スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leprous ♪「Coal」

2014年01月18日 22:18

reprouscoal.jpg
【Artist】Leprous >facebook<
【Title】Coal
【Rate】9/10

Metal / Progressive

非現実に手を触れるような、だまし絵に似た深淵。
Ihsahnのバックバンドを務めている事でも知られているノルウェー出身の5人組による2013年作3rdアルバム。

ギターとドラムが交互に鳴る、重厚な7拍子の#1「Foe」で幕を開ける今作。3拍子の最後にタメが入る様な淡々とした行進。そのまま、声楽曲を連想する歌詞の無いコーラスに続き、長い長いリフレインがそのままアウトロとなり次の曲へ移っていく。5分超の曲だが、その大半がヴォカリーズの反復だ。
この曲に限らず、今作は何を置いても「長さ」が目立つ。10分に接近する長さの#7「Echo」での、霧が晴れるように明るさを増す中盤に至るまでの流れなど、フレーズをじっっっくりと身体に巡らせるような長いパートが曲の中心に陣取っている。それゆえに、特に一回目の視聴では非常にとっつきにくい。複雑さは無く、むしろシンプルであるにも関わらず。

いつ終わるか分からなくなってしまう程の長さ、ではあるが、そんな中で、歌のメロディーが聴かせる力として大きな存在感を放っている。
オペラ調な歌メロを主軸に据えた、ヒロイックで大仰なハイトーン。先述の通り様々な場面でヴォカリーズを聴かせ、バラード曲#4「The Cloak」ではその感傷的な力強さが全編に渡って発揮されている。

一方、珍しくグロウルが頻出する#8「Contaminate」でのポリリズミックなスラッシュリフなど、メロディーよりも複雑なリズム構成で攻めるリフが随所で睨みを利かせている。ドロドロとした音像で刻む#3「Coal」の、後半につれ無機質さを増し、有機的ヴォーカルとのコントラストをさらに強める展開など、次々と表情を変えていく攻撃性も無視できない。

ある種酩酊感を誘うような長尺主義の楽曲構成だが、パートひとつひとつは輪郭がはっきりとしている。この質感と前後関係があやふやになる不気味さの同居は、エッシャーのだまし絵を眺めている感覚に近いかもしれない。非現実に手を触れるような、人の意識に滑り込むエネルギーを孕んだ怪作と言いたい。

【for fan of what ?】
前作に引き続きPain Of Salvationなど、プログレメタルの中でもアクの強い個性を持ったサウンドに興味のある方は是非。
リズムで攻めるリフの部分はMeshuggah直系ともKing Crimson(特にアルバムThrack辺り)直系とも言える。
先に少し触れたが、サイケ・ドゥームやミニマル音楽的な展開をプログレッシブメタルのまま採用したと言った風情の曲が目立つので、ヘドバン野郎にはおいそれとお勧め出来ない。この辺りは前作と趣を異にしている印象。

Ihsahnのファンにチェックして欲しい一方、彼が過去に名を馳せたブラックメタルバンド:Emperorのファンにはやはりおいそれとお勧め出来ないオーラである。

ちなみに周辺情報的な所ですが、前作に引き続き今作のミックス担当はJens Bogren氏バンド名Opeth、バンド名Katatonia等との仕事で活躍)、そしてカヴァーアートはJeff Jordan氏The Mars VoltaT.R.A.M.等のアートワークで活躍)による物。マニアはこの情報だけでも買ってしまうのでは。
【↓here is the sound !↓】 曲リストも追記にて。
[Leprous ♪「Coal」]の続きを読む

【まとめ】2013年お気に入リスト【聴け!編】

2013年12月30日 22:42

(  '-')さー行きますよ新譜の個人的ベストっ!
今年は「聴け!編」「歌え!編」で10枚ずつ選出、という感じで行ってみようと思います。作品において強く印象に残った部分がヴォーカルなのか演奏隊なのか、という風味で、まぁ割と雑に分けています。20枚をひとつのエントリにするのにイマイチ興が乗らなかったせいなので、深く考えても仕方ない奴です。

ルールは旧譜10と同じ。今年購入した物(こちらはリリース年も2013で統一)で特に気に入った作品をAtoZにて、でございます。さぁさゆるっとまいりましょう。
[【まとめ】2013年お気に入リスト【聴け!編】]の続きを読む

「マスロック探訪」をよんで。

2013年07月01日 02:04

(’A`)小学生の読書感想文っぽいタイトルにしたかったのにいまいちピンとこなかった!失敗!(挨拶

と言う訳でご紹介。

マスロックと言えば私も先日まとめ作ったんですが、あれはエモいヴォーカル入ってる奴!という縛りをしてました。一方、こちらのまとめはインストも込み込みでして、マスロックという音楽を知るにはこちらの方がより幅広い出来であります。あのまとめ見た人は是非こちらも併せてご覧いただければ幸いです(そしてこのまとめ内で私のまとめも紹介されてたり。えへへ)
"Future Horizons - Daniel's Prophecy"

この辺とか凄い好みです。あ、インストじゃなくてシャウト入りますぜ。

(  '-')なんかまとめまとめってゲシュタルト崩壊してきた。

それでですね?
このまとめではマスロックについて言葉の説明を特にしてません。とりあえず音聴いてこうぜ!スタイルです。
じゃあブログで紹介する私に出来る事は何かあるかな、という感じで、おまけとしてMath rockの英字wikipediaページをちょこっと翻訳して紹介してみます。o(日本語wikiだとポストロックのページで申し訳程度に言及されてる程度なんですね)

と言う訳で、以下追記にて、2013年7月1日現在の英字wiki「Math rock」ページ翻訳記事でございます。すごいはしょってます。
[「マスロック探訪」をよんで。]の続きを読む

激重和風フレンチメタル「Grorr」

2013年03月15日 22:53

気が向いた時に、と言いつつ結構定期的にやっているBandcampで音楽探し。現在あのサイトでは「Discover」と称して、いくつかのタブ毎で簡易ランキングの様な物が更新されています。Rock、Pop等のジャンルと、best-selling、staff picksといったランキングの種類、そしてデジタルなのかCDなのか、といったフォーマットでそれぞれソート出来る新説設計。今回は、今週のメタルベストセラー、といった風情でジャケアートをちらちらと眺めて行ってました。

そしたらこれですよこれ。
grorr-anthill.jpg
(’A`)なんすかこの和風テイスト溢れるジャケは・・・これでメタルと申すか・・・!
そして吸い込まれるように聴いてみたらば、
"Grorr - Anthill - Part III We-War"

あ、ハイこれ完全にKOでした。
☆Grorr >facebook<
【 Ethno Death 】

2005年結成、"エスニック・デス"を標榜するフランスの5人組であります。今回ご紹介のアルバム「Anthill(アントヒル=蟻塚)」は自主制作のEP等を経てのセカンドフル作とのこと。
影響を受けたものとして「Meshuggah, Devin Townsend, Tool, Gojira, King Crimson」と中々おいしい名前を挙げているだけあり、暗く妖しくかつ鋭い三拍子そろった音像でお出迎えであります。(そう言えば期せずしてdjent要素あり)

さて、以下はBandcampに添えられたキャプションを抜粋し、簡単に翻訳したものです。

今作は4つのパートに分かれた13曲収録のアルバムである。
ある蟻塚を舞台に春の目覚め、拡張戦争、そして冬と共に訪れる革命に至るまでの物語を紡いだ作品であり、サウンドにはシタール、インドやアフリカのパーカッション、ハーディ・ガーディ、尺八といった世界各国の伝統楽器を導入している。
アルバムの構成にはクラシックと映画からヒントを得ており、歌による叙述、テーマやヴァリエーションの活用、緩急の展開に活かされている。


実にエピック。Meshuggah、Tool辺りに近い部分でもありますが、神秘的とも呪術的とも取れる得体のしれないオーラをまといじわじわと迫る音は圧巻。ポストメタルにも通じる長尺志向は少々とっつきにくい部分ですが、深みのある音の世界観は説得力十分。聴き応えの一枚として是非にとお勧めしたい逸品。

シタール等のエスニック要素を打ち出したバンドとしてThe|HAARP|Machine、Kartikeyaなど想起しますが、それともまた違ったベクトルのサウンド。部分的にはかなり和風・アジアのテイストが強調されており、日本顔負けの民族要素となっています。

フランスの音楽雑誌「Art'n'Roll」誌をして10点中9.99点の評価を得た怪物でもあります。やべぇ。

・・・なんかもうほとんどレビューの様相を呈してしまったので、トラックリスト追記しておきます。
[激重和風フレンチメタル「Grorr」]の続きを読む

無類のポストハードコアを貴方に。

2013年02月06日 01:01

ちょっと去年の末に注文してたCDが、40日ほどかけてやっとこ届いた所でそれが非常に素晴らしいので前のめりにご紹介です。
☆Thank You Scientist >facebook<
【 Progressive / Rock 】

ありがとう科学者!そんな彼らはアメリカ・ニュージャージーで活動する7人組という大所帯バンド。
ヴォーカルギターにベースにドラム。そんなスタンダードな4ピーススタイルに、ヴァイオリンとサックス、そしてトランペットという3人がプラスで在籍しています。で、どんな音になってるかというと、


これぞプログレッシヴ!なキメの連続するハードボイルドなジャズが脳をこれでもかとシェイクし、チラチラと顔を見せるロックな佇まいにニヤリとしている間にするりと登場する爽やかなハイトーンヴォーカル!
ダンサブルな疾走感を保ちながらどことなく漂う叙情は凄まじい説得力で、新鋭とは思えない完成度を誇っています。複雑な要素をガンガン盛り込みつつも、キャッチーなヴォーカルワークがまとめ上げているおかげで一気に聴き易くなっているのもステキです。

ブラス隊の活躍っぷりにはRx-Banditsを想起させ、甘いヴォーカルとスピーディな演奏からはThe Fall Of Troyを、そしてタイトなリズムやプログレッシブな雰囲気からは時折King Crimsonの影も垣間見えます。多彩な楽器が重なる音の厚みも特徴的。
まだちょっとアルバム通しで一回しか聴けて無いのですが、これは文句無しの名盤でございます。
流通はというと、あ、Amazonにありましたね。Maps of Non-Existent Placesなんか今見たら、13点在庫ありって凄いピンポイントなアナウンスでした。
そして、Bandcampでのデジタル販売もしていますよ。

昨今の円安もありますが、パッケージが無いという事もありこちらの方がお安いです。9.99$以上ですって。私はタワレコ経由でCD媒体(デジパック仕様)を買いましたが、歌詞カード等ブックレットは無いです。ジャケはちょーかっこいいですが、デジタルでもそれほど損な感じではないかなという印象です。

さて続きまして。ついでとばかりにもう一つご紹介です。こっちもアツいです。

☆Tsunami Rising >facebook<
【 Rock / Reggae / Punk 】

アメリカはペンシルベニア州・フィラデルフィアを拠点に活動している4ピース。
先ずはBandcampから、"Letter to Sarah"を聴いて頂きたい。

ふわふわと漂うイントロから一気に爆発するギター!圧力高めに攻め、と思いきや一気にスピードダウンし、レゲエ特有の気だるげな横ノリグルーヴに。ふんわりゆったりと展開していきながら、要所要所で冒頭のアグレッシヴなパートを繰り出していく強引さにKOっす。
パワフルな演奏陣の中でもかなりしっかりとレゲエしてるのが特徴で(バンドの情報見てるとレゲエ寄りのイベントにも参加している様子)、その分あのユルさが好き嫌いに結構影響しそうですが、ミクスチャー的な「ジャンルぶつかり合い」の理想形を彼らに見ることが出来ます。
二分半と短く、比較的ロックな勢いを前面に出した#2「El Gran Escape de Bigote」や、イントロのリフが実に渋く全体通してパンキッシュな攻めを見せる#6「The Rediscovery of Lucid Living 」など、存在感のある曲が粒揃いであります。

アルバムページのタグには「Rx-Bandits」「The Mars Volta」の名前が貼っ付けられており、成程これはスカパンクから片足を踏み外した謎ジャンルっぷり。特にRx-Banditsのファンにとって、この一枚はかなりの衝撃なのでは。

ライブ映像も公式から公開されてました。
"The Persistence of Memory Loss (Live at House of Blues)"

なんか左側に音声寄ってる気がしますが・・・wしかしレゲエとポストハードコアの正面衝突したサウンドが堪能できます。

音源の入手先ですが、2007年作となる「Exploration for An Explanation」はAmazon取り扱いがありましたが、それ以降は上手く見つけられず。上記ご紹介のBandcampからのデジタル購入が一番早そうです。今なら1$!やっすい!
・・・このバンド名、日本で売り出すのものっそい難しそうだけど、応援したい!
[無類のポストハードコアを貴方に。]の続きを読む



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。