スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tigran Hamasyan ♪「Red Hail」

2014年02月12日 22:58

61492411_m.jpg
【Artist】Tigran Hamasyan >facebook<
【Title】Red Hail
【Rate】9/10

Experimental / Jazz

東欧はアルメニア出身のジャズピアニスト:Tigran Hamasyan(ティグラン・ハマシアン)による、2009年発表の3rdアルバム。今作はピアノ・ドラム・ベース・サックス・ヴォーカルの構成を基本とし、何曲かではギターも参加している。

軽やかに跳ねるピアノに続き伸びやかな女性ヴォーカルが入る#1「Shogher Jan (Dear Shogher)」で幕を開ける今作。波打つようなリズムも変則的ながら心地良く、9分という長尺ながら、さらっとした肌触りが長さを感じさせない。ショットバーで流れていそうなオシャレなジャズピアノ、といった風情だが、どうやらアルメニアのフォークソングを基にした曲との事。ヴォーカルのメロディーはなるほど独特な浮遊感でエスニックな香りは確かにジャズのイメージではない。
そして次の曲で、さらにジャズのイメージから離れていく。
恐怖感を煽るか細いピアノから、叩きつけるような旋律でサックスが複雑なリズムでもつれにもつれる#2「Red Hail (of Pomegranate Seeds)」。シンコペーションを多用し拍子を狂わせる奇妙なグルーヴと、ヘヴィメタル、スラッジコアに通じる攻撃的な低音の応酬に、清涼感は皆無。

柔らかなタッチで幕を開けながら、中盤で豹変し不穏な空気を撒き散らす#6「Sibylla」、シンセサイザーのつるりとした音と全編に渡って泳ぎ回るサックスが印象的な#9「Part 2: Moneypulated」など、ハードロック・バップジャズ・アルメニア民謡・スラッシュメタル他、一見バラバラな音楽達から影響を受けて表現されるピアノは一筋縄では行かない。
螺旋階段を下り続けるように刻むメタリックなギターリフを主軸にした#7「Corrupt」、颯爽としたフュージョンの攻撃性を持った#11「The Awakening of Mher (Mithra)」など、ギターの参加した曲の存在感も強い。そしてどの曲にも、独特なリズム感覚が波打っている。素直にはノらせてくれないグルーヴが、なんともいえない酩酊感を誘う。

ここ数年で、メタルを内包したジャズ・ジャズを内包したジャズという視点で捉えられる作品が増えてきているように思う。そんな中で今作を聴くと「ジャズから垣間見るプログレッシヴメタルの風景」という、稀有な立ち位置を感じさせてくれる。変なピアノジャズで片付ける訳には行かない、沢山の発見が隠れた傑作。

【for fan of what ?】
Led Zeppelinのリフをピアノで弾く幼少を経て、10代の頃にはKeith Jarrettのピアノを通してアルメニア音楽に触れたという。一方でMeshuggahSystem of A Downに強く敬意を表しているTigran氏。インタビューでも「Meshuggahみたいな曲を作りたい気持ちが表出した」と語られた今作は、プログレッシヴメタルのファンに幅広くお勧めしたい。
特にFredrik Thordendal氏のソロプロジェクトが好きな方、T.R.A.M.の様な「Djazz」ムーヴメントを好むかた、Zuの様なJazzcore愛好家はゼヒ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Tigran Hamasyan ♪「Red Hail」]の続きを読む
スポンサーサイト

そしてミニマルロックの深淵。

2014年01月28日 00:00

さぁどんどん行きましょう。疾走とは一線を画しそれでなお圧倒的な緊迫感を持った世界へ。

一発目は前エントリでご紹介したCuneiform Recordsからおひとつ。
☆Sonar >facebook<
【 Minimal / Post-rock / Experimental 】

スイス出身の4ピースインストバンド。バイオグラフィーを斜め読みする限りかなりの学者肌・・・どころか学者も実際混じってる様で、頭脳派老獪サウンドの妙味が詰まっています。そしてドラムのManuel Pasquinelli氏はどうやらCynicメンバーが休止中にやっていたバンド:Agohraで叩いていたみたいですね。かなり渋いメンバーが揃っているみたいです。
"Static Motion"

目下発売したばかりのアルバム「Static Motion」より。細やかなフレーズの重なり・積み上がりをこの界隈特有の味として存分に堪能できます。

ちなみにレーベルを通さない彼ら名義のBandcampアカウントも存在する。旧譜はそこでチェックですぞ。

お次はTwitterやTumblrで交流のあるSinさんの呟きより。

☆Tear Gas and Plate Glass >bandcamp<
【 Post-Metal / Sludge / Post-Rock 】


さてこの2曲目。密やかなミニマルリフが延々と続きますが、後半スラッジ色が強まると共にグロウルも入ります。そうです、インストバンドじゃないんです。
陰陽の対比が効いた音は荒々しいヴォーカルでさらにコントラストを強め、無類の攻撃性を放っています。これは先日ご紹介のSleeping Peopleファンにはたまらないのでは。
・・・すでに活動していない様子なのが非常に悔やまれます。

ちなみに今回の情報源であるSinさん。最近はポストメタル方面の情報更新を鋭意続けてらっしゃいますので要チェックですぞ。

インドネシアからの刺客Kekalの新曲ご紹介

2014年01月23日 23:23

某インディーズレーベルのリリックビデオ眺めながら、「これ、真似できるんじゃね?」と思ったのでやってみました。
"【Fanmade】Kekal"Token Discontentment"【Lyric Video】"

できた。
いやさすがに粗は目立ちますが。目立ちますが、その辺の話は自分からしない方向で行きましょう。バンドの話に移りましょう。

☆Kekal >facebook<
【 Metal / Avantgarde / Electronic 】

インドネシア産。出発点はブラックメタルだったんですがメロデスやらエレクトロやらにかなり本格的に傾倒していった結果、謎次元なサウンドへと旅立ってしまったバンド。これも異国情緒という扱いで良いのだろうか。
ページ内にフリーDLのリンクも有り。ちなみに、彼ら定期的に旧譜をフリー放出する事でも知られてまして、各曲クリエイティブ・コモンズ的に割とオープンな設定をしています。なので著作権的なアレもあんしん。

今回の新曲は現在作成中のアルバム「Multilateral」に収録予定、ですがその新譜は2015年の8月とのこと。まだまだ気長に待つ必要がありそうです。

そんなこんなで、追記からはリリックビデオをぼやっと懐かしむお話。
[インドネシアからの刺客Kekalの新曲ご紹介]の続きを読む

Eidola ♪「The Great Glass Elephant」

2014年01月12日 23:59

eidolacover.jpg
【Artist】Eidola >facebook<
【Title】The Great Glass Elephant
【Rate】9/10

Experimental / Post-Rock / Psychedelic

ブルースとポストロックを足してジンジャーエールで割った様な、煙たくも瑞々しいサウンドの滋味。
アメリカはユタ州プロヴォ出身の6人衆による、2012年にセルフリリースされたデビューフル作。

アナログレコードのノイズ音が混ざる物憂げヨーロッパ歌謡#1「Pugna E Eterna」で幕を開ける今作。しかしこの古ぼけた歌とピアノに続く#2「Going Nowhere」が曲者。密やかなパートと情熱的な盛り上がりを行き来する展開。ヴォーカルも、しなやかな低音から切々とした高音まで幅広く、一転して洗練されたサウンドへと一気に舵を切り彼らの世界へと連れ去ってしまう。

ブルージーな無骨さとエモーショナルな瑞々しさが交錯した、独特な質感のサウンドが今作では大きく存在感を主張している。こもったトーンのギターが耳を刺激する#3「A Night With Frank Sinatra, Two Tabs Of Mescaline, And A French Tranny」では低音の効いた無骨さが前面に押し出され、切迫した高音の歌い上げとシャウトが際立つ#9「The Alchemist And The Architect」などはフックの効いたリフがこれでもかと登場し、終盤の畳み掛けはスリリングの一言。一筋縄では行かないがしかし軸となるのはアッパーチューンであり、力強い聴かせドコロを随所に配置している。

一方で反響するアルペジオの眩しさが印象的な#7「Houses Movement II: Selling Worth」や、シューゲイザーを想起する降り注ぐ様なギターが全編に散りばめられた#11「Ours」など、大きなスケールを感じさせる楽曲・パートの存在も無視できない。1曲の中での表情が変わり曲ごとのカラーもバラエティに富んでいる。どの曲から聴き始めるかで受け取り方が変わってしまいそうなほど、アルバム全体の音像はなかなかに幅広い。

ブルースとポストロックを足してジンジャーエールで割った・・・というと詩的に過ぎるだろうか。煙たく幻想的ながら、ポストハードコアの攻撃性がシャキッと利いたおいしい逸品。
【for fan of what ?】
Dance Gavin DanceのGt.Will Swan氏主宰のレーベル:Blue Swan Recordsとの契約が決まり、2014年春に新譜のリリースを計画している彼ら。この界隈のポストハードコアファンは要チェックな作品と言えます。
ポストロック×ポストハードコア、という取り合わせではThat's Ragbyを想起する一方、エモい部分に焦点を当てるとFirst Signs Of Frostが脳裏をよぎったりもします。

また余談と致しまして。ヴォーカルラインに時々Toolを連想しますがファン層が被る気はあまりしないのでこれは寝言です。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Eidola ♪「The Great Glass Elephant」]の続きを読む

A Lot Like Birds ♪「No Place」

2013年12月17日 22:31

alotlikebirdsnoplace.jpg
【Artist】A Lot Like Birds >facebook<
【Title】No Place
【Rate】9/10

Progressive / Post-Whatever / Experimental

子供の想像力が暴走したようなホラーハウス。幻想的で、底が見えない。
アメリカカリフォルニア州はサクラメント出身の、ツインVo./ツインGt.を擁するポストハードコア6人衆による2013年作3rd。

変則的な小爆発を繰り返しながら突進するリズム。トロピカルな艶を感じさせるクリーントーンと直情的ハードコアパワーコードの正面衝突。そしてツインVo.による、伸びやかなハイトーンと捲し立てる様なシャウトの交錯。授業チャイムのあのメロディが登場するイントロトラックに続いて炸裂する#2「No Nature」のスリリングで奔放な演奏には「エクストリーム」「カオティック」という言葉が良く似合う。
静と動を同居させた独特の凝縮サウンドは、ハードコア畑には珍しい楽器のゲスト参加でさらに混沌を濃くしていく。先述#2ではコンガの暑苦しいビートが乱入し、冒頭からボルテージ全開かつ性急でキレまくりなリズムで攻める#9「Recluse」でもやはり暑いトランペットの至近射撃。ここぞというタイミングで一点突破的に差し挟まれるプログレッシヴな攻撃力は正に無類。

一方で今作は、幻想的な「引き」の曲も多く、それがただのインタールードでは済まない存在感を放っていて手強い。霧深い湖畔を想わせ、ふわふわとした歌メロがメインとなる#7「Hand Over Mouth, Over and Over」や、ひりひりと不穏さを漂わせ激情パートを経てドラマチックに陰りを演出する#10「Shaking of the Frame」では、爆走チューンでは隠し味程度の魅力が一杯に拡がっている。これら2曲でもトランペットが登場するが、こちらでは一転して、朗々と物悲しい旋律を伸ばす。

そして、それら全ての要素を凝縮したと言える#5「Connector」は、ゲストプレイヤーの気配が無いが、しかし振れ幅の大きな今作にあって一際強いエネルギーを湛えている。ゆるやかなイントロからの爆発、そしてクリーントーン主体のギターと緊迫したドラム。ツインヴォーカルの掛け合いも鮮やかで、前作とはまた違った、今作における目玉のキラーチューンと言いたい。

ジャンルごった煮ハードコアと幻想ポストロック、その両方を喰らい世界を描いていく今作。子供の想像力が暴走したようなホラーハウスを思わせる、ジャケットアートワークの極彩色と強くシンクロする。

【for fan of what ?】
元々、The Number Twelve Looks Like Youのブチ切れカオスと、The Sounds Of Animals FightingFear Before the March of Flamesに通じる捉えどころのないプログレ性を併せ持ってはいた彼ら。特に1stフル「Plan B」で顕著だったその方向性が、アグレッシヴチューンの目立つ前作よりも強まっている様に感じた。クリーントーンのギターに注目するとAdebisi Shankの様なマスロックを想起させたり、アトモスフェリックなパートではJesuなどポストブラックに通じる香りも。
ヴォーカルの片割れ:Kurt Travis氏は初期Dance Gavin Danceに所属していたため、特にDGDの3rdフル「Happiness」をちらりと想像させる瞬間もあり。後半のヴァイオリン&コーラスが印象的な#8「Kuroi Ledge」で特に顕著。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Lot Like Birds ♪「No Place」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。