スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pure Reason Revolution ♪「Amor Vincit Omnia」

2013年10月11日 18:39

PURE REASON REVOLUTION-AMOR VINCIT OMNIA
【Artist】Pure Reason Revolution >facebook<
【Title】Amor Vincit Omnia
【Rate】10/10

Progressive / Alternative / Electronica

哲学者カントの著書「純粋理性批判」にちなんだバンド名「純粋理性の革命」を冠し、'Astral Folk' や 'New prog'とも評されたイギリスの4ピースエレクトロロックによる2009年作2ndフル。タイトルはラテン語の格言「愛は全てに勝つ」。(なお残念ながらこのバンドは既に解散しており、活動中に発表されたスタジオアルバムは全部で3枚。)

80年代New Waveを想起させるギラついたシンセ。そしてそのニヒルな冷徹に乗る、男女のユニゾンVo.と行進のビート。ふいにユニゾンが崩れ折り重なる歌声に続いて、ピアノが温かく差し込む。#1「Les Malheurs」を一曲聴き終わると、存外に歌の輪郭が柔らかく有機的だった事にハッとさせられる。

脳をくすぐる電子音で飾り、キャッチーなヴォーカルでまとめ上げる。そんなエレポップを核にしつつ、様々な音楽からヒントを得て独自の音像を作り上げている。例えば男性Vo.がぐっと目立つ#2「Victorious Cupid」#5「Deus Ex Machina」では、無骨なバンドサウンドがノイズをまとう様。一転してロックが核なのではと思わされる。もちろん彼らにとってはどちらでも良い事だろう。#7「Disconnect」では何食わぬ顔で、ヴォコーダーの声とドリーミーなピコピコが可愛らしい。

そんな様々な顔を見せてくれる今作だが、その幅広さ以上に荘厳さと薄暗さのない交ぜとなった空気がアルバム通して一貫しており、印象に強く残る。特に#3「I) Keep Me Sane/Insane」から#4「II) Apogee III) Requiem For The Lovers」に至る流れは特筆したい。ノスタルジックなシンセと細切れなノイズのビート。セピアにデジタルノイズの混ざるイメージを残し、ギターの降り注ぐ様なサウンドが入り、ぎゅっとスリリングな身体性を得て一気にヒートアップしていく。狂気に呑まれそうな中での葛藤が描かれ、またノスタルジックな静けさに沈んで行くラストまで目まぐるしく展開していく。

エモ・グランジの激情、ゴスペルに通じる壮大で変幻自在の歌声、ポップロックからブレイクビーツまで潜るデジタルサウンドの素養。それらすべてが有機的に混ざりあい、シリアスなドラマ性に満ちた無類のサウンドを描いた一枚としてお勧めしたい。

【for fan of what ?】
音楽性における懐の広さから、音の一部を切り取る毎に様々なバンドが想起される。ロック色の強い展開ではMusePorcupine Tree、デジタル色の強い部分ではZoot WomanShookなどなど。特にPorcupine Treeはメンバーがプロデュースに関わっていたりツアーのサポートに抜擢されたりと言った経歴もある。

不気味の谷を刺激してくる様なジャケットアートも独特で、エレクトロ界隈の奔放さとプログレッシヴ界隈のナルシシズム両方が気になる方など是非。どんな方だ。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Pure Reason Revolution ♪「Amor Vincit Omnia」]の続きを読む
スポンサーサイト

AnovA ♪「Decem」

2013年09月13日 00:00

anovadecem.jpg
【Artist】AnovA >facebook<
【Title】Decem
【Rate】9/10

Progressive / Metal / Electronica

脳髄に刺さる、退廃と陶酔。
アメリカ・イギリス・日本3カ国のメンバーによるプログレメタル3人衆による、デビューEPの再収録を含む2013年作フル。

前EPでは、ブレイクビーツ・クラシック・メタルを絶妙にクロスオーヴァーさせ、ゴシカルで退廃的な世界観を打ち出した彼ら。そんな中、今作では全体を通じてエッジの利いたサウンドが目立つ。サイバーなシンセとズバズバ刻むギターが冒頭から殴り込む#1「L'essentiel」を始めDjentサウンドを強く感じる場面も多く、メタリック・スリリングな攻撃性が大きな柱となっている。
#4~7前EP「涅槃」も、リマスタリングによりその印象は変化している。全体的に音がクリアになり、デジタルな装飾もパワーアップして随所に散りばめられている。#4「応供の回廊」における、よりギラつきの増したブレイクビーツ、#7「預流の頂」後半で聴けるスラッシュリフの分厚さなどは特筆もの。新曲のインパクトに負けない、より説得力のあるサウンドに進化している。

よりメタリックになった一方で、よりプログレッシヴな印象も強い。
ピアノの流麗かつ無表情なループ、中盤のソロに繋がるパートにおけるベースの存在感など、存在感のあるパートが次々と登場する#2「Varietas Delectat」”氷の微笑”を連想させ、長尺でありながら隙のない空気感が見事。そして全体的に重苦しさが支配し、しかしデモーニッシュなギターリフのうねりも無視できない#9「V-X」も特徴的。長いアンビエントのパートによる退廃スペイシーな余韻が沁みる。また、続く#10「Fortuna」はエレクトロ色強め、トリッキーに攻めるリズム、サビ感の強いコーラスの挿入など、アヴァンギャルドな変化球チューン。ダンサブルなEDM要素も乱入し、作中でも異彩を放っている。

退廃的・ドラマチックな世界観を貫きながら、めまぐるしく表情を変え続ける展開の妙。異端のIDMであり異端のDjentでもある、一筋縄ではいかない破壊力を湛えた逸品。

【for fan of what ?】
浪々とした歌声を中心に据えた音像ながら、サビやメロといった歌モノのポップネスよりも、じっくりと展開していくエレクトロの味わいが強い。回る万華鏡をスローモーションで眺める様なIDMサウンドは、The Allgolismとは似て非なる佇まいで興味深い。展開の妙という意味ではTesseracTを連想させる。

前作に比べ各要素の輪郭がよりハッキリとし、発見が増えたという印象。(リマスター再収録の関係もあり)個人的には純粋な進化作と捉えています。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[AnovA ♪「Decem」]の続きを読む

AnovA ♪「Nehan-涅槃-」

2013年07月23日 17:58

AnovA - Nehan - cover
【Artist】AnovA >facebook<
【Title】Nehan-涅槃-
【Rate】7/10

Progressive / Metal / Electronica

UKウェールズ/USフロリダ/日本東京という3ヶ国からメンバーが集まった、多国籍プログレッシヴメタル3ピースによるデビューEP。2013年作。

クリック音とノイズの点滅する無機質なイントロの#1「Part 1: Ougu No Kairou」で幕を開ける今作。大仰さを感じるヴォーカルにインダストリアルメタル的な刻みのギター、耽美なピアノの挿入など大きく起伏し、ドラマチックに展開する。

冒頭#1に続き、9分の長尺で一際ダークに攻めていく#2「Part 2: Fugen No Tobira」、甘くメロディアスな全体像を維持しながら、邪悪さの滲むスラッシュリフやダブステップとの対比が鮮やかな#3「Part 3: Ichirai No Rougoku」、エレクトロとピアノの存在感の際立つ#4「Part 4: Yoru No Itadaki」と全4パートで構成されている。
ブレイクビーツ・クラシック・メタルが3すくみとなったハイブリットサウンドに一貫した今作。ミドルチューンの重さを重視した楽曲陣は、ゴシカルなサウンドと冷徹なサウンドが融合しており、独特な色合いの荘厳さが漂う。

ラストトラックとして収録されている#3のBallad Versionはピアノ弾き語りを軸にした一曲。バンドのメランコリックな側面にクローズアップしている。

Djentやダブステップなど激しくテクニカルな要素を多く含みつつも、佇まいは徹底してメロディアス・ドラマチック。ゴシカルで退廃的な世界観をじっくり味わう一枚としてお勧めしたい。

【for fan of what ?】
いわく「X JapanMeshuggahSkrillexを混ぜた感じ」のサウンドとの事。異種交配の結果はそのどれとも違った印象ながら、歎美でメロディアス・刻みのリフ・サイバーな音像と、それぞれの影響を垣間見ることが出来る。

ブレイクビーツとメタルの交配では、ふとIgorrrを思い出した(あちらは常軌を逸した激しさがウリのため全体的な印象はかなり変わって来ますが)。


【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[AnovA ♪「Nehan-涅槃-」]の続きを読む

【意訳対訳】♪Miracle(by HURTS)

2013年04月09日 20:12

【Artist】HURTS >facebook<
【Music Title】Miracle (from album「EXILE」)


その静謐な佇まいと朗々とした歌声、そして映画のワンシーンを切り取ったかのような歌詞世界で独特の空気を纏わせるイギリス・マンチェスターのエレクトロデュオ:HURTS。彼らの新作「EXILE」が先日発売となりました。
HIPHOPを想起させるイントロの#3「Sandman」から、コーラスでの鋭いビートがズシリとくる#6「The Road」まで、より幅広くなったサウンド面。そして相変わらずの美声が変わらぬ魅力を伝えてくれます。
まだ時間によっては肌寒いこの季節、雑踏の中で背筋を伸ばして聴きたい一枚です。

そんなこんなで聴き込みの一環として、先述の歌詞世界を知りたいがゆえに対訳などしてみました。


【以下、想像力一杯に日本語訳。】
※元の英詞は載せません。なんとなく。
※基本的に翻訳サイト・辞書サイトとにらめっこして作っているので、正確性には期待しないでください。
 ある種二次創作的な感覚でどうぞ。
【はじまるよ!】
[【意訳対訳】♪Miracle(by HURTS)]の続きを読む

コスプレにキャッキャしてたら音楽の話になってた。

2013年02月24日 01:35

ひょんなタイミングでですね、この動画観てたんですよ。
"freddiew : Legend of Zelda: Pot Smasher"

すっごい楽しそうになーたしかにリンクってやりたい放題よなーしっかしこれ元気に可愛らしなー
とかなんとか。

で、気になって関連動画を見たらば、なんか良く分かんないけどこのこヴァイオリン弾きながらくるくる踊ってらっしゃる。コスプレして。そう言えばこれ動画の作りがかなりしっかりしてるし服も完成度が高い。どういうことだ。o(再生回数も一千万越えとかどういうことなの・・・

で、毎度の如くwikiに頼ってみました。
「Lindsey Stirling (born on September 21, 1986) is an American violinist, musician, dancer, performance artist, and composer.」肩書多いなまた!
☆Lindsey Stirling >facebook<
【 Electronic 】

えーっと、どうやら元々ヴァイオリン演奏者として実力を付けつつ、アメリカのテレビで『ヒップホップ・ヴァイオリニスト』との触れ込みでドカンと名を挙げた方のようで。その後何があったのかは調べ切れてないんですが、去年辺りからやたらとコスプレ推しな動画を作成・発表している模様です。歌って踊れるコスプレヴァイオリニスト、なんというかこう、気が付けばやたらと呼び名が長くなります。

ここまでくれば気になるのがオリジナル曲。色々みてみると、どうやらダブステップ×クラシック、みたいなスタイルを好む様子で、これがまた、聴けば成程かっこいいんですよ。
"Lindsey Stirling ~ Stars Align"

ちょっとロックな香りも感じさせ、Apocalypticaとか好きな御仁には結構オススメ出来るんじゃないかなと。
2012年にリリースされたこのセルフタイトル作、USビルボードでは81位まで登ったらしく(wikiしらべ)、ネタ抜きにしても結構な実力者でございました。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは コスプレ動画を楽しんでいたと
思ったら いつのまにかヴァイオリン演奏を聴いていた」
な… 何を(ry


不思議な情報の繋がりで新しい音楽に触れる機会はままあるので、その度に面白いなぁと思うものであります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。