スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチメタル探訪は終わらぬ。

2014年04月20日 20:46

フランスの音楽シーンはホント底知れぬ。
今回ご紹介はFurykane。女性Vo.メタルのファンからDjentlemenまで一気に囲い込む勢いのダークホースなのでは、と一人盛り上がっております。

☆Furykane >facebook<
【 Alternative / Rock / Metal】

何はともあれ、3月末に発売した新譜からのMVをどうぞ!
"Feast"

冒頭からくるくると表情を変えるヴォーカルの手腕が光る。色っぽく、かと思えばトリッキーな歌いまわしに豹変し、サビでは一気に姉御肌!fufu-!!(あ、後半ちょっとエロいです声。
Nu-Metal辺りを思い出すギターのトーンで繰り出すDjentな粘りのリフも良いアクセント。しかし姉御なサビの存在が曲をキャッチーにまとめ上げ、メジャー!な力強さが全体に貫いている。これは強い!強いっす!!

惜しむらくは流通。差し当たっては公式HPからPaypalで購入する他無いのか、といった風情です。私は不注意が祟って25日までクレジットカード使えないので、しばらく我慢の子です。この話はどっちでも良いですね。


先日Cö shu Nieに沸いてからこっち、何故か女性ヴォーカルのものばかりに反応している自分がいる。たまに女性ヴォーカルじゃないと思ったらインストだったりする。なんなのか。そういう時期なのか。女の子が可愛い時期なのか(?)
スポンサーサイト

Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」

2014年02月25日 21:51

Cynic_kindly_bent_to_free_us_cover.jpg
【Artist】Cynic >facebook<
【Title】Kindly Bent to Free Us
【Rate】9/10

Metal / Progressive / Fusion

強烈な余韻を残す、静かなる炸裂。
Paul Masvidal氏、Sean Reinert氏、Sean Malone氏のトリオ編成で放たれる2枚のEPを経た3rdスタジオアルバム。2014年作。

柔らかな佇まいなのに強烈な余韻を残す。聴いた時の第一印象はこうだろうか。
ひんひんとしたノイズが鳴りアルペジオと共にそろそろと幕を開ける#1「True Hallucination Speak」。オーガニックな輪郭の音と穏やかなテンポで、しかし尖りのあるフレーズを繰り出すギターに面食らう。
薄く皮膜のかかった様なヴォコーダー処理がされたヴォーカル。有機的な丸みを帯びたギターによるメタルに通じるリフ。フレットレスベースによるしなやかな低音。雄大な力強さを湛えたドラム。音圧自体は抑えた物だが、音の一つ一つに押し込められたエネルギーが無意識に絶えず訴えかけてくる。

不思議な明るさを湛えた#2「The Lion's Roar」やスペイシーなシンセの目立つ#4「Infinite Shapes」における歌メロの存在感など、異界のバラードと言いたくなる奇妙な優しさ・人懐こさが全編に一貫している。#4の中盤に挿入されるソロパートが狼の遠吠えにも似て聴こえたり、無機質な要素の中に生き物の気配を感じるのが何よりも印象的だ。

また、憂いたメロディーがどこかディストピアめいた重さを感じさせる#6「Gitanjali」やシュレッドリフの刻みがスリリングな#7「Holy Fallout」といった、メタルに接近する攻撃性を持ったパートも少なくは無い。音の質感とのギャップで、やはり奇妙な余韻を生んでいる。
ラストトラック#8「Endlessly Bountiful」はタイトルの通り"永遠に満ち満ちた"開放感が広がるアンビエント/フュージョンナンバー。ほどけるように幕を閉じていく。

【for fan of what ?】
メタルとフュージョンを正面衝突させ異次元SFを聴き手に叩きつける。それがCynic、だと筆者は思っています。
1stはそれをデスメタルを通して体現した。
2ndはそれをプログレッシヴメタルを通して体現した。
そして今作はプログレッシヴロックを通して体現した。と。
下敷きを変えただけで、やっている事は変わっていない様にも感じます。

メタルならではの高揚感に満ちた2ndからはかなり距離をとっています。しかし一方で、ギターが完全に裏方だった「Carbon-Based Anatomy」からも距離がある。EP「Re-Traced」収録の「Wheels Within Wheels」の延長線上にある印象で、休止中に活動していたプロジェクトThe Portalの方向性を改めてCynicからアプローチしたという雰囲気も。
70年代への憧憬を隠さなかったOpethの「Heritage」や、いよいよカリスマを滾らせてきているSteven Wilsonを聴いている身としては、漠然としたムーヴメントの様な物も感じてしまいます。

なお、今作はいくつかの場所でThe Beatlesからの影響が指摘されています。しかし浅学ながら筆者には分からず実に無念。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」]の続きを読む

国産ポストメタル青田買い

2014年01月29日 23:00

(  '-')あんこくいっとく?(挨拶

以前からtwitterでふわりと交流のあった方からバンド情報を頂いて中々の注目株だったのでご紹介しますよぅ。
☆Sweet Sleep >facebook<
【 Progressive / Rock 】

東京で活動中の4ピース。まだ結成間もないバンドで、現在Soudcloudにデモが3曲UPされているだけです。

鬱屈した重苦しい空気と分厚く刻むリフ、そしてゆらゆらと漂う女性ヴォーカル。9分半のじっくりと展開する中にも日本ならではな「サビ」を感じる瞬間が控えていて興味深い。ミステリアスでシリアスなドラマ性は、荒削りなデモ版ながら芯の強いバンドコンセプトを感じさせてくれます。
黒いポストメタルの香りからはIhsahn、Intronaut辺りを想起しつつ、やはり女性ヴォーカルの質感が印象的。神秘プログレメタルAgohraや国産オルタナCOgeNdshEのファンもちらっとチェックしてみては如何でしょうどうでしょう。

これきっと現状はライブの方がかっこいい奴。しかしながら今後のパワーアップを強く期待しています。

"Aghora - Satya"

AgohraはCynicのメンバーが以前やっていた再度プロジェクト、なので超絶テクニカルなベースが暴れるんですけどね。

"COgeNdshE - 錯乱"

COgeNdshEは残響印のポストロック周辺のセンスを取り込んだやはり独特なバンド。

(  '-')そうです。ミステリアスな空気こそ共通項を感じるものの、重さでまったく別の方向性なので要注意です。

そしてミニマルロックの深淵。

2014年01月28日 00:00

さぁどんどん行きましょう。疾走とは一線を画しそれでなお圧倒的な緊迫感を持った世界へ。

一発目は前エントリでご紹介したCuneiform Recordsからおひとつ。
☆Sonar >facebook<
【 Minimal / Post-rock / Experimental 】

スイス出身の4ピースインストバンド。バイオグラフィーを斜め読みする限りかなりの学者肌・・・どころか学者も実際混じってる様で、頭脳派老獪サウンドの妙味が詰まっています。そしてドラムのManuel Pasquinelli氏はどうやらCynicメンバーが休止中にやっていたバンド:Agohraで叩いていたみたいですね。かなり渋いメンバーが揃っているみたいです。
"Static Motion"

目下発売したばかりのアルバム「Static Motion」より。細やかなフレーズの重なり・積み上がりをこの界隈特有の味として存分に堪能できます。

ちなみにレーベルを通さない彼ら名義のBandcampアカウントも存在する。旧譜はそこでチェックですぞ。

お次はTwitterやTumblrで交流のあるSinさんの呟きより。

☆Tear Gas and Plate Glass >bandcamp<
【 Post-Metal / Sludge / Post-Rock 】


さてこの2曲目。密やかなミニマルリフが延々と続きますが、後半スラッジ色が強まると共にグロウルも入ります。そうです、インストバンドじゃないんです。
陰陽の対比が効いた音は荒々しいヴォーカルでさらにコントラストを強め、無類の攻撃性を放っています。これは先日ご紹介のSleeping Peopleファンにはたまらないのでは。
・・・すでに活動していない様子なのが非常に悔やまれます。

ちなみに今回の情報源であるSinさん。最近はポストメタル方面の情報更新を鋭意続けてらっしゃいますので要チェックですぞ。

チューリッヒです!

2014年01月26日 22:00

タイトルなんぞ、といった風情ですがいつも通り音楽の話です。

このバンドがスイス・チューリッヒで活動しているっていう話なんです。

☆Gletscher >facebook<
【 Metal / Alternative 】

お値段の単位はスイスフラン。
ずぶりと重たく、シンプルに刻むリフ。そしてミステリアス、シリアスに歌う女声ヴォーカル。"女流TOOL"と言ってしまうと少々語弊があるかもしれないですが・・・ひたひたと暗い緊張を含んだサウンドは一聴の価値あり。

インストマスロックであるSleeping Peopleとは似て非なるこの絶妙な香り。#5「Owl Man」冒頭からの間合いを見極めるような温度感などいやホント、絶妙です。


さてさてところで、なんですけども。

なのです!!!!!
☆Victoria Concepcion >facebook<
【 Rock 】


やはりというか、GletscherよりもSleeping Peopleに近い輪郭のギターサウンド。そしてGletscherよりも歌モノとして強くアピールするメロディーの豊かさ。
facebook見る限りだと、こちらのソロプロジェクトもアルバム製作中みたいっす。これは実に楽しみです。

ミニマルロック×ヴォーカル、というとこれで中々稀有というか。テクニカルに詰め込んだタイプの猛者共ももちろん好きなんですが、「間合いのリフ」を操るバンドの魅力も覚えていたいものです。
[チューリッヒです!]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。