スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイタイプ: 発光体

2013年11月05日 00:00

Guilty Gear X2 OST-"The Original"

ギルティギア、使用キャラ的には非常に苦手だったファウスト先生。私はザッパで刃物ォ!ってやるの好きでしたね。

前エントリに引き続きまして、最近聴きなおしている音楽のお話。今回は70年代のドイツ産実験ロックのFaustです。再結成して現在もがんばってるのはついさっき知りました。
"Faust - Why Don't You Eat Carrots"

ぶっちゃけ超難解です。冒頭にすれ違うビートルズなんて序の口で、散らばるサンプリングに溢れるノイズ、鬱々としたピアノとツギハギな展開のちゃんぽん。格闘ゲームの元ネタめぐりと気軽に買ってみたアルバムですが、ある意味キャラぴったしの意味不明っぷりにKOされて、何年も放置していましたよ。
そこに来て最近です。アンビエント気分でぼんやり聴いてたらなんかハマってきました。時折ブルースおーいえー!みたいなパートがあったりしてそこは素直にのれる気がします!

(  '-')・・・。
実際何がいいのか良くわかんないですが、まぁなんかいい感じです(

からのBandcampです。構成美ですね。もうちょっと分かりやすい、それでいて素敵に狂気なバンドに行き着きました。
☆miRthkon >facebook<
【 Avant-Garde / Rock / chamber 】

アメリカはオークランドで活動する7人組。「アヴァン・プログレ・ジャズ・スラッシュ・チェンバーコア」という実にゴキゲンなジャンルを標榜する彼らでして、音もやっぱりゴキゲンです。
"Daddylonglegz LIVE"

ゴキゲン!!(!?)
この動画だと6人編成っぽいですね・・・と思ったら、メンバーの一人は映像担当でした。
クラリネットとサックスのえぐい絡みと神経質なギターの刻み。チェンバーロックの淡々とした佇まいにイケナイ要素をガンガン盛り込んでいく手腕に惚れますねええ。

こちらは2006年作。音源リリースは継続しているようで、最新作は今年の9月です。

アヴァンギャルドとはいえ音の詰め方はそれほどフリーダムではないので、ノルウェーのShining、特に"Grindstone"辺りのジャズ色強い作品が好きな方はゼヒ。曲によってはThank You Scientistのファンにも勧めてみたい。bananaとか。

\ばっななー/

[アイタイプ: 発光体]の続きを読む
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。