スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」

2013年12月04日 19:05

Acceptance_Speech_-_Dance_Gavin_Dance.jpg
【Artist】Dance Gavin Dance >facebook<
【Title】Acceptance Speech
【Rate】10/10

Funk / Psychedelic / Screamo

Gavinは踊るだけでは気が済まない。歌いたいのだ。

アメリカはサクラメント出身の6人組ポストハードコアによる2013年作5thフル(自主制作のデビューEP「Whatever I Say Is Royal Ocean」を含めると6枚目)。
冒頭からの鋭く切れるシャウトに、それをかいくぐるように繰り出されるギターの高音ピロピロフレーズ。そして、少し遅れて登場するクリーンヴォーカルは一転して中性的な透き通ったハイトーン。ダンサブルに跳ねる歌メロパートが終われば再びシャウトとギターの正面衝突・・・。目まぐるしく表情を変え最後のラップで締めるまで、#3「Acceptance Speech」は今の彼らを凝縮した一曲として実に象徴的です。

クリーン・シャウトのツインVo.に、さらにGt./Vo.も叫び(時々)ラップするトリプル仕様のヴォーカルはやはり圧巻。その中でも、メンバーチェンジを経て今回新任となったクリーンVo.Tilian Pearson氏の歌唱は、今作の中でかなり中核を担う存在となっています。DGDと同レーベルRiseRecords所属のバンド:Tides Of Manからやってきた彼。エモ畑の華奢な甘さを持った彼の歌メロセンスは過去作のR&B由来なオトコマエメロディーとはかなり趣を異にして聴こえてきます。
#2「The Robot with Human Hair, Pt. 4」のサビは何回か聴けば鼻歌で追いかけたくなり、#9「Death of the Robot with Human Hair」に至っては全編通して""が付くほどポップな代物で、攻撃的なパートも完全に脇役扱い。

また、今まではヴォーカルを浸食する勢いで前に出ていたギターも、今回は大人しい・・・と見せかけて、「DGD節」とも言える歌いまくりギターは今作でも常に機会を伺っています。
メタルコアに接近する#4「Carve」冒頭の激情スコールや、#10「The Jiggler」で中核を担う、ミドルテンポの馬力あるヘヴィリフ。いつものスペイシーに拡がる高音域のソロフレーズじみたリフ以外にも、随所に印象的なパートがちりばめられていました。

超強力な歌メロを備え、かねてから意識を向けていた予感もあったポップネスへと一気に接近した彼ら。今までの荒々しい武器を丁寧に研ぎ軽やかな清涼感を漂わせるサウンドにファンとして困惑しながら、気が付けば一緒に歌っている自分がいました。

【for fan of what ?】
過去作と比べ、今作は一聴しての印象がかなり違っています。音のバランスが明らかに歌を(シャウト含め)目立たせようとしている。特に前作が原点回帰的な作風だった事もあり、この変化は非常に強く特徴的です。
ファンク&ポップな3rd「Happiness」の路線を改めて発展させ、さらに新Vo.のエッセンスをふんだんに活かした結果ここまでポップに突き抜けたのか、といった風情。
そういえばと言いますか、1stから継続してアートワークを担当しているMattias Adolfsson氏によるジャケットアートも、3rdと似たレイアウトですね。ウォーリーの隠れていそうな異世界描写は今回もステキ可愛い。

そしてこの辺りは邪推ですが、Will Swan氏主宰のレーベルで音源発表したStolasと、彼も参加するスーパーチームSianvarがかなりアグレッシヴで激烈ハードコアな作風を目玉にしています。住み分け・・・!?

The Mars Voltaに端を発するポストハードコアのひとつの流れで語られる彼ら。The Fall of TroyCirca Surviveも引き合いに出されるバンドですが、今回は歌を聴きながらイギリスの大人気ボーイズ・グループやカナダの若き天才シンガーソングライターを思い出しちゃったりしました。・・・関連付けるには多少強引なので明言は避けますけど。
今回の歌声にピンと来たあなたはTides Of Manを聴こう。ぜひ聴こう。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Dance Gavin Dance ♪「Acceptance Speech」]の続きを読む
スポンサーサイト

Infectious Grooves ♪「Groove Family Cyco」

2011年05月25日 00:32

img_237452_2367459_0.jpg
【Artist】Infectious Grooves  >myspace<
【Title】Groove Family Cyco
【Rate】10/10

Funk / Metal

横ノリ縦ノリが混在する。何でもアリ過ぎる、ファンクメタルミクスチャーの怪作。
Suicidal TendenciesのVo.Mike Muir氏とBa.Robert Trujillo氏(現Metallica)が「もっとファンクなのがしたい!」と始動させたサイドプロジェクト・・・の、1994年作3rdです(“サイド”と呼ぶにはかなり本腰入ってます。4thまでリリースしてまして、2010年には再始動もしてます。)

軽やかなギターカッティングから入り、ドラムのグルーヴも心地よく。音数の多いベースが重なり、気だるげなヴォーカルが『You want funky?... We got funky...』ふむ・・・実にファンキーな・・・
で、ディストーション全開のスラッシュリフですか。
・・・開幕#1「Violent & Funky」からブッ飛んでいる。

ワウワウとうねり続けるファンキーなギターとズバズバ切れるメタルなギター。超絶スラップで攻めまくるベース、ばしばし叩きつつもグルーヴィなドラム、そして若干道化めいたへにゃっと感を出すパンクなヴォーカル。
単体で存在感が凄まじい各パートが、曲の中で完全に同居してます。

「メタル化してしまったレッチリ」とでも言いたくなる#2「Boom Boom Boom」の重いやら軽いやらの音像、80年代ハードロックな出で立ちとユルめなヴォーカルを混ぜたまま延々と管を巻く#7「Do What I Tell Ya!」、緊張感バリバリなスラップベースからのおちゃらけパートも片手間に、デーモニッシュ+ファンキーという謎の足し算をしちゃってる#6「Die Lika Pig」・・・要所要所でパンクくさい疾走感やらコーラスやらが入る辺りも、嗚呼、やりたい放題。

エッジの立った要素を多く含んではいますが、リズム隊の強さもあって超絶横ノリな仕上がり。バンド名:「伝染するグルーヴ」は伊達じゃない。
【for fan of what ?】
先述のSuicidal Tendencies、そしてRed Hot Chili Peppersのファンは是非チェックして頂きたい。その他「ファンクメタル」なる謎ジャンルに反応した人など、全てのHENTAI音楽好きに。

あ、あと、スラップベース好きな奴は買っとけ。損しないから。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Infectious Grooves ♪「Groove Family Cyco」]の続きを読む

Dance Gavin Dance ♪「Downtown Battle Mountain II」

2011年03月09日 00:00

B004H5UXJM_01_LZZZZZZZ.jpg
【Artist】Dance Gavin Dance >myspace<
【Title】Downtown Battle Mountain II
【Rate】8/10

Funk / Psychedelic / Screamo

ヴォーカルのラインナップが1stの頃に戻ったDance Gavin Dance2011年作4thとなる今作は、タイトルにも1stの名前を冠した「パート2」なのです。

サウンドの軸になる要素のひとつは、スリリングなトリプルVo.
R&Bも感じさせるメロウな歌唱の光るJonny Craig氏と、パンキッシュなシャウトで噛みつくJonathan Mess氏のタッグ。さらにGt.と兼任で、叫び散らすように絡むWill Swan氏。それぞれの個性が、それはもう激しくぶつかり合います。
そしてもうひとつは、始終忙しないギター。
ソロなのかリフなのか分からない勢いで、テクニカルなフレーズがちゅるちゅると主張します。

そんな音像を核にする彼らですが、もちろん勢い一辺倒ではないです。ワウワウうねって横ノリもあり、そこかしこで「Dance!」な空気を含ませてきます。
さらりとラップを挿入し、余りのさりげなさがニクい#1「Spooks」や、吹奏楽にも似たトーンのリフが一際目立つ、目まぐるしくもダンサブルな#5「Need Money」などなど。ジャンルを鮮やかに飛び移っていくのも魅力です。
一方で曲の中には、彼ら一流のバラードナンバーも。スムースジャズなゆるさを軸に展開する#8「Blue Dream」では、黄昏時を思わせる歌メロが胸にぐっと来ます。

乱暴なまでの音の足し算。しかしギターのトーン、そして曲の緩急が軽やかな疾走感を生む、奇妙なバランスの逸品。
【for fan of what ?】
弾きまくりポストハードコア!と言う訳で、Emarosa(Jonny Craig氏在籍)、The Fall Of TroyClosure In Moscow辺りのファンは要チェックなのです。

そして過去作との比較で言ってみるならば・・・
前作3rdほどのポップネス・ダンス感は無く、やはり1stと似たソリッドな感触が強い。
しかし様々なエフェクトサウンドや、色んなジャンルを移る曲展開などは明らかに3rdからの流れを感じさせます。

・・・そう考えればそれなりに、1stからのパラレルワールドな一枚。これで中々、「パート2」という表現が似合ってるような気がします。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Dance Gavin Dance ♪「Downtown Battle Mountain II」]の続きを読む

Dance Gavin Dance ♪「Hapiness」

2010年02月08日 16:37

dance gavin dance-hapiness
【Artist】Dance Gavin Dance
【Title】Hapiness
【Rate】10/10

Funk / Psychedelic / Screamo

基本は前作、前々作と同じ。なんすけど。
目立つのは、ファンク色が強くなった。と言う訳で全体的に軽やかな印象。凄くDance!な感じ。

その分荒削りな土臭さというか、異端な音を鳴らしていると言う印象は薄い。十分にカオスなんですけどね。何と言うか、聴いてて喉につかえるような違和感がない。ヤバい。こいつら進化してる。

M4:Carl BarkerM8:Don't Tell Daveは特にダンサブルな雰囲気が出てて素敵。バンドの新しい面が出てて凄く好き。

【for fan of what ?】
パッケージのステッカーにはCirca Survive、At The Drive Inと。
個人的にはさらにThe Fall of Troy、Damiera、あとClosure in Moscowも挙げたいです。

【where is the sound ?】
myspaceで試聴できます→♪♪♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。