スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチメタル探訪は終わらぬ。

2014年04月20日 20:46

フランスの音楽シーンはホント底知れぬ。
今回ご紹介はFurykane。女性Vo.メタルのファンからDjentlemenまで一気に囲い込む勢いのダークホースなのでは、と一人盛り上がっております。

☆Furykane >facebook<
【 Alternative / Rock / Metal】

何はともあれ、3月末に発売した新譜からのMVをどうぞ!
"Feast"

冒頭からくるくると表情を変えるヴォーカルの手腕が光る。色っぽく、かと思えばトリッキーな歌いまわしに豹変し、サビでは一気に姉御肌!fufu-!!(あ、後半ちょっとエロいです声。
Nu-Metal辺りを思い出すギターのトーンで繰り出すDjentな粘りのリフも良いアクセント。しかし姉御なサビの存在が曲をキャッチーにまとめ上げ、メジャー!な力強さが全体に貫いている。これは強い!強いっす!!

惜しむらくは流通。差し当たっては公式HPからPaypalで購入する他無いのか、といった風情です。私は不注意が祟って25日までクレジットカード使えないので、しばらく我慢の子です。この話はどっちでも良いですね。


先日Cö shu Nieに沸いてからこっち、何故か女性ヴォーカルのものばかりに反応している自分がいる。たまに女性ヴォーカルじゃないと思ったらインストだったりする。なんなのか。そういう時期なのか。女の子が可愛い時期なのか(?)
スポンサーサイト

こしゅにえ

2014年03月26日 23:40

とんこつラーメン食ってきたんですけど、話題は別です。ラーメン食いながらこれでもかと音楽の話をしてきたので、そこからのお話です。

Issuesの新譜いいよねとかAnimals As Leadersの新譜買った?とかの話を一通りした後で、同席の友人よりオススメして頂いた国産バンドが超良くてですね?

☆Cö shu Nie >Official<
【 Post-Rock / Math / Alternative 】

「多面性ポストポップチーム」を標榜する神戸のバンドで、女性ヴォーカルの3ピースです。

御洒落流麗優雅でシック!!おういえい!

国産女性ヴォーカルのこの手のサウンドって、なにもかもを「東京事変っぽい」とか思っちゃう雑な脳みその私なんですが、それはそれとして。
COgeNdshEやThe Brownに通じるシリアスで凛とした佇まいながら、絶妙に抑えられた攻撃性と暗くなりすぎない清涼感のバランスが実にニクい。
マスロック的なアプローチには宇宙コンビニも連想させてくれる。これからのJ-Indiesシーンはシックなマスロックが来ちゃうか!?などとミーハー思想が膨らむルーキーですね。


ちなみに、こしゅにえ、と読むらしい。かわいらしくひらがなで表記していきたい。

ジャズコアという名の深淵。

2014年01月27日 00:00

行きましょう。ハードコアやロックの荒くれ共がジャズに傾倒した結果の最果てに。

まずは、定期的にやってるフレンチメタル探訪の結果から。
☆We Insist! >Facebook<
【 Alternative / Rock / Jazz 】

"Déjà Vu"

サックス吹き荒れ変拍子でザクザク突進し捉えドコロの無いヴォーカルが飄々と踊る。スゴイ!
フランス出身の3ピース、結成は1995年というベテランでドラムがメインヴォーカルとのこと。ただ、この三人にジャズ楽器担当はいない様子。細かなクレジットなど確認できてないので、真相やいかに(ライブ映像ではサックスの人が暴れてました)。他の曲はサックス入ってない風味。
でも独特の怪しくしたり気な空気、やはり良い!ですよ!
新譜も鋭意予約受付中、とのこと。この先行曲、5拍子のトンガリの中で歌うカラっと明るい歌がこれまた変化球で興味深い。

(  '-')フランスはやはり得体の知れん魅力を持ったバンドがそこかしこに潜んでおる・・・!

さて、bandcampでも「jazuucore」と検索窓に放り込めば何かしら結果が出てくるものであります。
☆Brown vs Brown >official<
【 Punk-jazz / Math-rock / Freak-funk 】

出てきましたがこのバンド、2010年以降の情報更新が皆無な風味。なんという。妙ちくりんなバンド名には突っ込まない方向で行きましょう。
"Whirlpool"

やはり刻んでくるこのサックス。複雑なリズムに頭がクラクラする感覚はフリーキーの一言です。

ここのBandcampを管理しているのはCuneiform Records。どうやらキワいバンドを集めて掘り起こしリマスターなんかもやっているレーベルの様子。他のラインナップからも名状しがたい何がしかをひしひしと感じているので、随時探っていきたい所存ですね。

チューリッヒです!

2014年01月26日 22:00

タイトルなんぞ、といった風情ですがいつも通り音楽の話です。

このバンドがスイス・チューリッヒで活動しているっていう話なんです。

☆Gletscher >facebook<
【 Metal / Alternative 】

お値段の単位はスイスフラン。
ずぶりと重たく、シンプルに刻むリフ。そしてミステリアス、シリアスに歌う女声ヴォーカル。"女流TOOL"と言ってしまうと少々語弊があるかもしれないですが・・・ひたひたと暗い緊張を含んだサウンドは一聴の価値あり。

インストマスロックであるSleeping Peopleとは似て非なるこの絶妙な香り。#5「Owl Man」冒頭からの間合いを見極めるような温度感などいやホント、絶妙です。


さてさてところで、なんですけども。

なのです!!!!!
☆Victoria Concepcion >facebook<
【 Rock 】


やはりというか、GletscherよりもSleeping Peopleに近い輪郭のギターサウンド。そしてGletscherよりも歌モノとして強くアピールするメロディーの豊かさ。
facebook見る限りだと、こちらのソロプロジェクトもアルバム製作中みたいっす。これは実に楽しみです。

ミニマルロック×ヴォーカル、というとこれで中々稀有というか。テクニカルに詰め込んだタイプの猛者共ももちろん好きなんですが、「間合いのリフ」を操るバンドの魅力も覚えていたいものです。
[チューリッヒです!]の続きを読む

A Lot Like Birds ♪「No Place」

2013年12月17日 22:31

alotlikebirdsnoplace.jpg
【Artist】A Lot Like Birds >facebook<
【Title】No Place
【Rate】9/10

Progressive / Post-Whatever / Experimental

子供の想像力が暴走したようなホラーハウス。幻想的で、底が見えない。
アメリカカリフォルニア州はサクラメント出身の、ツインVo./ツインGt.を擁するポストハードコア6人衆による2013年作3rd。

変則的な小爆発を繰り返しながら突進するリズム。トロピカルな艶を感じさせるクリーントーンと直情的ハードコアパワーコードの正面衝突。そしてツインVo.による、伸びやかなハイトーンと捲し立てる様なシャウトの交錯。授業チャイムのあのメロディが登場するイントロトラックに続いて炸裂する#2「No Nature」のスリリングで奔放な演奏には「エクストリーム」「カオティック」という言葉が良く似合う。
静と動を同居させた独特の凝縮サウンドは、ハードコア畑には珍しい楽器のゲスト参加でさらに混沌を濃くしていく。先述#2ではコンガの暑苦しいビートが乱入し、冒頭からボルテージ全開かつ性急でキレまくりなリズムで攻める#9「Recluse」でもやはり暑いトランペットの至近射撃。ここぞというタイミングで一点突破的に差し挟まれるプログレッシヴな攻撃力は正に無類。

一方で今作は、幻想的な「引き」の曲も多く、それがただのインタールードでは済まない存在感を放っていて手強い。霧深い湖畔を想わせ、ふわふわとした歌メロがメインとなる#7「Hand Over Mouth, Over and Over」や、ひりひりと不穏さを漂わせ激情パートを経てドラマチックに陰りを演出する#10「Shaking of the Frame」では、爆走チューンでは隠し味程度の魅力が一杯に拡がっている。これら2曲でもトランペットが登場するが、こちらでは一転して、朗々と物悲しい旋律を伸ばす。

そして、それら全ての要素を凝縮したと言える#5「Connector」は、ゲストプレイヤーの気配が無いが、しかし振れ幅の大きな今作にあって一際強いエネルギーを湛えている。ゆるやかなイントロからの爆発、そしてクリーントーン主体のギターと緊迫したドラム。ツインヴォーカルの掛け合いも鮮やかで、前作とはまた違った、今作における目玉のキラーチューンと言いたい。

ジャンルごった煮ハードコアと幻想ポストロック、その両方を喰らい世界を描いていく今作。子供の想像力が暴走したようなホラーハウスを思わせる、ジャケットアートワークの極彩色と強くシンクロする。

【for fan of what ?】
元々、The Number Twelve Looks Like Youのブチ切れカオスと、The Sounds Of Animals FightingFear Before the March of Flamesに通じる捉えどころのないプログレ性を併せ持ってはいた彼ら。特に1stフル「Plan B」で顕著だったその方向性が、アグレッシヴチューンの目立つ前作よりも強まっている様に感じた。クリーントーンのギターに注目するとAdebisi Shankの様なマスロックを想起させたり、アトモスフェリックなパートではJesuなどポストブラックに通じる香りも。
ヴォーカルの片割れ:Kurt Travis氏は初期Dance Gavin Danceに所属していたため、特にDGDの3rdフル「Happiness」をちらりと想像させる瞬間もあり。後半のヴァイオリン&コーラスが印象的な#8「Kuroi Ledge」で特に顕著。

【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[A Lot Like Birds ♪「No Place」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。