スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ketha ♪「2nd Sight」

2013年10月03日 17:57

ketha-2nd sight
【Artist】Ketha >facebook<
【Title】2nd Sight
【Rate】9/10

Metal / Math / Death

ポーランドにて活動する4ピースマスメタルによる2ndフル。2012年作。

呻き声と低音の反響でずぶずぶとお出迎えするイントロトラック#1「generik」を経ての#2「blackpool」でまず圧倒される。退廃的なイントロから一転、神経質に繰り返されるフレーズとリズムを刻む呼吸音とバスドラのシンクロが圧し掛かって来る。
複雑なリズムを駆使した、無感情なミニマルリフ。バキバキと叩きつけるベースの音も実に鋭角的で、ヴォーカルは凄みの効いたグロウルの他、随所で積極的に入る呼吸音や呻き声。その呪術じみた切迫感が作中で一貫しており、それは曲の展開と共に際限なく肥大していく。

また、冒頭の#1を始め、間奏曲がいくつか挟まれる。サイバーな電子要素とサスペンス映画を想起するスピード感が作中でも異端に映る#3「take 1」にノイズとオルガンの物悲しい音がクダを巻くドゥーミーな#6「take 2」、そして怨念の塊の様な冒頭とは逆の、退廃的で人の気配が全くしないアウトロ#10「coda」。毛色の違った1~2分のインタールード達はヴォーカル曲で主軸となる淡々とした攻撃性とのコントラストを生み、アルバム一枚の緊張感に一役買っている。

重苦しい呪術的な音像とどこか酩酊感を覚える曲展開。廃墟や漆黒を連想させ悪夢へと誘ってくれそうだが、こういう音楽をあおって寝入りたい夜も、たまにはある。

【for fan of what ?】
そのリズムとヘヴィネスで押し切る圧力はMeshuggahの「Catch 33」を連想する。その他関連バンドとしてはCiliceやRXYZYXRが挙げられるが、今作は前述の諸バンドに比べるとドス黒さのイメージがより強いだろうか。KethaはDjent界隈で採り上げられる機会も少なくないが、PeripheryFellsilent等のメタルコア勢からは距離がある。切れ味は鋭利で電撃的というよりブロードソードで叩き斬ると言った比喩が似合い、シーン内でも特にリズム面での影響を注目したい。
ちなみに淡々としたマスロックのデスメタル的アプローチ、と捉えるとDon Caballeroに歪みが欲しい方に。また癒されないTOOLや殺伐としたThe Oceanが欲しい方に、等と勧める事も出来そうな予感がするがこれらは相当なこじつけである。

ちなみに同国ポーランドには1990年代に活動していたKobongというバンドがいて彼らが引き合いに出されていたり、現在のポーランドシーンではProghma-Cが近いリフセンスの持ち主だったりする。さらに、元々ポーランドはDjentにおいて独特なシーン形成が注目されてたりもして(そこで言及されるシーンはどちらかというとアンビエント色が強いけど・・・)。あの国には何かがあるのかもしれない。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Ketha ♪「2nd Sight」]の続きを読む
スポンサーサイト

激重和風フレンチメタル「Grorr」

2013年03月15日 22:53

気が向いた時に、と言いつつ結構定期的にやっているBandcampで音楽探し。現在あのサイトでは「Discover」と称して、いくつかのタブ毎で簡易ランキングの様な物が更新されています。Rock、Pop等のジャンルと、best-selling、staff picksといったランキングの種類、そしてデジタルなのかCDなのか、といったフォーマットでそれぞれソート出来る新説設計。今回は、今週のメタルベストセラー、といった風情でジャケアートをちらちらと眺めて行ってました。

そしたらこれですよこれ。
grorr-anthill.jpg
(’A`)なんすかこの和風テイスト溢れるジャケは・・・これでメタルと申すか・・・!
そして吸い込まれるように聴いてみたらば、
"Grorr - Anthill - Part III We-War"

あ、ハイこれ完全にKOでした。
☆Grorr >facebook<
【 Ethno Death 】

2005年結成、"エスニック・デス"を標榜するフランスの5人組であります。今回ご紹介のアルバム「Anthill(アントヒル=蟻塚)」は自主制作のEP等を経てのセカンドフル作とのこと。
影響を受けたものとして「Meshuggah, Devin Townsend, Tool, Gojira, King Crimson」と中々おいしい名前を挙げているだけあり、暗く妖しくかつ鋭い三拍子そろった音像でお出迎えであります。(そう言えば期せずしてdjent要素あり)

さて、以下はBandcampに添えられたキャプションを抜粋し、簡単に翻訳したものです。

今作は4つのパートに分かれた13曲収録のアルバムである。
ある蟻塚を舞台に春の目覚め、拡張戦争、そして冬と共に訪れる革命に至るまでの物語を紡いだ作品であり、サウンドにはシタール、インドやアフリカのパーカッション、ハーディ・ガーディ、尺八といった世界各国の伝統楽器を導入している。
アルバムの構成にはクラシックと映画からヒントを得ており、歌による叙述、テーマやヴァリエーションの活用、緩急の展開に活かされている。


実にエピック。Meshuggah、Tool辺りに近い部分でもありますが、神秘的とも呪術的とも取れる得体のしれないオーラをまといじわじわと迫る音は圧巻。ポストメタルにも通じる長尺志向は少々とっつきにくい部分ですが、深みのある音の世界観は説得力十分。聴き応えの一枚として是非にとお勧めしたい逸品。

シタール等のエスニック要素を打ち出したバンドとしてThe|HAARP|Machine、Kartikeyaなど想起しますが、それともまた違ったベクトルのサウンド。部分的にはかなり和風・アジアのテイストが強調されており、日本顔負けの民族要素となっています。

フランスの音楽雑誌「Art'n'Roll」誌をして10点中9.99点の評価を得た怪物でもあります。やべぇ。

・・・なんかもうほとんどレビューの様相を呈してしまったので、トラックリスト追記しておきます。
[激重和風フレンチメタル「Grorr」]の続きを読む

In Flames ♪「Sounds of a Playground Fading」

2011年06月25日 01:25

In-Flames-Sounds-Of-A-Playground-Fading.jpg
【Artist】In Flames >myspace<
【Title】Sounds of a Playground Fading
【Rate】10/10

Metal / Death Metal / Thrash

敢えて言おう。メロデスとハードロックの融合であると。

結成当初からのメンバーであるGt.Jesper Strömblad氏の脱退を経た、10thアルバムとなる今作(2011年作)。メロデスの雄として名高い彼らですが、今作はかなり趣を変えてきました。

メロディアスに刻む単音リフとスラッシュリフを織り交ぜた「In Flames一流」のギターフレーズ。シンセのスパイスも効かせたモダンな音像を武器にしつつも、今作ではさらに、有機的でハラにくる重さがプラス。ハードロック的な「フックの効き」が、メロデスの切れ味と混ざりあいながら聴き手にガツンと迫ってきます。
アルペジオからそっと始まる#1「Sounds Of A Playground Fading」のメインリフから顕著。「シャープでいて骨太」という、奇妙な感覚を味わう事が出来ます。

そして、彼らのもうひとつの武器であるAnders Fridén氏のヴォーカル。感情的なメロディーの歌い上げにディストーションをかけた様な独特のトーンのシャウトは今作でも健在。どころか、むしろ冴えに冴えわたっていると言えます。
特に、過去のキャリアでは浮いていたかもしれない、バラード100%な曲の存在。荒涼とした音像の#7「The Attic」ではつぶやく様な歌声が違和感なく沁みて行き、アンニュイな暗さと「らしからぬ」前向きな明るさが行き来する#13「Liberation」は、タイトル通り「解放」を想起させる表現力で響いてきます。

そして、完全にクリーントーン主体のヴォーカルラインにスリリングなリフが絡み、これでもかと叙情を湛えた#9「Ropes」。今作をエッセンスを凝縮したキラーチューンと言いたくなるエネルギーを感じます。

メロデスの方法論をハードロックへ持ち込み、鋭さを随所に見せながらも豊かなメロディーを散りばめる。メロディーとデスメタルを融合させた彼らは、ここでまた、矛盾を融合させようとしている様です。

【for fan of what ?】
バンドの超重要人物が抜けた影響はデカイです。
そんな“問題作”ですが・・・彼らを知る人向けには、分かりやすく行きましょう。
イェスパー氏のギターが好きだった人へ。今作は不要です。「彼ら一流のリフ」とは言え、当然ほかの要素が目立っていますし、ツインギターのアンサンブルもありません。ついでに言うと疾走感も控えめです。REROUTE TO REMAINのデジタルリマスターが同時発売されているので、そちらへの期待をお勧めします。
アンダース氏のヴォーカルが好きな人へ。今作は間違いなく買いです。歌メロ大幅パワーアップの今作。「メロディアスなシャウト」もがっつり聴かせてくれますし、多少のデス要素減は気になりません。

彼らのキャリアにおいて、現時点でかなりインパクトのある一枚である事は確か。In Flamesと言うバンドに新しさを求める人にとっては、過去の名盤にも劣らない魅力があると思います。個人的には、しばらく経ってからまた聴き方が変わりそうな予感がして、そういう意味でも好きな作品です。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[In Flames ♪「Sounds of a Playground Fading」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。