スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Sense of Gravity ♪「Travail」

2014年03月14日 22:16

asenseofgravitytravail.jpg
【Artist】A Sense of Gravity >facebook<
【Title】Travail
【Rate】10/10

Djent / Death-Metal / Fusion

鋭さと複雑さをひたすらに追求した全方位隙ナシの快作。
アメリカはシアトル出身の6人組による、過去Bandcampで配布していた曲のリアレンジも含めた1stフルアルバム。2014年作。

仰々しい男声コーラスと共に幕を開ける#1「Wraith」。霧深いサウンドを鳴らすシンセとその中で理知的にリフを敷いていくギター。イントロの印象は壮大で幻想的なプログレッシヴメタル、といった風情だが、地鳴りの様なグロウルと共にそのイメージがあっさりと破壊される。次々とまくし立てる歌詞と前のめりに刻みまくるリフの佇まいは凶悪の一言。しかし一方でサビに入ればオペラを想起させる堂々とした歌唱に変わり、中盤のギターソロパートに至っては伸びやかなフュージョンの香り。シンセは気が付けばおどろおどろしい音で曲の背後を怪しく支えている。なんなんだこいつら。

凄みの利いたグロウルとパワフルな歌い上げを巧みに使い分けるヴォーカルが縦横無尽に暴れ周り、ざくりと分厚い切れ味を持ったギターによる刻みのリフが矢継ぎ早に攻め立て、変拍子やシンコペーションを多用した複雑なリズムが聴き手を圧倒する。そして、一曲の中にいくつものアイデアを詰め込んだ、密度の高い曲展開も無視できない。

ジャズピアノ乱入のアクセントも鮮やかに、全編に渡り和音階リフを叩き込む#2「Stormborn」や、低音のグロウルと高密度なリフとブラストビートで埋め尽くされる#6「Harbinger」の威圧感。激烈デスラッシュにシンフォニックなシンセを混ぜ、搾り出すようなエネルギーと共に突進する#4「Answers Lost」や、倍速チェンバーロックといった風情のイントロからスケール感たっぷりに広がっていくフュージョンメタルチューン#5「Trichotillomania」の叙情性。アグレッシヴな曲を揃えていながら、曲ごとの個性もそれぞれに際立っている。
一方で、しっとりと降り注ぐピアノを主軸に薄暗い空気を満たしていく#3「Breakthrough」や旅愁を覚える乾いたアルペジオギターが目立ち、後半の盛り上がりもメタル・バラードとして秀逸な#9「Weaving Memories」などクリーンヴォーカルのみの曲も、アルバム内でしっかりと存在を主張している。

自らのジャンル説明に"(Math, Djent, Death, Progressive, Shred) Metal,Fusion"と表記している彼ら。細分化されたメタルの要素たちを自らの表現のためにまとめ上げ、鋭さと複雑さをひたすらに追求した楽曲陣。正に全方位隙ナシと言いたくなる、怪作であり快作。

【for fan of what ?】
特に突進力のあるアグレッシヴな部分ではObscuraWhitechapel等のテクニカルデス・デスコアファンに。Djent界隈に注目すると、その奔放な曲展開においてCiliceを、フュージョン要素の落とし込みではSithu Ayeのファンなどに強くお勧めしたい。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Sense of Gravity ♪「Travail」]の続きを読む
スポンサーサイト

Whitechapel ♪「Whitechapel」

2012年07月26日 02:46

Whitechapel-Whitechapel-2012-cover.jpg
【Artist】Whitechapel >facebook<
【Title】Whitechapel
【Rate】10/10

【 DeathMetal / Hardcore / Metal

トリプルギターを擁する、アメリカはテネシー州出身のデスコア6人組による、2012年発表の4thにしてセルフタイトル作。
一聴すれば、地を這う様な重低音スラッシュリフと凄味十分のヴォーカルが全編を貫く“正にデスコア”な佇まい。ざらりとした輪郭のサウンドも相まって、無骨で重厚な威圧感に満ちています。しかしその実、演奏はかなりタイトでテクニカル。低音メロデスとも言えるギターの絡みや複雑なリズムを駆使したフレーズも要所で差し込まれ、知的な面もちらちらと顔を覗かせています。

静かにピアノから幕を開けるも、一気にそしてガンガンとボルテージを上げていく#1「Make It Bleed」から気合全開。オリエンタルなフレーズが挟まれるパートでの、すっと音圧が引く瞬間も良いアクセント。そして続く#2「Hate Creation」が圧倒的。イントロで繰り出される奇妙なリズムのリフに始まり、全編を貫く密教的な怪しさ、忙しなく吐き捨てるヴォーカルと前のめりに刻まれるギターで畳み掛ける後半など、今作中でも一際目立つ白眉の一曲。
緊張感のある曲展開も去ることながら、スラッシーに突進しながらもタメのあるリフが独特な#7「Dead Silence」や始終ポリリズミックで淡々と迫ってくる様な#10「Possibilities of an Impossible Existence」など、本作では随所に凝ったリズムが登場し、勢い一辺倒にはならないグルーヴィな側面が印象的でもあります。
#10のラストで流れるピアノは#1のイントロと同じ。哀愁漂う旋律と共にふわりとループするのもニクい子ネタといった所。

デスコアの荒々しさをアピールしつつもテクニカルな面を絶妙にブレンドさせる手腕は見事。錆付いた歯車と古びた革を想わせるジャケットアートの通り、粗暴な力強さの中にメカニカルな無機質さをじわりと滲ませた逸品です。

【for fan of what ?】
#2を聴いて、どうしようもなくMeshuggahのObZen一曲目「Combustion」を想起してしまった私。全体的にも突進力のバランス辺りObZenと近く、併せて聴きたい感じに仕上がってると思いました。そこかしこでDjentを彷彿とさせるグルーヴィーなスラッシュリフをぶち込んできたりもしますし。
後はyoutubeのコメントでチラっと見て成程と思ったんですが、Slipknotのファン(特にIOWAが好きな方)にも是非聴いて頂きたい感じです。あそこまで混沌とはせず比較的整ったサウンドではありますが、リフの方向性とか、後はヴォーカルの雰囲気とか部分的に。ぐっと来ると思うんですよね。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Whitechapel ♪「Whitechapel」]の続きを読む

Meshuggah ♪「Koloss」

2012年04月09日 01:39

Koloss500x500.jpg
【Artist】Meshuggah >facebook<
【Title】Koloss
【Rate】10/10

Death-Metal / Experimental / Metal

裏拍の覇者とでも呼ぶべきか。ポストスラッシュの雄:Meshuggahによる2012年作。

リリース前、誘惑に負け先行リーク曲を聴いた時に私は正直、少し不安に思った。
「アグレッシヴに突き抜けた曲はもしかしてないのか」と。
しかし今作を再生し#2「The Demon's Name Is Surveillance」を聴いた時、自らの底の浅さを恥じた。

・・・速ぇ。

前作Obzenの一曲目を聴いた時に私は思った。
「まだ俺の知らないグルーヴがあったのか」と。
今作を再生し#6「Marrow」を聴いた時に、全く同じ感想を抱いた自分が居た。

まだ、私の知らないグルーヴはあった。

Cacth 33の重く冷徹な空気を纏い、
しかしObZenのトライバルな生々しさも間違い無く宿っており、
何よりもContradictions Collapseの衝動が全てを貫いている。

前作は随分とヘビロテさせてもらったが、今回も長い付き合いになりそうである。

・・・諸事情によりいつもとは違う書き方をしようとした結果、主観全開になりました。御容赦を。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Meshuggah ♪「Koloss」]の続きを読む

Mnemic ♪「Sons of the System」

2011年06月05日 01:07

Mnemic-SonsOfTheSystem.jpg
【Artist】Mnemic >myspace<
【Title】Sons of the System
【Rate】9/10

【 Death Metal / Industrial / Metal

デンマーク出身、「フュージョン・フューチャー・メタル」なるバンド:ネミックの2010年作4thです。

インダストリアルな質感を纏ったシンセワークが全体を覆う中、時にラウドに時にスラッシーに、ギターが鋭くリフを刻む。血圧高めなシャウトとエモーショナルな伸びのあるクリーントーンの交錯は珍しい物ではないながら、単純に聴かせる。力強さがある。

そして彼らの、おそらく最大の武器であろう魅力が、リズムセンス。
例えば、#1「Sons Of The System」イントロでいきなりつぎ込まれる三連譜リフ。繰り返される度に頭にこびりつく威圧感。
#2「Diesel Uterus」#8「Hero(In)」で目立つ、拍をずらし粘り気のあるグルーヴを持ったリフも然り。7拍子で幕を開け、変拍子を確信犯的に配置していく#7「Fate」も然り。ニクい、実にニクい!!

Djentと呼ぶには節操が無く、スクリーモと呼ぶには、リフの世界観が感情皆無。
成程フュージョン・フューチャー・メタル、言い得て妙と返す他無し。中途半端と言ってしまうか、バランス感覚と言ってしまうか。そこで今作の評価は大きく変わってきそうです。

【for fan of what ?】
一番最初に思い浮かぶのはFear Factoryでしょうか。SF感溢れる音像には似た空気を感じます。
後はやはりというか、Meshuggah。要所要所で滲ませるDjentな空気が、サイバースラッシュな音と良く合います。
SoilworkSlipknotと足して二で割った感じ」という評価も多いとか。モダンな佇まいは確かに。むしろMudvayneの方が近いか。

そして。
彼らは3rdよりVo.がGuillaume Bideau氏に変わっており、それに伴って非常にクリーントーンが強化されています。2ndまでのVo.Michael Bøgballe氏は、結構ブチ切れてた。2ndからのPV「Deathbox」観て思うのは・・・今作って結構キャッチーかも。でもその分、「ニクい」と言いたくなる狡猾さを強く感じるのも事実なのです。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Mnemic ♪「Sons of the System」]の続きを読む

Obscura ♪「Omnivium」

2011年04月16日 01:27

omnivium_900.jpg
【Artist】Obscura >myspace<
【Title】Omnivium
【Rate】10/10

Death-Metal / Metal / Progressive

ドイツ産プログレッシヴ/テクニカルデス4人衆:オブスキュラの3rdアルバム。2011年作です。

メロデスの疾走感をベースに、音数の多いテクニカルなリフを次々と繰り出すギター。
時にうねり暴れ、時にセクシーに漂う、存在感のあるベースライン。
高音トレモロこそ登場しないが、地を這う様な低音グロウルとブラストビートの圧力、邪悪なメロディーの数々。叙情性と背中合わせの様に、怪しいブラックメタルな空気も随所に感じる事ができる。

そして彼らの武器であり、今作のキモとなっているのが、曲の展開。

何を置いても#1「Septuagint」は白眉。荒涼としたアコギのイントロから一気に爆発、スピード感を失わないまま表情を変えて行く。そして再びアコギが差し込まれ、それに続くクリーントーンでの歌が。
エフェクトがかかり浮遊感たっぷりなこの歌メロの、全てを包み込むような優しさが・・・!
憂いを帯びたアウトロもそこそこに、その一度だけの歌メロを反芻しつつ余韻に浸ってしまいます。

激しい時は詰め込まれた音と圧力で攻め、浮遊感溢れるパートが間を縫い合わせて行く。振れ幅の大きな緩急を付けながらも、実になめらかにジャンルを飛び越えて行き、曲それぞれを特徴づけて行きます。

#6「Celestial Spheres」では、メロディーが降り注でくる様なソロの存在感とクライマックスの歌い上げがどこまでも切ない。
オリエンタルなメロディーと供に始まる#9「Aevum」。「勇壮」と言うには少々殺伐とし過ぎている、重厚でサタニックなコーラスがやはり印象的な一曲。

聴き易く統一感のある曲展開ながら、内包する情報量は膨大。細部を聴き込むほどにその複雑さが浮き彫りになる、スルメな魅力も併せ持つ逸品です。

【for fan of what ?】
ジャンルレスにかつ黒い世界観をまき散らす様はOpethに通じるものが感じられる。
At The Gatesの様な、メロデスとブラックの間を行く音楽が好みの方にもお勧め。
そしてベースのうねりとフュージョンなパートの数々が、Cynic好きにきゅんきゅんきちゃいます。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Obscura ♪「Omnivium」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。