スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am Robot and Proud ♪「Touch/Tone」

2013年12月26日 15:50

iaraptouchtone.jpg
【Artist】I am Robot and Proud >facebook<
【Title】Touch/Tone
【Rate】9/10

Pop / Electro / Other

くたっとかわいいころころサウンド。寒い季節におこたと一緒に。
カナダはトロントのひとりエレクトロ・プロジェクトによる、2013年5th。
ひとつひとつの音がとてもキュートで、それに浸るだけでも楽しい。細かくひとつひとつに擬音語をあてがいたくなる、それぞれが魅力的の音色たち。

ファンタジーな世界でロボが起き上がる様なイントロでスタートする#1「Kresna」昼下がりを散歩しながら、町の雑多な色々や風景の肌触りが次々と視界に入ってくるような一曲です。オルゴールの音が忙しなくころころ転がり回る#4「Circles」も楽しい。どの曲も絶妙に音圧控えめで、エレクトロの鋭角的な輪郭で満ちているはずなのにどこまでも柔らかく響きます。
雪の降る情景も見えそうな#2「Touch/Tone」でさりげなく寄り添うギターや、オルゴールをふにゃんとさせた様な音色がくつろいでいる#7「Ketok Magic」のどこか都会派なシンセなど、ファンクジャズのテイストが隠し味に効いているのも楽しい。
また、スティールパンに似た音でダンサブルに跳ねる#3「Mono The Planet」や、フロッピーディスクの駆動を連想させるじりじりとした振動音を始めノイジーな#5「Nothing Normal Sounds Good」など、しゃきっとした佇まいの曲もちらほらと。

ファミコンぴこぴこなチップチューンサウンドと素朴な生音、そして時折中華風の香りを漂わせながら柔らかく拡がっていくシンセ。陶器の手触り想起させる、無機質な冷たさと人の息遣いを感じる有機的な手触りのバランスには流石の一言。そんな今作が作り上げるほっこり暖かな風景は、なるほど寒い国で生まれた音楽。冬のBGMにとてもしっくりくるのです。散歩のお供に、こたつのお供に。

【for fan of what ?】
この手のほのぼの癒しサウンドは普段あまり触れないせいであまり連想するバンド/ユニットが浮かばないの事実だったり。Serphあたりのファンはゼヒ。そう言えば最近知ったZefs Chasing Caraが、似たようなステキサウンドを鳴らしていましたよ。
また記事編集中に見つけたんですが、No.9という国内アーティストもほっこり良い感じですね。

そして追記といたしまして。
今作は国内盤が発売されており筆者はそちらを購入しています。インストの作品ということもあり特にブックレットは無いですが、ボーナストラック収録です。爪弾くギターのイントロが印象的な#11「Anathoer Nature」と、#1のイントロが一杯に拡がった#12「XT/AT」の2曲。こちらもなかなか。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[I am Robot and Proud ♪「Touch/Tone」]の続きを読む
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。