スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Sense of Gravity ♪「Travail」

2014年03月14日 22:16

asenseofgravitytravail.jpg
【Artist】A Sense of Gravity >facebook<
【Title】Travail
【Rate】10/10

Djent / Death-Metal / Fusion

鋭さと複雑さをひたすらに追求した全方位隙ナシの快作。
アメリカはシアトル出身の6人組による、過去Bandcampで配布していた曲のリアレンジも含めた1stフルアルバム。2014年作。

仰々しい男声コーラスと共に幕を開ける#1「Wraith」。霧深いサウンドを鳴らすシンセとその中で理知的にリフを敷いていくギター。イントロの印象は壮大で幻想的なプログレッシヴメタル、といった風情だが、地鳴りの様なグロウルと共にそのイメージがあっさりと破壊される。次々とまくし立てる歌詞と前のめりに刻みまくるリフの佇まいは凶悪の一言。しかし一方でサビに入ればオペラを想起させる堂々とした歌唱に変わり、中盤のギターソロパートに至っては伸びやかなフュージョンの香り。シンセは気が付けばおどろおどろしい音で曲の背後を怪しく支えている。なんなんだこいつら。

凄みの利いたグロウルとパワフルな歌い上げを巧みに使い分けるヴォーカルが縦横無尽に暴れ周り、ざくりと分厚い切れ味を持ったギターによる刻みのリフが矢継ぎ早に攻め立て、変拍子やシンコペーションを多用した複雑なリズムが聴き手を圧倒する。そして、一曲の中にいくつものアイデアを詰め込んだ、密度の高い曲展開も無視できない。

ジャズピアノ乱入のアクセントも鮮やかに、全編に渡り和音階リフを叩き込む#2「Stormborn」や、低音のグロウルと高密度なリフとブラストビートで埋め尽くされる#6「Harbinger」の威圧感。激烈デスラッシュにシンフォニックなシンセを混ぜ、搾り出すようなエネルギーと共に突進する#4「Answers Lost」や、倍速チェンバーロックといった風情のイントロからスケール感たっぷりに広がっていくフュージョンメタルチューン#5「Trichotillomania」の叙情性。アグレッシヴな曲を揃えていながら、曲ごとの個性もそれぞれに際立っている。
一方で、しっとりと降り注ぐピアノを主軸に薄暗い空気を満たしていく#3「Breakthrough」や旅愁を覚える乾いたアルペジオギターが目立ち、後半の盛り上がりもメタル・バラードとして秀逸な#9「Weaving Memories」などクリーンヴォーカルのみの曲も、アルバム内でしっかりと存在を主張している。

自らのジャンル説明に"(Math, Djent, Death, Progressive, Shred) Metal,Fusion"と表記している彼ら。細分化されたメタルの要素たちを自らの表現のためにまとめ上げ、鋭さと複雑さをひたすらに追求した楽曲陣。正に全方位隙ナシと言いたくなる、怪作であり快作。

【for fan of what ?】
特に突進力のあるアグレッシヴな部分ではObscuraWhitechapel等のテクニカルデス・デスコアファンに。Djent界隈に注目すると、その奔放な曲展開においてCiliceを、フュージョン要素の落とし込みではSithu Ayeのファンなどに強くお勧めしたい。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Sense of Gravity ♪「Travail」]の続きを読む
スポンサーサイト

Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」

2014年02月25日 21:51

Cynic_kindly_bent_to_free_us_cover.jpg
【Artist】Cynic >facebook<
【Title】Kindly Bent to Free Us
【Rate】9/10

Metal / Progressive / Fusion

強烈な余韻を残す、静かなる炸裂。
Paul Masvidal氏、Sean Reinert氏、Sean Malone氏のトリオ編成で放たれる2枚のEPを経た3rdスタジオアルバム。2014年作。

柔らかな佇まいなのに強烈な余韻を残す。聴いた時の第一印象はこうだろうか。
ひんひんとしたノイズが鳴りアルペジオと共にそろそろと幕を開ける#1「True Hallucination Speak」。オーガニックな輪郭の音と穏やかなテンポで、しかし尖りのあるフレーズを繰り出すギターに面食らう。
薄く皮膜のかかった様なヴォコーダー処理がされたヴォーカル。有機的な丸みを帯びたギターによるメタルに通じるリフ。フレットレスベースによるしなやかな低音。雄大な力強さを湛えたドラム。音圧自体は抑えた物だが、音の一つ一つに押し込められたエネルギーが無意識に絶えず訴えかけてくる。

不思議な明るさを湛えた#2「The Lion's Roar」やスペイシーなシンセの目立つ#4「Infinite Shapes」における歌メロの存在感など、異界のバラードと言いたくなる奇妙な優しさ・人懐こさが全編に一貫している。#4の中盤に挿入されるソロパートが狼の遠吠えにも似て聴こえたり、無機質な要素の中に生き物の気配を感じるのが何よりも印象的だ。

また、憂いたメロディーがどこかディストピアめいた重さを感じさせる#6「Gitanjali」やシュレッドリフの刻みがスリリングな#7「Holy Fallout」といった、メタルに接近する攻撃性を持ったパートも少なくは無い。音の質感とのギャップで、やはり奇妙な余韻を生んでいる。
ラストトラック#8「Endlessly Bountiful」はタイトルの通り"永遠に満ち満ちた"開放感が広がるアンビエント/フュージョンナンバー。ほどけるように幕を閉じていく。

【for fan of what ?】
メタルとフュージョンを正面衝突させ異次元SFを聴き手に叩きつける。それがCynic、だと筆者は思っています。
1stはそれをデスメタルを通して体現した。
2ndはそれをプログレッシヴメタルを通して体現した。
そして今作はプログレッシヴロックを通して体現した。と。
下敷きを変えただけで、やっている事は変わっていない様にも感じます。

メタルならではの高揚感に満ちた2ndからはかなり距離をとっています。しかし一方で、ギターが完全に裏方だった「Carbon-Based Anatomy」からも距離がある。EP「Re-Traced」収録の「Wheels Within Wheels」の延長線上にある印象で、休止中に活動していたプロジェクトThe Portalの方向性を改めてCynicからアプローチしたという雰囲気も。
70年代への憧憬を隠さなかったOpethの「Heritage」や、いよいよカリスマを滾らせてきているSteven Wilsonを聴いている身としては、漠然としたムーヴメントの様な物も感じてしまいます。

なお、今作はいくつかの場所でThe Beatlesからの影響が指摘されています。しかし浅学ながら筆者には分からず実に無念。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Cynic ♪「Kindly Bent to Free Us」]の続きを読む

ご紹介:Impact Fuze

2012年01月13日 19:24

☆Impact Fuze >facebook<
【 Jazz / Rock / Fusion 】

取り敢えずミュージックビデオからね。ほいっ
“Moscow”

もすくわっ!
まさに!えーっと!超絶ハイテンション爽やかテクニカルフュージョンやでー!(長い
どうやら、ロシア産モスクワ出身の3ピースらしい。なんだかんだでしっかりフュージョンしてるので、こう、不穏だったりつよそうだったり悪魔的だったりはしない、突き抜けた疾走感がガツンと効いてるんですけど。
なんかミョーに、メタラー脳に訴えてくる何かがあります。こいつァにおうぜ・・・(?)
と言う訳で、ちょっと追加で調べてみました。あ、Soundcloudのページもありました。どれどれ。
Gladiator by ImpactFuze

あー、これ、メタルっすわ。うん。これ、メタルっすわー(
とはいえ、眉間にしわを寄せる感じではないと言うか、テクニカルメタルには見る機会の無い(と個人的には思う)「和やか笑って超絶技巧」っていう感じがでてます。ジャズの狂気ってこういう和やかさにあるよねっていう持論。
ちなみにデビュー作「Moscow」は2011年11月11日リリースですって。まぁ、ゾロ目ですわね。
・・・しかし流通はよろしくないようで、AmazonではMP3での販売。CD媒体では・・・CD BABYでのドル買いが見つかりました。これだけかなー・・・。

いやしかしこれは要チェックですよ。CynicやAnimals As Leadersとかのフュージョンメタル好きには無視出来ぬ!そうだ!Lye By Mistakeファンも聴いとけっ!

「フュージョンメタル」っていう響きがもう好き。

2011年05月21日 00:13

いいですよね、フュージョンメタル。
メタルの暴虐性にひと時舞い降りる天使のごとき流麗なる旋律ですよええ。中二病?望むところですよええ(

そう言えば、VildhjartaあのCentury Media Recordsと契約したらしいです。Pripheryのロードランナーデビューみたく、でっかくデビューで騒がれそうな予感。ワクワク。

【本家フュージョンはまるっきり初心者ですが】
・Mindwork( DeathMetal / Progressive / Thrash )
・Jakub Zytecki( Experimental / Other )
・Exivious( Fusion / Metal / Progressive )
【はじまるよ!】
[「フュージョンメタル」っていう響きがもう好き。]の続きを読む

Lye By Mistake♪「fea jur」

2010年06月17日 02:18

lye-by-mistake.jpg
【Artist】Lye By Mistake (myspace:☆☆☆
【Title】fea jur
【Rate】7/10

Experimental / Fusion / Progressive

2009年発表の2nd。爽やかカオスを追求したら、なにやらとっつき易くなりました。(前作のレビューはこちら

疾走Jazzやら変拍子メタルやらカントリーなアルペジオやら、やりたい放題弾きまくり。カオティックサウンドの中で何故か訪れる爽やかタイムは健在です。
例えば、ベースがばりばりとリフを展開する上に金切り声の様なギターが乗っかる#4「Vanguard To Nowhere」。中盤ではいきなりファンキーになり、カジノでも似合いそうなジャズに移る。あ、後半はポストハードコアになってるような気がします。

とは言え・・・前作に比して、非常にまとまりがある。前作の「全然ついてこれない意味不明さ」みたいな雰囲気がかなり薄まっている印象です。Vo.が消えてインストになった事も要因の一つかもしれない。ジャンルごった煮をやりながらも、聴いていて強引さを感じない。カオティックハードコアから、ジャンルレスなテクニカルメタルになったと言うか。カッコよさのベクトルが違う・・・!

クセの強さは隠し味の様に巧妙に隠されているので、やりたい放題感を際立たせた前作の路線を期待した方には、少々残念かも知れない。しかし聴き込み始めて実感した。やっぱりやりたい放題だこいつら!!音の全体像が中々把握できない!

【for fan of what ?】
、「メタリックでおしゃれなインストが聴きたい!」という方が居れば、文句無しにお勧めできる逸品。始終一貫した、振り切れ気味な疾走感もポイント。↑の様な、音像を分析したい人(私ですね)にとって非常に噛みごたえある作品である事も付け加えておきます。

【↓here is the sound !↓】
[Lye By Mistake♪「fea jur」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。