スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COHOL ♪「空洞」

2011年02月24日 00:00

20101118002244.jpg
【Artist】COHOL  >myspace<
【Title】空洞
【Rate】9/10

【 BlackMetal / Downtempo / Grindcore

東京で活動している3ピースブラックメタル、COHOL(コール)の1st。2010年作です。
地響きのようなブラストドラム。随所に敷き詰められる、ギターによるサタニックなトレモロフレーズ。全編日本語による、威圧感バリバリの濁り切ったグロウル。全編に満ち満ちたソリッドな迫力が魅力です。
さらに、楽曲のそこかしこに散りばめられた叙情性。時にホラーに、時にセンチメンタルに、楽曲に表情を付けています。

不穏なノイズの溢れる中ノスタルジックなアルペジオが響く#1「回廊」と、そのイントロを経て爆発する#2「底知れず吠える軟弱」。自己嫌悪を追求する叫びに、切ない和音がスコールの様に重なる。
そして、メロディックブラックを軸に疾走する#6「灰下に色付く記憶」。変拍子で攻めるリフ、テンポを落としぐっと重みを増す中盤を挟み、シューゲイザーにも似た叙情的な轟音が光る。

歌詞はと言えば決して悪魔信仰ではなく、非常に散文詩的、内省的な物。どれもが音像に違わぬ、正に「泣き叫ぶような絶望」を連想させるもので、日本語の為「ある程度聴き取れてしまう」と言う事もあり、結構ハラに来ます。

聴くタイミング間違えると、精神にダメージ入る様な気もする逸品。あるいは貴方の慟哭を肩代わりしてくれるかもしれません。
【for fan of what ?】
コンパクトに攻める辺りや、結構エグいデスVo.なので共通項は少ないですが・・・叙情性の挟み方は時折Opethを思い出させました。あとは初期At The Gatesでしょうか。

個人的に結構プログレッシブな事をしてる印象ですが、「ブラックメタルは皆こんななのか?」と思わせる違和感の無さも感じたりして、いやはや何とも。ブラックメタル詳しくないのがもどかしいです。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[COHOL ♪「空洞」]の続きを読む
スポンサーサイト

Augury♪「Fragmentary Evidence」

2010年06月02日 00:47

41jQnzyQquL__SL500_AA300_.jpg
【Artist】Augury (myspace:☆☆☆
【Title】Fragmentary Evidence
【Rate】9/10

【Black Metal / Death Metal / Progressive

うねるベースのブラックメタル・・・これ如何に。

変わり種ミュージックの宝庫、カナダ・ケベック州出身Auguryの2009年作。

とにかくベースの目立ち方が半端無く、どこを切り取ってもうねりまくり。ベースソロも随所に伏兵してます。
タッピング奏法を多用した、音域の広いフレーズによるギターとのアンサンブルが特徴的。ブラックメタル的なブラストビートとの対比が、独特な質感を生んでます。
Vo.は砂嵐の様なデスを基本にしつつ、時折歌い上げたりもします。楽器隊と足並みをそろえた雄々しさ全開の歌メロ。曲によってはフォークメタル的な“クサさ”も垣間見えたり(!)。聴けば聴く程、ジャンルが分からなくなっていく感覚・・・堪らないですね。

ブラックメタルの音圧・激しさ / 浮遊感溢れるフレーズ / メロデスの攻撃性を持ったリフ・・・複数の音楽性が競り合い交差し展開する。この振れ幅の激しさは正にプログレッシヴ。

雄々しい歌メロに痺れるM2「Simian Cattle」、ベースの存在感が特に強く、イントロの変拍子っぷりも無視出来ないM6「Skyless」等、どの曲も底知れない情報量を持っています。 また、スラッシュリフ主体のM7「Faith Puppeteers」は、アルバム内では珍しいストレートなアツさで突き進みます。


【for fan of what ?】
CYNICAtheistあたりの、目立つベースラインに特徴のあるメタルを求める方は是非。ただ・・・それらのバンドにはないブラックな質感が目立つので、印象は大きく違う物になると思います。

【here is the sound !】
[Augury♪「Fragmentary Evidence」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。