スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everything Everything♪「Schoolin'」

2010年07月25日 22:44

61UTSJzzd2BL__SL500_AA300_.jpg
【Artist】Everything Everything >myspace<
【Title】Schoolin'
【Rate】7/10

A'cappella / Melodramatic Popular Song / R&B

イギリス・マンチェスター出身:Everything Everythingの2010年作ミニアルバム。来日記念の企画盤とのことです。

エレクトロのそっけない質感に、リズムとギターが複雑に重なりあう#1「Schoolin'」で幕を開ける今作。さらさらと乗る早口のファルセットヴォイスが、何ともストイックでオシャレな空間を演出します。

ノイジーだったりグルーヴィーだったり。マスロックやニューウェーブを軸にして、その音を作り上げる材料は非常に雑多。そしてその雑多な要素ひとつひとつを、さりげなくまとめ上げ、ポップに聴かせてきます。
・・・かと思えば、#5「Riot On The Ward」は声を重ねただけのシンプルなアカペラ。不意打ちを食らった耳に沁みていくこの曲も、余韻が残って印象深いです。

バンド名通りの「何でもかんでも」な雑食サウンドですが、どの曲も何処か密やかな雰囲気が漂っていて、内緒話を聞いている様な不思議な感覚にとらわれます。何とも頼りないヴォーカルの声質は、好き嫌いの分かれる所だと思います。しかしこの、オシャレに響く水面下で展開させる掴みどころの無い音像がおもしろい。何だこりゃと思いながら、ついつい繰り返し聴いてしまいます。

【for fan of what ?】
New OrderAnimal CollectiveBattlesをごちゃまぜにした感じ』という触れ込みは中々気が効いています。これらのバンド名を見て気になるかたは是非。
個人的にはThe Season Standardを思い出しました。こちらも捉え所のない雑食サウンド。

【↓here is the sound !↓】
[Everything Everything♪「Schoolin'」]の続きを読む
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。