スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am Robot and Proud ♪「Touch/Tone」

2013年12月26日 15:50

iaraptouchtone.jpg
【Artist】I am Robot and Proud >facebook<
【Title】Touch/Tone
【Rate】9/10

Pop / Electro / Other

くたっとかわいいころころサウンド。寒い季節におこたと一緒に。
カナダはトロントのひとりエレクトロ・プロジェクトによる、2013年5th。
ひとつひとつの音がとてもキュートで、それに浸るだけでも楽しい。細かくひとつひとつに擬音語をあてがいたくなる、それぞれが魅力的の音色たち。

ファンタジーな世界でロボが起き上がる様なイントロでスタートする#1「Kresna」昼下がりを散歩しながら、町の雑多な色々や風景の肌触りが次々と視界に入ってくるような一曲です。オルゴールの音が忙しなくころころ転がり回る#4「Circles」も楽しい。どの曲も絶妙に音圧控えめで、エレクトロの鋭角的な輪郭で満ちているはずなのにどこまでも柔らかく響きます。
雪の降る情景も見えそうな#2「Touch/Tone」でさりげなく寄り添うギターや、オルゴールをふにゃんとさせた様な音色がくつろいでいる#7「Ketok Magic」のどこか都会派なシンセなど、ファンクジャズのテイストが隠し味に効いているのも楽しい。
また、スティールパンに似た音でダンサブルに跳ねる#3「Mono The Planet」や、フロッピーディスクの駆動を連想させるじりじりとした振動音を始めノイジーな#5「Nothing Normal Sounds Good」など、しゃきっとした佇まいの曲もちらほらと。

ファミコンぴこぴこなチップチューンサウンドと素朴な生音、そして時折中華風の香りを漂わせながら柔らかく拡がっていくシンセ。陶器の手触り想起させる、無機質な冷たさと人の息遣いを感じる有機的な手触りのバランスには流石の一言。そんな今作が作り上げるほっこり暖かな風景は、なるほど寒い国で生まれた音楽。冬のBGMにとてもしっくりくるのです。散歩のお供に、こたつのお供に。

【for fan of what ?】
この手のほのぼの癒しサウンドは普段あまり触れないせいであまり連想するバンド/ユニットが浮かばないの事実だったり。Serphあたりのファンはゼヒ。そう言えば最近知ったZefs Chasing Caraが、似たようなステキサウンドを鳴らしていましたよ。
また記事編集中に見つけたんですが、No.9という国内アーティストもほっこり良い感じですね。

そして追記といたしまして。
今作は国内盤が発売されており筆者はそちらを購入しています。インストの作品ということもあり特にブックレットは無いですが、ボーナストラック収録です。爪弾くギターのイントロが印象的な#11「Anathoer Nature」と、#1のイントロが一杯に拡がった#12「XT/AT」の2曲。こちらもなかなか。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[I am Robot and Proud ♪「Touch/Tone」]の続きを読む
スポンサーサイト

ライブ行ってきましたん。~後編~

2012年07月11日 02:14

前回エントリに引き続き、7/8、新宿Antiknockのライブに行ってきました!のお話です。
あ、そうそう。
今回の戦利品はコチラですよー↓
 NEC_0020.jpg  NEC_0019.jpg
デモにEP、チラシもたくさん。Vision Of FatimaはTシャツも買っちゃいました。ほくほくです。
前置きはこの辺にして、続き行きましょう続き。
【ちなみに今回は、トリのバンドによるEPレコ発企画でしたのよ】
・小手(Other)
・Vision of Fatima(Hardcore / Other / Progressive)
・Wellness in mouth of ditch(Hardcore / Metal / Punk)
【はじまるよ!】
[ライブ行ってきましたん。~後編~]の続きを読む

Rage Against The Machine ♪「Evil Empire」【before the web logged me. No.2/20】

2012年06月09日 00:00

ratmEE.jpg
【Artist】Rage Against The Machine >official<
【Title】Evil Empire

Rock / Rap / Other

時はさかのぼり2003年。高校では何の脈絡も無くしかし速やかにギター部の扉を叩き、「じゃぁとりあえず、何か弾いてみたい曲とかある?」「・・・いえ、特に無いです」というかなり迷惑な単身入部をしたりなんかしちゃったりして、じゃんじゃかとフォークギターを弾いていた私が居ました。高2。
その頃聴いていた曲はゆずとか19とか唄人羽とか。aiko以外はほとんどレンタルからのMD録音だったので、現在は手持ちの音源がほとんどなくすっかりごぶさたです。改めて買うほどの情熱は今のところないのですが、当時少し弾けるようになったギターでじゃかじゃかっとやった時、「自分よりも凄い何かが、音として自分の手を通じて出てる」という感覚に酷く感動した思い出があります。
で、当時私は非常に申し訳ない感じで失恋しており、さしあたっては勉強に生きようと言う流れになっていました。英語とか、がんばらなくちゃ。
そこで目を付けたのが音楽。何が良いか。ちょっと前、お年玉をフンパツしてついに買ったエレキギターもイマイチ持て余してるし、ロックとかがいい。そうだ、何かかっこいいものが良い。私はTUTAYAにぽてぽてと歩いていき、あるCDをレンタルします。
それは映画「The Matrix」のサウンドトラック。一作目の奴です。まぁそこから後は言わずもがな。片っ端からアーティストをメモり、レンタルしていきます。で、こちらに関しては随時CDでも買い揃えて行くことになります。
そんなこんなで、あの一枚が私の音楽趣味を一瞬で激しく染め上げることになりました。そのうちのひとつが、彼らRATMと言う訳です。

さぁ前置きはこの辺にしておきましょうか。
「Evil Empire」は2ndアルバムで、1996年作です。最もリフにしろラップにしろとにかく威圧感が凄まじく、“ジャンルのぶつかり合い”という表現がぴったりな1st、そして最もトム・モレロのギターが奔放に暴れまくり謎ジャンル感が際立つ3rd。今作はその間にある、最もファンキーで、ザック・デ・ラ・ロッチャのHIPHOP的魅力が溢れた一枚、と私は捉えています。一番沢山聴いたのは3rdですが、事あるごとに良く聴くのは不思議と2ndだったりします。あくまでも比較的に、ですが。

さて先日Youtubeにて、Sumerian Records所属のハードコアバンドStray From The Pathによるカヴァー音源があがっているのを知りました。
“Stray From The Path - Vietnow (Rage Against The Machine Cover)”

彼らは思想面を含めてRATMからの影響を公言しています。オリジナルもアツいので要チェックです。
私がこの音を聴いて思ったのは「確かに、こう聴こえていた。」です。
原曲のざりざりノイジーなリフと淡々としたリズム隊、余裕たっぷりにまくしたてるラップ。私はその向こう側に、グロウルを超える叫びとメタルコアを超える音圧を確かに感じていました。だから何だという感じではあるのですが、それでも、そうだったのです。私が「Vietnow」を口ずさむ時は必ず、小さな声でも掠れた叫び声です。

音の隙間が多い今作です。しかしその隙間には彼らに一貫するエネルギーがこれでもかと詰まっていて、絶えず溢れている様に思います。その「行間の威圧感」が、未だに今作を聴いてしまう原因かもしれません。

スペイシーな効果音もどきの長い演奏がイントロに入り、切々としたパートからのヘヴィなサビで爆発する振れ幅が凄まじい#4「Revolver」や、スクラッチに似せたギターソロなどHIPHOPを連想する音を随所に見せ、要所要所のグランジ臭いコード弾きがアクセント抜群の#7「Down Rodeo」などなど、捉え所が無く妙な存在感のある変化球が多い曲が今作では多く思う。3rdでは、もう少し確信犯的と言うか、アクセントに分かり易さがある様な気がする。
キンキンと耳にうるさいイントロで開幕し、ひとつのリフを延々ゴリ押しする中でラップが冴える#11「Year Of Tha Boomerang」も存在感がある。ぐっと盛り上がった後で何食わぬ顔でリセット、歌詞をまるごと繰り返すのは個人的には地味に衝撃だった。

政治的メッセージにも触れ、私はハードボイルドな生き方を、彼らを通して知る事になります。結果、何か頑固さに拍車がかかった様な気がします。彼らの音楽を聴いて以降、私の中で「かっこいい」という言葉に大きく意味が与えられる事になりました。私の中における「かっこいい」という言葉は、壮大な哲学です。きっと。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Rage Against The Machine ♪「Evil Empire」【before the web logged me. No.2/20】]の続きを読む

カオティックデイズ~ベースの弦が多い~

2012年05月04日 03:31

なんか凄いバンドを教えて頂いたのでご紹介。

【名古屋すげぇです】
・NEUER WIND(Death-Metal / Emo / Progressive)
・Behold... The Arctopus(Metal / Classical / Progressive)
・KONTRUST(Alternative / Other / Rock )
【はじまるよ!】

☆NEUER WIND >facebook<
【 Death-Metal / Emo / Progressive 】

出身は日本は名古屋の6人組。バイオグラフィーによりますと・・・

2012年2月 名古屋を中心に活動開始。 テクデス寄りのカオティックを軸にジャズやボサノヴァ、エモなどを取り入れた新感覚カオティックメタルバンド。 necrophagist , faceless等のテクデスの影響を受けつつも、エモーショナルなオートチューンコーラスパートがあり、従来のテクデス・カオティックのイメージを覆す楽曲を展開。

はい。大好物です。
“We Always Ride The Giant Elephants On The Earth”

大好物ですっ!(ハイテンション
ジャンルごった煮・テクニカルデスの心得ベースが7弦キーボードが2人・・・無視できないキーワードが踊ります。
どうやらもうすぐ初ライブ!らしいのですが、それが今度の5/19、Job For A Cowboyとの対バンらしいです・・・って凄まじいな・・・!
同じく国産のバンドとしてArbusが好きな人であれば要チェック間違い無しでしょう。

そして、カオティック界隈で別のリリース情報も。
[カオティックデイズ~ベースの弦が多い~]の続きを読む

Alcest ♪「Écailles」

2011年06月11日 01:14

Alcest_-___cailles_De_Lune.jpg
【Artist】Alcest >myspace<
【Title】Écailles
【Rate】10/10

Other

濃い朝霧の中を歩く様な、夜の海岸を歩く様な。

ブラックメタルの界隈から生まれるも、その狂気・暴虐性とは逆行する世界観を構築する。Neige氏のソロ・プロジェクト:Alcest(フランス語読みで“あるせ”)の、2010年作2ndです。タイトルを訳すと「月の鱗」となるらしく、邦題として「月燐悲散」と付けられています。

和音が重なる厚みのあるギターに、僅かな緊張感を持ったタイトなドラム。一歩引いた位置から、語りかけてくるような、切なくも温かみのある歌声。
空間を覆い埋め尽くすような音像ながら、そこから感じ取れるのは圧迫感ではなく、もやが満ちて行く様な感覚。深呼吸をしていっぱいに吸い込みたくなるような佇まい。#1「Écailles I」#6「Sur L'Océan Couleur De Fer」で特に目立ち、言葉少なに歌われるフランス語の歌詞を、つい鼻歌で追いかけたくなります。

一方で、ギターに埋もれるように響き渡るシャウトと、柔らかなトーンながらブラストビートの効いた#2「Écailles II」はブラックメタルから孤高のエッセンスを抜き出した様な一曲。後半はぐっと静けさを浮き上がらせ、漂う様に拡がっていきます。

悲しみに近くて遠い、ノスタルジックにも似た多幸感。何とも言えない感情の妙を体現する、深い深い音楽です。

【for fan of what ?】
デプレッシヴ・ブラック/シューゲイズ・ブラックというジャンルの第一人者として挙げられる機会も多いAlcest。「ブラック」という言葉はあくまで出身地みたいなもので、メタルと言うべき硬質・攻撃的な側面は皆無と言ってもいいでしょう。「癒し」あるいは「浸る」ような音楽を求める、全ての方に。

関連バンドとしてはAmesoeurs(既に解散、リーダーがNeige氏です)や、JesuISISの様なバンドが良く引き合いに出されます。世界観から、Opeth(特にDamnation)好きな方にも是非。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Alcest ♪「Écailles」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。