スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスロック速報(?

2012年01月30日 01:10

まぁ速報っつっても、自分にとって、なんですけどね。
“Top 42 Math Rock Bands, Part I: 42-22”


“Top 42 Math Rock Bands, Part II: 21-1”


いやー、これ聴いて、如何に自分がマスロックについて無知だったのか思い知らされますね。42曲も上げられてて全部かっこいい上に、既にちゃんと知ってた曲は10曲以下だったという。しかしSleeping PeopleとかThis Town Needs Gunsとかが入ってたのはニヤリとさせられたね。あと、Hellaはまぁ入ってるよねうん。The Fall Of Troyはこっちに入れると議論沸いたりしない?そして1位は流石に親しんでました。

ちょっとコレは追々掘り下げていきたい。正直15位以上のバンドは一通り大人買いしたいレベルだったのでちょっと嬉しい悲鳴上げてきますね。よろしければあなたも道連れにいかが?


(’A`)やふー!(地味
スポンサーサイト

downy♪「無題」

2010年04月02日 02:06

無題(2004)
【Artist】downy (myspace:×××)
【Title】無題
【Rate】9/10

Alternative / Post-rock / Shoegaze

日本のポストロックバンドdownyの4th。秘密基地みたいな船のシルエットが目印です。2004年発表で、今作を最後に活動休止してしまいました。

シューゲイズ的なギター、手数の多いジャジーなドラム、うねるベース。それらが混然一体となった音像は音の輪郭を潰した様で、とてもノイジーな質感。しかし輪郭を失ってなお、迫り来るような強く大きい存在感を持っています。
そのスコールに似た高圧力な音の中で、ふわふわとしたハイトーンVo.がさらに異彩を放つ。歌詞のほとんどが日本語なのが信じがたい程、発音が英語的。独特の鋭さを感じる歌詞の世界観も相まって、和紙に書かれた草書の様な不穏な緊張感を感じさせてくれます。
作品ごとに作風が大きく変わるとのことですが、今作は全体的にかなり攻撃的で、ハードコアの一面が強く感じられました。

サックスの渋い旋律が見え隠れするM1「弌 (イツ)」、ドラムとベースを軸に展開する、緊張感たっぷりなM7「木蓮」が特にお気に入り。

【for fan of what ?】
メンバーが現在在籍しているバンドとして、Fresh!の激しい演奏にやられた人や、Dhalを聴いてVo.に惚れた人は必聴です。

【here is the sound !】
youtubeにて↓
[downy♪「無題」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。