スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」

2014年02月25日 21:51

Cynic_kindly_bent_to_free_us_cover.jpg
【Artist】Cynic >facebook<
【Title】Kindly Bent to Free Us
【Rate】9/10

Metal / Progressive / Fusion

強烈な余韻を残す、静かなる炸裂。
Paul Masvidal氏、Sean Reinert氏、Sean Malone氏のトリオ編成で放たれる2枚のEPを経た3rdスタジオアルバム。2014年作。

柔らかな佇まいなのに強烈な余韻を残す。聴いた時の第一印象はこうだろうか。
ひんひんとしたノイズが鳴りアルペジオと共にそろそろと幕を開ける#1「True Hallucination Speak」。オーガニックな輪郭の音と穏やかなテンポで、しかし尖りのあるフレーズを繰り出すギターに面食らう。
薄く皮膜のかかった様なヴォコーダー処理がされたヴォーカル。有機的な丸みを帯びたギターによるメタルに通じるリフ。フレットレスベースによるしなやかな低音。雄大な力強さを湛えたドラム。音圧自体は抑えた物だが、音の一つ一つに押し込められたエネルギーが無意識に絶えず訴えかけてくる。

不思議な明るさを湛えた#2「The Lion's Roar」やスペイシーなシンセの目立つ#4「Infinite Shapes」における歌メロの存在感など、異界のバラードと言いたくなる奇妙な優しさ・人懐こさが全編に一貫している。#4の中盤に挿入されるソロパートが狼の遠吠えにも似て聴こえたり、無機質な要素の中に生き物の気配を感じるのが何よりも印象的だ。

また、憂いたメロディーがどこかディストピアめいた重さを感じさせる#6「Gitanjali」やシュレッドリフの刻みがスリリングな#7「Holy Fallout」といった、メタルに接近する攻撃性を持ったパートも少なくは無い。音の質感とのギャップで、やはり奇妙な余韻を生んでいる。
ラストトラック#8「Endlessly Bountiful」はタイトルの通り"永遠に満ち満ちた"開放感が広がるアンビエント/フュージョンナンバー。ほどけるように幕を閉じていく。

【for fan of what ?】
メタルとフュージョンを正面衝突させ異次元SFを聴き手に叩きつける。それがCynic、だと筆者は思っています。
1stはそれをデスメタルを通して体現した。
2ndはそれをプログレッシヴメタルを通して体現した。
そして今作はプログレッシヴロックを通して体現した。と。
下敷きを変えただけで、やっている事は変わっていない様にも感じます。

メタルならではの高揚感に満ちた2ndからはかなり距離をとっています。しかし一方で、ギターが完全に裏方だった「Carbon-Based Anatomy」からも距離がある。EP「Re-Traced」収録の「Wheels Within Wheels」の延長線上にある印象で、休止中に活動していたプロジェクトThe Portalの方向性を改めてCynicからアプローチしたという雰囲気も。
70年代への憧憬を隠さなかったOpethの「Heritage」や、いよいよカリスマを滾らせてきているSteven Wilsonを聴いている身としては、漠然としたムーヴメントの様な物も感じてしまいます。

なお、今作はいくつかの場所でThe Beatlesからの影響が指摘されています。しかし浅学ながら筆者には分からず実に無念。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」]の続きを読む
スポンサーサイト

国産ポストメタル青田買い

2014年01月29日 23:00

(  '-')あんこくいっとく?(挨拶

以前からtwitterでふわりと交流のあった方からバンド情報を頂いて中々の注目株だったのでご紹介しますよぅ。
☆Sweet Sleep >facebook<
【 Progressive / Rock 】

東京で活動中の4ピース。まだ結成間もないバンドで、現在Soudcloudにデモが3曲UPされているだけです。

鬱屈した重苦しい空気と分厚く刻むリフ、そしてゆらゆらと漂う女性ヴォーカル。9分半のじっくりと展開する中にも日本ならではな「サビ」を感じる瞬間が控えていて興味深い。ミステリアスでシリアスなドラマ性は、荒削りなデモ版ながら芯の強いバンドコンセプトを感じさせてくれます。
黒いポストメタルの香りからはIhsahn、Intronaut辺りを想起しつつ、やはり女性ヴォーカルの質感が印象的。神秘プログレメタルAgohraや国産オルタナCOgeNdshEのファンもちらっとチェックしてみては如何でしょうどうでしょう。

これきっと現状はライブの方がかっこいい奴。しかしながら今後のパワーアップを強く期待しています。

"Aghora - Satya"

AgohraはCynicのメンバーが以前やっていた再度プロジェクト、なので超絶テクニカルなベースが暴れるんですけどね。

"COgeNdshE - 錯乱"

COgeNdshEは残響印のポストロック周辺のセンスを取り込んだやはり独特なバンド。

(  '-')そうです。ミステリアスな空気こそ共通項を感じるものの、重さでまったく別の方向性なので要注意です。

Leprous ♪「Coal」

2014年01月18日 22:18

reprouscoal.jpg
【Artist】Leprous >facebook<
【Title】Coal
【Rate】9/10

Metal / Progressive

非現実に手を触れるような、だまし絵に似た深淵。
Ihsahnのバックバンドを務めている事でも知られているノルウェー出身の5人組による2013年作3rdアルバム。

ギターとドラムが交互に鳴る、重厚な7拍子の#1「Foe」で幕を開ける今作。3拍子の最後にタメが入る様な淡々とした行進。そのまま、声楽曲を連想する歌詞の無いコーラスに続き、長い長いリフレインがそのままアウトロとなり次の曲へ移っていく。5分超の曲だが、その大半がヴォカリーズの反復だ。
この曲に限らず、今作は何を置いても「長さ」が目立つ。10分に接近する長さの#7「Echo」での、霧が晴れるように明るさを増す中盤に至るまでの流れなど、フレーズをじっっっくりと身体に巡らせるような長いパートが曲の中心に陣取っている。それゆえに、特に一回目の視聴では非常にとっつきにくい。複雑さは無く、むしろシンプルであるにも関わらず。

いつ終わるか分からなくなってしまう程の長さ、ではあるが、そんな中で、歌のメロディーが聴かせる力として大きな存在感を放っている。
オペラ調な歌メロを主軸に据えた、ヒロイックで大仰なハイトーン。先述の通り様々な場面でヴォカリーズを聴かせ、バラード曲#4「The Cloak」ではその感傷的な力強さが全編に渡って発揮されている。

一方、珍しくグロウルが頻出する#8「Contaminate」でのポリリズミックなスラッシュリフなど、メロディーよりも複雑なリズム構成で攻めるリフが随所で睨みを利かせている。ドロドロとした音像で刻む#3「Coal」の、後半につれ無機質さを増し、有機的ヴォーカルとのコントラストをさらに強める展開など、次々と表情を変えていく攻撃性も無視できない。

ある種酩酊感を誘うような長尺主義の楽曲構成だが、パートひとつひとつは輪郭がはっきりとしている。この質感と前後関係があやふやになる不気味さの同居は、エッシャーのだまし絵を眺めている感覚に近いかもしれない。非現実に手を触れるような、人の意識に滑り込むエネルギーを孕んだ怪作と言いたい。

【for fan of what ?】
前作に引き続きPain Of Salvationなど、プログレメタルの中でもアクの強い個性を持ったサウンドに興味のある方は是非。
リズムで攻めるリフの部分はMeshuggah直系ともKing Crimson(特にアルバムThrack辺り)直系とも言える。
先に少し触れたが、サイケ・ドゥームやミニマル音楽的な展開をプログレッシブメタルのまま採用したと言った風情の曲が目立つので、ヘドバン野郎にはおいそれとお勧め出来ない。この辺りは前作と趣を異にしている印象。

Ihsahnのファンにチェックして欲しい一方、彼が過去に名を馳せたブラックメタルバンド:Emperorのファンにはやはりおいそれとお勧め出来ないオーラである。

ちなみに周辺情報的な所ですが、前作に引き続き今作のミックス担当はJens Bogren氏バンド名Opeth、バンド名Katatonia等との仕事で活躍)、そしてカヴァーアートはJeff Jordan氏The Mars VoltaT.R.A.M.等のアートワークで活躍)による物。マニアはこの情報だけでも買ってしまうのでは。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Leprous ♪「Coal」]の続きを読む

A Lot Like Birds ♪「No Place」

2013年12月17日 22:31

alotlikebirdsnoplace.jpg
【Artist】A Lot Like Birds >facebook<
【Title】No Place
【Rate】9/10

Progressive / Post-Whatever / Experimental

子供の想像力が暴走したようなホラーハウス。幻想的で、底が見えない。
アメリカカリフォルニア州はサクラメント出身の、ツインVo./ツインGt.を擁するポストハードコア6人衆による2013年作3rd。

変則的な小爆発を繰り返しながら突進するリズム。トロピカルな艶を感じさせるクリーントーンと直情的ハードコアパワーコードの正面衝突。そしてツインVo.による、伸びやかなハイトーンと捲し立てる様なシャウトの交錯。授業チャイムのあのメロディが登場するイントロトラックに続いて炸裂する#2「No Nature」のスリリングで奔放な演奏には「エクストリーム」「カオティック」という言葉が良く似合う。
静と動を同居させた独特の凝縮サウンドは、ハードコア畑には珍しい楽器のゲスト参加でさらに混沌を濃くしていく。先述#2ではコンガの暑苦しいビートが乱入し、冒頭からボルテージ全開かつ性急でキレまくりなリズムで攻める#9「Recluse」でもやはり暑いトランペットの至近射撃。ここぞというタイミングで一点突破的に差し挟まれるプログレッシヴな攻撃力は正に無類。

一方で今作は、幻想的な「引き」の曲も多く、それがただのインタールードでは済まない存在感を放っていて手強い。霧深い湖畔を想わせ、ふわふわとした歌メロがメインとなる#7「Hand Over Mouth, Over and Over」や、ひりひりと不穏さを漂わせ激情パートを経てドラマチックに陰りを演出する#10「Shaking of the Frame」では、爆走チューンでは隠し味程度の魅力が一杯に拡がっている。これら2曲でもトランペットが登場するが、こちらでは一転して、朗々と物悲しい旋律を伸ばす。

そして、それら全ての要素を凝縮したと言える#5「Connector」は、ゲストプレイヤーの気配が無いが、しかし振れ幅の大きな今作にあって一際強いエネルギーを湛えている。ゆるやかなイントロからの爆発、そしてクリーントーン主体のギターと緊迫したドラム。ツインヴォーカルの掛け合いも鮮やかで、前作とはまた違った、今作における目玉のキラーチューンと言いたい。

ジャンルごった煮ハードコアと幻想ポストロック、その両方を喰らい世界を描いていく今作。子供の想像力が暴走したようなホラーハウスを思わせる、ジャケットアートワークの極彩色と強くシンクロする。

【for fan of what ?】
元々、The Number Twelve Looks Like Youのブチ切れカオスと、The Sounds Of Animals FightingFear Before the March of Flamesに通じる捉えどころのないプログレ性を併せ持ってはいた彼ら。特に1stフル「Plan B」で顕著だったその方向性が、アグレッシヴチューンの目立つ前作よりも強まっている様に感じた。クリーントーンのギターに注目するとAdebisi Shankの様なマスロックを想起させたり、アトモスフェリックなパートではJesuなどポストブラックに通じる香りも。
ヴォーカルの片割れ:Kurt Travis氏は初期Dance Gavin Danceに所属していたため、特にDGDの3rdフル「Happiness」をちらりと想像させる瞬間もあり。後半のヴァイオリン&コーラスが印象的な#8「Kuroi Ledge」で特に顕著。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Lot Like Birds ♪「No Place」]の続きを読む

今週のスーパーポストハードコアニュース

2013年11月15日 00:00

9月からこっち、ポストハードコア界隈が超絶にぎやか(なのに私は完全に取り残されている!!)そんな中ですが、今週はまたドデカイの来てますよ。全く定期化するつもりはないんですが、今週のスーパー☆ぽすとはーこーにゅーす、いってみましょう。発狂モノですぜ。

まずはこちらのニュースです。
(  '-')期待のスーパーチーム:Sianvarの新作EPから、先行曲が遂に公開!!
レーベル立ち上げ等、界隈で精力的な活動を続けるDance Gavin DanceのWill Swan氏。彼がさまざまなバンドからメンバーを集めた期待のスーパーチームSianvarが新作発売を2014年1月5日に控え、今月11日に先行曲がyoutubeに上がりました。
"Sianvar - Sick Machine"

以下、現場からです。

落ち着けし。
Dance Gavin DanceのピロピロにA Lot Like BirdsなカオスとHail The Sunのエモ味、そしてStolasの疾走感。強引に構成メンバー由来でキャッチコピー捻りだしたらこんな感じでしょうか。新作への期待がウナギ登りで、新年が早速楽しみですね。

では、続いてのニュースです。
(  '-')2000年代伝説のスーパーチーム:The Sound Of Animals Fightingが新しくツアー日程を発表。本格再始動なるか!?


Circa SurviveとRx Banditsのメンバーが中心となって活動していたユニット:The Sound Of Animals Fighting。2008年作「The Ocean And The Sun」をリリースするも、それをライブで披露する事無く、活動休止していました。
そんな中、5年の沈黙を経た今月13日、facebookの公式アカウントで2014年3月よりライブツアーに出ると発表。録画して追ってレーベルEqual VisionからライブDVDをリリースするという予告もあわせて入りました。以下、現場からです。

・・・落ち着けし。
"The Sound of Animals Fighting - Another Leather Lung"

両バンドの攻撃性やテクニックを随所で主張させながら、実験音楽・ノイズミュージック的な要素も非常に強く、全体像では元のバンドとは全く別のプログレッシヴな音像を確立した作品群。2000年代前半におけるポストハードコアのスーパーチームであると同時にプログレの特異点であったと声高に主張したいサウンドは正に無類。
新譜やその他の活動については今のところ言及が無いようですが、今後の活動にも期待が寄せられます。

ニュースは以上です。ごきげんよう。(私はもうほんとゴキゲンです
[今週のスーパーポストハードコアニュース]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。