スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eidola ♪「The Great Glass Elephant」

2014年01月12日 23:59

eidolacover.jpg
【Artist】Eidola >facebook<
【Title】The Great Glass Elephant
【Rate】9/10

Experimental / Post-Rock / Psychedelic

ブルースとポストロックを足してジンジャーエールで割った様な、煙たくも瑞々しいサウンドの滋味。
アメリカはユタ州プロヴォ出身の6人衆による、2012年にセルフリリースされたデビューフル作。

アナログレコードのノイズ音が混ざる物憂げヨーロッパ歌謡#1「Pugna E Eterna」で幕を開ける今作。しかしこの古ぼけた歌とピアノに続く#2「Going Nowhere」が曲者。密やかなパートと情熱的な盛り上がりを行き来する展開。ヴォーカルも、しなやかな低音から切々とした高音まで幅広く、一転して洗練されたサウンドへと一気に舵を切り彼らの世界へと連れ去ってしまう。

ブルージーな無骨さとエモーショナルな瑞々しさが交錯した、独特な質感のサウンドが今作では大きく存在感を主張している。こもったトーンのギターが耳を刺激する#3「A Night With Frank Sinatra, Two Tabs Of Mescaline, And A French Tranny」では低音の効いた無骨さが前面に押し出され、切迫した高音の歌い上げとシャウトが際立つ#9「The Alchemist And The Architect」などはフックの効いたリフがこれでもかと登場し、終盤の畳み掛けはスリリングの一言。一筋縄では行かないがしかし軸となるのはアッパーチューンであり、力強い聴かせドコロを随所に配置している。

一方で反響するアルペジオの眩しさが印象的な#7「Houses Movement II: Selling Worth」や、シューゲイザーを想起する降り注ぐ様なギターが全編に散りばめられた#11「Ours」など、大きなスケールを感じさせる楽曲・パートの存在も無視できない。1曲の中での表情が変わり曲ごとのカラーもバラエティに富んでいる。どの曲から聴き始めるかで受け取り方が変わってしまいそうなほど、アルバム全体の音像はなかなかに幅広い。

ブルースとポストロックを足してジンジャーエールで割った・・・というと詩的に過ぎるだろうか。煙たく幻想的ながら、ポストハードコアの攻撃性がシャキッと利いたおいしい逸品。
【for fan of what ?】
Dance Gavin DanceのGt.Will Swan氏主宰のレーベル:Blue Swan Recordsとの契約が決まり、2014年春に新譜のリリースを計画している彼ら。この界隈のポストハードコアファンは要チェックな作品と言えます。
ポストロック×ポストハードコア、という取り合わせではThat's Ragbyを想起する一方、エモい部分に焦点を当てるとFirst Signs Of Frostが脳裏をよぎったりもします。

また余談と致しまして。ヴォーカルラインに時々Toolを連想しますがファン層が被る気はあまりしないのでこれは寝言です。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Eidola ♪「The Great Glass Elephant」]の続きを読む
スポンサーサイト

Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」

2013年12月04日 19:05

Acceptance_Speech_-_Dance_Gavin_Dance.jpg
【Artist】Dance Gavin Dance >facebook<
【Title】Acceptance Speech
【Rate】10/10

Funk / Psychedelic / Screamo

Gavinは踊るだけでは気が済まない。歌いたいのだ。

アメリカはサクラメント出身の6人組ポストハードコアによる2013年作5thフル(自主制作のデビューEP「Whatever I Say Is Royal Ocean」を含めると6枚目)。
冒頭からの鋭く切れるシャウトに、それをかいくぐるように繰り出されるギターの高音ピロピロフレーズ。そして、少し遅れて登場するクリーンヴォーカルは一転して中性的な透き通ったハイトーン。ダンサブルに跳ねる歌メロパートが終われば再びシャウトとギターの正面衝突・・・。目まぐるしく表情を変え最後のラップで締めるまで、#3「Acceptance Speech」は今の彼らを凝縮した一曲として実に象徴的です。

クリーン・シャウトのツインVo.に、さらにGt./Vo.も叫び(時々)ラップするトリプル仕様のヴォーカルはやはり圧巻。その中でも、メンバーチェンジを経て今回新任となったクリーンVo.Tilian Pearson氏の歌唱は、今作の中でかなり中核を担う存在となっています。DGDと同レーベルRiseRecords所属のバンド:Tides Of Manからやってきた彼。エモ畑の華奢な甘さを持った彼の歌メロセンスは過去作のR&B由来なオトコマエメロディーとはかなり趣を異にして聴こえてきます。
#2「The Robot with Human Hair, Pt. 4」のサビは何回か聴けば鼻歌で追いかけたくなり、#9「Death of the Robot with Human Hair」に至っては全編通して""が付くほどポップな代物で、攻撃的なパートも完全に脇役扱い。

また、今まではヴォーカルを浸食する勢いで前に出ていたギターも、今回は大人しい・・・と見せかけて、「DGD節」とも言える歌いまくりギターは今作でも常に機会を伺っています。
メタルコアに接近する#4「Carve」冒頭の激情スコールや、#10「The Jiggler」で中核を担う、ミドルテンポの馬力あるヘヴィリフ。いつものスペイシーに拡がる高音域のソロフレーズじみたリフ以外にも、随所に印象的なパートがちりばめられていました。

超強力な歌メロを備え、かねてから意識を向けていた予感もあったポップネスへと一気に接近した彼ら。今までの荒々しい武器を丁寧に研ぎ軽やかな清涼感を漂わせるサウンドにファンとして困惑しながら、気が付けば一緒に歌っている自分がいました。

【for fan of what ?】
過去作と比べ、今作は一聴しての印象がかなり違っています。音のバランスが明らかに歌を(シャウト含め)目立たせようとしている。特に前作が原点回帰的な作風だった事もあり、この変化は非常に強く特徴的です。
ファンク&ポップな3rd「Happiness」の路線を改めて発展させ、さらに新Vo.のエッセンスをふんだんに活かした結果ここまでポップに突き抜けたのか、といった風情。
そういえばと言いますか、1stから継続してアートワークを担当しているMattias Adolfsson氏によるジャケットアートも、3rdと似たレイアウトですね。ウォーリーの隠れていそうな異世界描写は今回もステキ可愛い。

そしてこの辺りは邪推ですが、Will Swan氏主宰のレーベルで音源発表したStolasと、彼も参加するスーパーチームSianvarがかなりアグレッシヴで激烈ハードコアな作風を目玉にしています。住み分け・・・!?

The Mars Voltaに端を発するポストハードコアのひとつの流れで語られる彼ら。The Fall of TroyCirca Surviveも引き合いに出されるバンドですが、今回は歌を聴きながらイギリスの大人気ボーイズ・グループやカナダの若き天才シンガーソングライターを思い出しちゃったりしました。・・・関連付けるには多少強引なので明言は避けますけど。
今回の歌声にピンと来たあなたはTides Of Manを聴こう。ぜひ聴こう。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」]の続きを読む

宇宙と極寒のストーナー

2013年11月17日 00:00

最近めっきり冷えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか(超普通の挨拶だ・・・!
寒い時には寒い国の音楽でも嗜みましょうよ、という前置きで、毎度ひいきにしているロシア産のストーナーバンドの新譜情報でございます。

☆The Grand Astoria >facebook<
イエス、露西亜の牛頭蓋。11月初めに発表されたばかりのEP「Deathmarch」のご紹介です。


冒頭の長い宇宙なイントロで出迎える「Now or Never」
実にFuzzいサイケロックのトーンに、シンプルながらグルーヴィーなリフで攻めるインスト「Deathmarch」
一転して、冒頭のどこか牧歌的な歌からのダーク&疾走な「World Without a Smile」
もこもこしたギターサウンドとどこか明るいフレーズが前面に押し出された、サイケなソロが大暴れするインスト「Aelita, The Queen Of Mars 」
そして宇宙な茫漠感あふれるサウンドとメロウな歌メロが交錯する「No Way Out」、の以上5曲。

長尺曲ならではの大きくドラマチックに展開する曲の緩急が光る楽曲陣は彼らのお家芸と言って良いのでは。そしてやはり、硬派なリフを次々と繰り出しながらも歌の無い長尺インストパートが一際アツい!どうなんすかそこんとこ!すげいよくないすか!
プログレッシヴ方面だと、ちょっと初期King Crimsonの香りがしてくるんですよね。マッチョなギターリフと合わさってるおかげで何かすごい新鮮。ゑぁゑぁロッキンなソロとかも。

プログレッシヴ・ストーナーの道を今後ともガンガンと突き進んでいただきたい。精力的な音源リリースを続ける彼ら、次の動きも既に楽しみです。
・・・PC新調したら、旧譜含めて財布を脅迫する勢いで購入せねばな・・・!

ロシアのサイケストーナーパンクを継続して推していくエントリ。

2013年06月07日 00:00

なんやかんやで、facebook上で仲良い風なロシアのバンドマンより新譜のお知らせがあったので、ここぞとばかりに乗っかってきました。

☆The Grand Astoria >facebook<
【 Psychedelic / Stoner / Punk / Heavy metal 】

今年の初めに、1曲19分のシングルを歌詞対訳と言う形でご紹介した彼ら。
「サンクトペテルブルグの牛骨」と個人的にこっそり呼んでひいきにしているロシアの3ピースです。
2011年のアルバム以降プログレ性を一気に強めつつ、しかしながら1,2曲のコンパクトな作品を少しずつ投下しいた彼らですが、来る8月の末、遂に13曲入りのフル作のリリースが決定!したのです。
発売はちょっと先なんですが、Bandcampにて先行で2曲が視聴・購入可能となっています。

先ずはコチラ、タイトルトラックであります。のどかなカントリー調?の様なダークなハードロックの様な独特なイントロで幕を開ける一曲。たっぷり2分弱溜めてからの荒くれパンクで空気を変え、疾走しつつJimi HendrixやThe Mars Voltaを想わせるサイケなソロもぶち込んでくるまさに「最強パンク=サイケ」な7分間。

お次はこちら。『ルビコン』の単語が私の心を良い感じにくすぐる一曲。やはり7分以上を誇るこちらはインスト曲です。
やはりひとつのリフでガッツリと溜めて行く。この辺りはストーナー/サイケ界隈の魅力で、「嗚呼このリフを延々と聴いていたい!!!」的な欲求にピッタリはまればそれこそいくらでも浸れる訳ですが、ピンと来なければただただ冗長という諸刃の剣。私ですか?この曲だけフライング購入して割とヘビロテしてますね?

ストーナーと言えば、例えばKyussなんかは「desert rock(砂漠のロック)」を標榜したり、どちらかと言うと酷暑を連想させる音楽ジャンルです。しかしながら、彼らのfacebookページには、影響を受けたものとして「russian winters(ロシアの冬)」と記されています。
厳しい自然という共通項ながら、極寒をルーツに持つ特異のストーナー。アルバムの全容、割と注目してます。
[ロシアのサイケストーナーパンクを継続して推していくエントリ。]の続きを読む

【意訳対訳】♪To Whom It May Concern(by The Grand Astoria)

2013年01月23日 04:58

【Artist】The Grand Astoria >facebook<
【Music Title】To Whom It May Concern




アテの無いBandcamp巡りを通じて出会ったコチラ。2009年結成の、ロシア産3ピースでございます。元々はサイケ・ストーナー界隈のバンドらしく、初期作はザラリとしたギターサウンドと荒くれヴォーカルで突き進むサウンドが軸になっている様子でした。・・・がしかし!徐々にプログレ方面へのアプローチを強めてきたとのことで、2011年作の2曲入りEPではプログレッシヴ・ストーナーと言いたくなるかなりの異端サウンドを打ち出しています。
そして今回ご紹介は、約19分1曲のみで構成された作品。これだけでプログレファン大歓喜なんですけど、中身も濃く、隙の無い作品であります。ダークに淡々と刻み続ける前半戦と、荒涼とした後半戦の対比からは、単純な酩酊とは違う、哲学的な佇まいを感じさせてくれます。

そんなこんなで歌詞も気になってきたので、レビューついでに対訳挑戦と相成りました。曲タイトルはメールの枕詞で使われる「関係者各位」、あるいは直訳的に「当てはまる人全てに」といった所でしょうか。対訳を進めて行くと、後者の方がしっくりくる感じでした。


【以下、想像力一杯に日本語訳。】
※元の英詞は載せません。なんとなく(しかしながら、各種リンク先で読めます)
※基本的に翻訳サイト・辞書サイトとにらめっこして作っているので、正確性にはどうしても疑問が残ります。
 ある種二次創作的な感覚でどうぞ。
【はじまるよ!】
[【意訳対訳】♪To Whom It May Concern(by The Grand Astoria)]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。