スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tigran Hamasyan ♪「Red Hail」

2014年02月12日 22:58

61492411_m.jpg
【Artist】Tigran Hamasyan >facebook<
【Title】Red Hail
【Rate】9/10

Experimental / Jazz

東欧はアルメニア出身のジャズピアニスト:Tigran Hamasyan(ティグラン・ハマシアン)による、2009年発表の3rdアルバム。今作はピアノ・ドラム・ベース・サックス・ヴォーカルの構成を基本とし、何曲かではギターも参加している。

軽やかに跳ねるピアノに続き伸びやかな女性ヴォーカルが入る#1「Shogher Jan (Dear Shogher)」で幕を開ける今作。波打つようなリズムも変則的ながら心地良く、9分という長尺ながら、さらっとした肌触りが長さを感じさせない。ショットバーで流れていそうなオシャレなジャズピアノ、といった風情だが、どうやらアルメニアのフォークソングを基にした曲との事。ヴォーカルのメロディーはなるほど独特な浮遊感でエスニックな香りは確かにジャズのイメージではない。
そして次の曲で、さらにジャズのイメージから離れていく。
恐怖感を煽るか細いピアノから、叩きつけるような旋律でサックスが複雑なリズムでもつれにもつれる#2「Red Hail (of Pomegranate Seeds)」。シンコペーションを多用し拍子を狂わせる奇妙なグルーヴと、ヘヴィメタル、スラッジコアに通じる攻撃的な低音の応酬に、清涼感は皆無。

柔らかなタッチで幕を開けながら、中盤で豹変し不穏な空気を撒き散らす#6「Sibylla」、シンセサイザーのつるりとした音と全編に渡って泳ぎ回るサックスが印象的な#9「Part 2: Moneypulated」など、ハードロック・バップジャズ・アルメニア民謡・スラッシュメタル他、一見バラバラな音楽達から影響を受けて表現されるピアノは一筋縄では行かない。
螺旋階段を下り続けるように刻むメタリックなギターリフを主軸にした#7「Corrupt」、颯爽としたフュージョンの攻撃性を持った#11「The Awakening of Mher (Mithra)」など、ギターの参加した曲の存在感も強い。そしてどの曲にも、独特なリズム感覚が波打っている。素直にはノらせてくれないグルーヴが、なんともいえない酩酊感を誘う。

ここ数年で、メタルを内包したジャズ・ジャズを内包したジャズという視点で捉えられる作品が増えてきているように思う。そんな中で今作を聴くと「ジャズから垣間見るプログレッシヴメタルの風景」という、稀有な立ち位置を感じさせてくれる。変なピアノジャズで片付ける訳には行かない、沢山の発見が隠れた傑作。

【for fan of what ?】
Led Zeppelinのリフをピアノで弾く幼少を経て、10代の頃にはKeith Jarrettのピアノを通してアルメニア音楽に触れたという。一方でMeshuggahSystem of A Downに強く敬意を表しているTigran氏。インタビューでも「Meshuggahみたいな曲を作りたい気持ちが表出した」と語られた今作は、プログレッシヴメタルのファンに幅広くお勧めしたい。
特にFredrik Thordendal氏のソロプロジェクトが好きな方、T.R.A.M.の様な「Djazz」ムーヴメントを好むかた、Zuの様なJazzcore愛好家はゼヒ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Tigran Hamasyan ♪「Red Hail」]の続きを読む
スポンサーサイト

ジャズコアという名の深淵。

2014年01月27日 00:00

行きましょう。ハードコアやロックの荒くれ共がジャズに傾倒した結果の最果てに。

まずは、定期的にやってるフレンチメタル探訪の結果から。
☆We Insist! >Facebook<
【 Alternative / Rock / Jazz 】

"Déjà Vu"

サックス吹き荒れ変拍子でザクザク突進し捉えドコロの無いヴォーカルが飄々と踊る。スゴイ!
フランス出身の3ピース、結成は1995年というベテランでドラムがメインヴォーカルとのこと。ただ、この三人にジャズ楽器担当はいない様子。細かなクレジットなど確認できてないので、真相やいかに(ライブ映像ではサックスの人が暴れてました)。他の曲はサックス入ってない風味。
でも独特の怪しくしたり気な空気、やはり良い!ですよ!
新譜も鋭意予約受付中、とのこと。この先行曲、5拍子のトンガリの中で歌うカラっと明るい歌がこれまた変化球で興味深い。

(  '-')フランスはやはり得体の知れん魅力を持ったバンドがそこかしこに潜んでおる・・・!

さて、bandcampでも「jazuucore」と検索窓に放り込めば何かしら結果が出てくるものであります。
☆Brown vs Brown >official<
【 Punk-jazz / Math-rock / Freak-funk 】

出てきましたがこのバンド、2010年以降の情報更新が皆無な風味。なんという。妙ちくりんなバンド名には突っ込まない方向で行きましょう。
"Whirlpool"

やはり刻んでくるこのサックス。複雑なリズムに頭がクラクラする感覚はフリーキーの一言です。

ここのBandcampを管理しているのはCuneiform Records。どうやらキワいバンドを集めて掘り起こしリマスターなんかもやっているレーベルの様子。他のラインナップからも名状しがたい何がしかをひしひしと感じているので、随時探っていきたい所存ですね。

Voltaっつったらあれですよねあれ。

2013年11月07日 00:00

最近解散しちゃってBosnian RainbowsとかZavalazとかになってる彼らの話がまぁ真っ先に思い浮かぶんですけどもね。
"The Mars Volta - Goliath"

なんですけど、かっこいいんですけどもね。今回は別口です。


☆Marbin >facebook<
【 Jazz / Ethnic-Fusion / Progressive 】

ニューヨークのインストジャズロック四人衆が今年初めにリリースした作品を知りまして。その中にVoltaっていう曲名がありましてね?なんか気になっちゃいまして、ものは試しにと聴いてみたらばですよ。
"Volta (album version)"

たっぷり60秒ほど中華風幽玄ワールドを拡げた末に満を持して。

(’A`)サルサのリズムと超絶スリリングなサックスがウォオオオオ!陶酔のギターソロもアツい!あのヴォルタも思い出すこれは良いぞおやばいぞお!

他の曲にも触れてみると結構ジャズ・フュージョン畑のサックス奏者が前に出ている様子。明るさのベクトルとでも言いましょうか、ハードコアやメタルには無い佇まいを感じたりもします。あとEthnicタグの示す通りの土くささというか。実際はアジアンな空気ばかりでもなくてカントリーな風情の曲もあるしなんやかんやでけっこう雑食。

時にハードボイルド、時に爽快。ヴォーカル無しではありますが、ジャズ要素のがっつり入ったロック・プログレのファンとして幅広くお勧めしたい感じですこいつら結構衝撃でした。

先日ご紹介のmiRthkonが気になった方、こっちはも少しスカっとしてますよぅ。あとはThank You ScientistやThe Mars Voltaのプログレ感がお気に入りな方にも。
(  '-')よいよ!!
[Voltaっつったらあれですよねあれ。]の続きを読む

(サックス+ギター)×ロック=(  '-')b゛

2013年10月14日 22:39

前略!

☆Clément Belio >facebook<
【 Jazz / Djent / Progressive 】

フランスでジャズ×メタルを追求するソロプレイヤー。「Animals as Leaders, T.R.A.M and Mestis, Chimp Spanner, Meshuggah and Devin Townsend, then e.s.t, Manu Katché, Daniel Mille, Gilad Hekselman… to quickly quote some of them. 」と、中々に幅広い分野のアーティストから影響を受けている様子で個人的に注目株なんですが、彼が何やらバンド形式でも活動を進めている様で、そのスタジオライヴの様子がfacebookで更新されました。

01. "Real Intro"

アンニュイなサックスからのDjentな刻みがもう、単純に好きです!

02. "Real outro"

こちらは一転してオシャレ感の強いイブシ銀な仕上がり。

情報のほとんどがフランス語で分からない事ばかりなんですが、機械翻訳によるとまだバンド名など決まっておらず、ただのセッションだよ、といった風情の様子。今後の動きが気になりますねぇ。

この方は今のところソロでの音源がBandcampに上がってます。Name Your Price!

一曲目冒頭の細やかなドラムなどジャズジャズしててステキ。

The Reign Of Kindo ♪「Play With Fire」

2013年09月12日 00:32

TROKfire.jpg
【Artist】The Reign Of Kindo >facebook<
【Title】Play With Fire
【Rate】9/10

Indie / Jazz / Progressive

極上のメロディーでジャズとロックをブレンドするThe Reign Of Kindoの新しい贈り物。前作「This Is What Happens」より、メンバーチェンジとクリスマスEPを経た2013年発の3rdフルアルバムです。

#1「The Hero,The Saint.The Tyrant & The Terrorist」の冒頭、何よりも先ず心に届いたのは、音の立体感。一つ一つ大切に積んでいくようなアンサンブルが印象に残る。目を瞑って聴けば、まず真ん中にピアノと歌声、その右隣からサックスがふわんと寄り添い、左にはマスカラの小刻みなリズム…アルバムタイトルに違わず、肌寒い中でたき火にあたるような、暖かくしかしひりひりとした熱気が伝わってくる。

さて、彼らのサウンドといえば、優しく降り注ぐようなピアノの旋律と歌声、そしてそこにロックのカシリとしたビートが合わさる”叙情のピアノロック”といった風情であった。今作でもその特徴は発揮されており、上品で密やかなベースラインが中核を担う#2「Help It」では要所のピアノが曲のメリハリを際だたせ、#6「Don't Haze Me」の霧雨のようなイントロには、美しさについつい目を細めてしまう。
一方で、今作はピアノ以外の要素がかなり強まっている印象でもある。例えばボサノヴァやサンバを彼ら流に料理した、リゾート!な明るさに満ちた#5「Impossible World」を始め、その他レゲエを巻き込んだ#8「Make A Sound」など、少し変化球なダンスチューンが作中にさりげなく紛れ込んでいる。アルバムを通した賑やかな彩りを印象づけると同時に、「ピアノロック」「ジャズロック」に囚われない演出がニクい。
ちなみに、ファンキーなノリの良さがワクワク感を誘う#11はタイトルが既に「I Hate Music」。流行の歌なんてキライだと断ずる、余りにも明快で挑戦的な内容だったり。歌詞世界の意外な暗さも健在。

今作を通して聴いたとき強く印象に残るのは、様々な音楽を積極的に取り込む、ポップミュージック的なフットワークの軽さ。そしてそこにしっかりと息づく、複数ジャンルを掛け合わせるクロスオーヴァー/プログレッシヴミュージックとしての探求心。
本当に多くのこだわりを内包しつつも、バンド:The Reign Of Kindoとしての芯を失わずしっかりとした存在感を持った、渾身の一枚。

【for fan of what ?】
前アルバムからはピアノのメンバーが変わっている。前作における凄まじいまでのピアノの存在感と比較すると今作はかなりピアノがおとなしくなっており、メンバーチェンジと関係がありそうで邪推してしまう所でもあったり。もっとも、聴き比べる分には作品毎のカラーの違いとして素直に双方楽しめるもので、嬉しい変化、と言っておきたい所。ピアノにフォーカスすると、Chick Coreaを連想する軽やかさが増したように感じる。
ピアノの綺麗なジャズロックとして一緒にオススメしたいのはParachute Musical辺り。ただ、前編にわたるステキ溢れる歌のメロディーセンスを前にしてしまうと・・・「優しい歌の好きなすべての人に!」と声高に宣言してしまいましょうウフフ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[The Reign Of Kindo ♪「Play With Fire」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。