りのフル作のリリースが決定!したのです。
発売はちょっと先なんですが、Bandcampにて先行で2曲が視聴・購入可能となっています。

先ずはコチラ、タイトルトラックであります。のどかなカントリー調?の様なダークなハードロックの様な独特なイントロで幕を開ける一曲。たっぷり2分弱溜めてからの荒くれパンクで空気を変え、疾走しつつJimi HendrixやThe Mars Voltaを想わせるサイケなソロもぶち込んでくるまさに「最強パンク=サイケ」な7分間。

お次はこちら。『ルビコン』の単語が私の心を良い感じにくすぐる一曲。やはり7分以上を誇るこちらはインスト曲です。
やはりひとつのリフでガッツリと溜めて行く。この辺りはストーナー/サイケ界隈の魅力で、「嗚呼このリフを延々と聴いていたい!!!」的な欲求にピッタリはまればそれこそいくらでも浸れる訳ですが、ピンと来なければただただ冗長という諸刃の剣。私ですか?この曲だけフライング購入して割とヘビロテしてますね?

ストーナーと言えば、例えばKyussなんかは「desert rock(砂漠のロック)」を標榜したり、どちらかと言うと酷暑を連想させる音楽ジャンルです。しかしながら、彼らのfacebookページには、影響を受けたものとして「russian winters(ロシアの冬)」と記されています。
厳しい自然という共通項ながら、極寒をルーツに持つ特異のストーナー。アルバムの全容、割と注目してます。
[ロシアのサイケストーナーパンクを継続して推していくエントリ。]の続きを読む

【意訳対訳】♪To Whom It May Concern(by The Grand Astoria)

2013年01月23日 04:58

【Artist】The Grand Astoria >facebook<
【Music Title】To Whom It May Concern




アテの無いBandcamp巡りを通じて出会ったコチラ。2009年結成の、ロシア産3ピースでございます。元々はサイケ・ストーナー界隈のバンドらしく、初期作はザラリとしたギターサウンドと荒くれヴォーカルで突き進むサウンドが軸になっている様子でした。・・・がしかし!徐々にプログレ方面へのアプローチを強めてきたとのことで、2011年作の2曲入りEPではプログレッシヴ・ストーナーと言いたくなるかなりの異端サウンドを打ち出しています。
そして今回ご紹介は、約19分1曲のみで構成された作品。これだけでプログレファン大歓喜なんですけど、中身も濃く、隙の無い作品であります。ダークに淡々と刻み続ける前半戦と、荒涼とした後半戦の対比からは、単純な酩酊とは違う、哲学的な佇まいを感じさせてくれます。

そんなこんなで歌詞も気になってきたので、レビューついでに対訳挑戦と相成りました。曲タイトルはメールの枕詞で使われる「関係者各位」、あるいは直訳的に「当てはまる人全てに」といった所でしょうか。対訳を進めて行くと、後者の方がしっくりくる感じでした。


【以下、想像力一杯に日本語訳。】
※元の英詞は載せません。なんとなく(しかしながら、各種リンク先で読めます)
※基本的に翻訳サイト・辞書サイトとにらめっこして作っているので、正確性にはどうしても疑問が残ります。
 ある種二次創作的な感覚でどうぞ。
【はじまるよ!】
[【意訳対訳】♪To Whom It May Concern(by The Grand Astoria)]の続きを読む

Blood Command ♪「Funeral Beach」

2012年12月09日 20:29

Blood-Command-Funeral-Beach-Cover-BRUKK.jpeg
【Artist】Blood Command >facebook<
【Title】Funeral Beach
【Rate】10/10

Hardcore/Punk/Rock

北欧はノルウェーで活動する"Deathpop"5人衆:ブラッド・コマンドによる、EP含め5作目となる2ndアルバム。2012年作。
シリアスに幕を開けるイントロと共に、まず耳を惹くのが女性ヴォーカルのシャウト。噛みついてくるハスキーな声の威圧感には媚びも気負いも無く、『硬派』の言葉が良く似合う。
ハードコアからオルタナティブロックを想起させる演奏陣もやはり硬派で、絶妙なミドルテンポは疾走感よりも力強さを感じさせてくれる。時折変拍子も噛ませ、フックの効いたリフ捌きが光る。
一分少々の一際短い、そして一際いかつい#2「March of the Swan Elite」など男性Vo.によるシャウトを目立たせた曲もあり、徹頭徹尾ガンガン攻めてくれる。

一方で、曲の要所でここぞと入る歌メロの威力も特筆モノ。
荒々しさと物憂げな切なさが忙しなく行き交い、後半の盛り上がりには感動すら覚えるキラーチューン#3「Cult of the New Beat」や、パンキッシュな明るさを背景にシンガロングを誘うコーラスがアツい#6「High Five for Life」などなど、ポップに突き抜けた、そして甘くなり過ぎないメロディーラインが随所にちりばめられている。そしてそのポジティブなエネルギーが鋭く影のあるリフと調和して、無類のドラマ性を演出してくれるという寸法だ。ラストを飾る6分越えのタイトルトラック#11「Funeral Beach」ではシューゲイザーや幽玄ポストロックにも近い、内省的な叙情性を聴かせてくれる。

苦みのある叙情と圧力十分の攻撃性、そして何よりドラマチックな盛り上がりに溢れている。
不屈の応援歌として、拳を握る助けにしたい逸品。

【for fan of what ?】
個人的に一番近しい空気を感じたのが、Thursday・The Usedの様なバンドたち。目付き鋭い影の垣間見えるメロディーには、シリアス寄りなスクリーモ勢のファンにお勧めしたくなりました。
一方で、ポップに突き抜けたな歌メロにはGreen Dayの様なポップパンク勢を想わせるほどでもあったり。

女性ヴォーカルながら硬派、という感じではHalestormの雰囲気にも近しいです。あちらはハードロックなのでサウンドの方向性は似てないんですけどね。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Blood Command ♪「Funeral Beach」]の続きを読む

一ヶ月の沈黙を裂く怒号

2012年11月14日 03:19

とかなんとか。(更新停滞申し訳ないです。
エントリのタイトル、結構力強い感じにしてますがこれは思いついただけなので、本文は低血圧な風味で行きますよ。

まずは、こちらの音源から。
“Cult Of The New Beat”

いーかんじに厳ついイントロ、からの噛みついてくる様な女性Vo.の荒々しさ、そして超絶キャッチーなサビを経てからの、ドラマチックに盛り上がる後半戦。こいつぁアツい・・・!

という訳で、一曲聴いたらさっそく高血圧な風味ですが、ご紹介しましょう。
☆Blood Command >facebook<
【 Hardcore /Punk / Deathpop 】

ノルウェーの5ピースバンドでございます。パンクパンクした疾走感やざらついたヴォーカルの佇まいなど、ストレートパンチな激しさが実にすがすがしい。割に、楽器隊のセンスがどこかトンガってるような、時折ものすごい懐の深さを垣間見せてくれる辺り抜け目が無い。そして油断した頃に湧き上がってくるメロディーの眩しさよ。ああやっぱりこいつらポップパンクだぜ、なんて思わせてくれちゃったりなんかしちゃいますのん(落ち着け
冒頭で紹介した曲は、2012年発売のアルバム「Funeral Beach」に収録されてます。そうですノルウェー産、流通は渋めです。
そしてこれは購入経路じゃないんですが、Bandcampで2枚のシングルがフル試聴できます(デジタル販売は対応してない様で。)

冒頭の曲はここでも聴けます。そうです。超気に入ってます。

ヘヴィネスとポップネスの共存っぷりにノックアウトです。サビの盛り上がりでなんかちょっと涙でてきそうになりますもん。


さて続きまして。ちょっと紅一点で繋いでみます。コチラのライブ映像をどぞ。
“Come Into My Head (live @ Webster Hall 10/20/12)”

ソウルフルあーんどスリリングっ!!
フュージョンやらサイケやらごちゃっと飲み込んだ演奏陣に負けない存在感の彼女、タンバリンの似合いっぷりがやたらと渋い。
☆Kimbra >facebook<
【 Pop 】

ニュージーランド出身の女性ソロアーティストでございます。オーストラリアを中心に活動しており、今年にはいってファーストアルバムのUS盤も発売、期待のルーキー的な活躍を見せている様子。先程紹介の動画では結構ロックな印象がありますが、少し前にはオーガニックなエレポップ:Gotyeとのコラボもしていたり。エレクトロやポップ界隈の存在という捉え方の方が自然な感じです。
事実、上記の曲も、MVではちょっと違う印象。差し当たってハイテンションドラムが入って無いのがデカイんですが、ソウル感・ニヒルな印象がより強いです。

こんなかんじ。映像がちょっとシュールでミョーな威圧感。

youtubeでは他にもスタジオライブ動画など色々あります。パフォーマンスのキレが安定してヤバいので、ご鑑賞アレ。ちょっとクセのあるポップミュージックがお好みの方は要チェックの歌姫でございます。

あと余談なんですが、彼女の歌メロセンスの端っこに、同じくオーストラリアで活動してるバンド:Closure in Moscowが脳裏をかすめた私。具体的にどこ、とか言えない辺りちょっともどかしいんですが。
オーストラリアのオルタナロックは要チェック、とか思ってたんですが、ポップもか。ポップも気にした方が良いか(



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。