スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Polinski ♪「Labyrinths」

2012年01月11日 21:54

Polinski-350x350.jpg
【Artist】Polinski >facebook<
【Title】Labyrinths
【Rate】7/10

Dance / Noise

轟音×ブレイクビーツなインストバンド:65daysofstaticsでGt.とラップトップを担当しているメンバーPaul Wolinski氏によるソロデビュー作。2011年作です。

本家65daysofstaticsと比較すると、今作はバンドのエレクトロ要素をぐっと凝縮した感じ、と言うのが第一印象です。ギターによる轟音はほとんど無く、ピアノの切なげなサウンドもごく一部。切れ味鋭く跳ねまわる音を駆使して壮大に拡がっていく#1「1985-Quest」を始め、ストイックな4つ打ちをベースにしつつも、ダンサブルと言うよりもスケール感のある、ストーリー性を感じる音像で展開していきます。

さらにノイジーな音のスコールが挟まれる#3「Tangents」や、さっと視界が開けて行く様な高揚感のある#7「Awaltzoflight」の様な65dosに近い曲も。完全にエレクトロ!な今作ではありますが、やはりあのバンドのメンバーなんだと意識させてくれます。中でも#3はダンサブルなパートとの対比が鮮やかで、目まぐるしく印象的な一曲。

【for fan of what ?】
他からの評価ではクラフトワーク初期YMOがよく引き合いに出される様子。デトロイト・テクノ好きには打ってつけ!とのことです。個人的には、Justiceの2ndやTangerine Dreamの様なサウンドとの親和性がポイント高し。
65daysofstaticsとの比較では、最新フル作が最も近いと言えます。「もうソロでやっちゃえよ」的な何かがあったのでしょうか。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Polinski ♪「Labyrinths」]の続きを読む
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。